白い便が続く5つの原因と対処法!子供・赤ちゃんのウンチは病気を知らせる健康バロメーター!

我が子の後にトイレに入ったら、「あら!流してない!」「・・・ウンチが白い!?」とびっくりしたことがあるかもしれません。子供や赤ちゃんだけでなく大人にとってもウンチは健康の大切なバロメーターです。今回は、白いウンチの原因とその対処法についてご紹介します。

そもそも正常な便の色って何の色?

食べた物が消化・吸収された後の残りカスに『胆汁』という分泌液が加わって、通常私たちが見る便の色(黄土色茶色)になります。胆汁そのものの色は、緑色なので、緑っぽい便が出ることもありますが、これはよほどのことがない限り異常ではありません。

 

白いウンチが出る5つの原因

では、なぜ白いウンチが出るのでしょうか?考えられる原因には次のようなものがあります。

  1. 乳製品の摂り過ぎ
  2. 油ものの摂り過ぎ
  3. ウイルス性胃腸炎(ロタウイルスなど)
  4. 先天的な病気(『胆道閉塞症』など)
  5. 胆のう炎

1.と2.の場合は、乳製品に含まれている『乳糖』や、脂肪分の分解・吸収が追いつかず(=消化不良)に、そのまま排出されている状態です。「乳糖不耐症」のお子さんの場合、腹痛を訴えたり下痢になったりすることがあるので、分かりやすいかと思います。そうでない場合は、白い便が出ていても特に心配する必要はありません。(しかし、どんな食べ物でも摂り過ぎには注意です!)

次に、4.の場合は、生まれつき胆道がないか、もしくは非常に狭くなっている・詰まっているために、胆汁がうまく消化器官に分泌されず、便に色に付かないというケースです。これは、生後2〜4週間までに発見されることが多いので、そこで手術を行うことになります。

これ以降の月齢のお子さんに白い便が見られる場合は、胆道閉塞症である可能性は低いでしょう。

また、5.の胆のう炎についてですが、過去に胆道閉塞症で手術を受けたことがあるお子さんであれば、罹る可能性があります。激しい腹痛・発熱を訴えていたらすぐに病院へ連れていってあげてください。

多くのママたちが一番心配なのは、3.だと思います。特にロタウイルスは、乳幼児や子どもがよく感染するウイルスで、主に経口・接触により感染します。保育園・幼稚園に通うお子さんがいらっしゃる家庭では、園から注意喚起が行われていてよくご存知かもしれません。

ロタウイルス感染症の場合、発熱・激しい下痢・嘔吐を伴うため、そのような症状がない場合は、白い便が出たといっても、心配する必要はあまりありません。

ただ、このようなウイルスには必ず潜伏期間があります。ロタウイルスの場合は、1〜3日と比較的短い期間ですが、お子さんが白いウンチをしていたら、2、3日は注意して観察してあげてください。そして、外から帰ってきたらしっかり手洗いとうがいをするように促してあげてください!

スポンサーリンク

子供のウンチが白い・・・その対処法とは?

上に挙げた原因の1.と2.の場合は、1週間ほどは乳製品・脂肪分の多い食品は控えるようにすることで対処できるはずです。

ここでは、4.と5.の対処法は割愛して、白い便の原因が、ロタウイルスなどのウイルス性胃腸炎である場合の対処法についてご紹介します。

ロタウイルスに効果のある抗ウイルス剤は今のところありません。

そのため、

  1. 下痢・嘔吐による脱水症状を防ぐために、水分補給を行う。
  2. 体力を消耗するので栄養補給を行う。

の2つが主な対処法となります。

脱水症状や体力の消耗が酷い場合は病院等で点滴を受けることも検討してください。

また、感染を広げないために次のことも行なってください。

  1. オムツ交換時には使い捨てのゴム手袋などを使い捨てる時はポリ袋などに入れて密封する。
  2. 手を洗う時には、指輪や時計をはずし、せっけんで30秒以上もみ洗いする。
  3. 服やタオル・布団などが便や吐物で汚れた時は、次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤)でつけおき消毒した後、他のものと分けて洗濯する。(ロタウイルスには一般的なアルコール消毒液は効きません。

 

焦らず適切な対処を!

いつもは元気な我が子が、下痢や嘔吐だけでなく白いウンチまで出していたらとても心配になりますし、不安でオロオロしてしまうかもしれません。

しかし、適切に対処すれば大丈夫です!不安になったら、一人で悩まずに、保健所や病院などの医療機関に気軽に相談してみましょう。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★