赤ちゃんが泣く5つの理由!泣き方から病気のサインを見分けるコツとは?

「赤ちゃんは泣くのが仕事」と言われますが、どれだけ毎日、泣き声を聞いていても、毎回毎回、「どうしたんだろう?どこか痛いのかな?」「今度は何がほしいんだろう?」と、心配になりますよね。

今回は、パパ・ママたちがよく抱く不安を解消するための記事です。赤ちゃんが泣く理由と、その泣き方から分かる隠れた病気のサインを読み取るコツを紹介します。

赤ちゃんが泣く5つの理由と原因

赤ちゃんが泣いている時、その理由は大きく分けて、5つあります。

  1. オムツが汚れている
  2. 眠くなってきている
  3. おなかが空いている
  4. お腹が張っている(げっぷ・便秘・おなら)
  5. 病気である

1.と3.は、数時間に1回のことなので、「あ、そろそろミルクの時間かな」「うんちが出る頃かな」と分かりやすいですよね。また、2.に関しても、「時間帯的にそろそろ寝る頃かな」と分かるかと思います。

一般的にこれは、「寝ぐずり」と呼ばれますが、お子さんによって個人差があるので、寝ぐずりしない赤ちゃんもいます。また、普段は全く寝ぐずりしない子でも、気温差などの環境の変化で泣いてしまうことがあります。そのような時には、身体の全体を毛布や柔らかい布でぎゅっと包んであげると、安心して眠ってくれることがあります。

4.は少し、分かりにくいかもしれません。乳幼児はまだ身体が完成しておらず、筋肉も未熟です。便を出したり、腸に溜まったガス(おなら)を出したりするためにはある程度の腹筋が必要ですが、乳幼児はそれがまだ出来上がっていないために便秘になったりすることがあります。

このようなときは、手足を持ってあげて、軽く動かしてあげると、腸の動きも良くなるので、改善されることもあります。ただし、あまりにウンチの回数が少ない場合は、病院に連れて行ってあげてくださいね。

さて、ここで一番心配なのは、5.のケースですよね。どのような病気の可能性があるのかを見分けるコツは後の項目でご紹介します。

 

泣き方でわかる赤ちゃんの状態・病気のサイン

赤ちゃんの泣き方には特徴があり、その声でどのようなことを訴えているのかをある程度、理解することができます。

  • 「ねぇ〜」=お腹が空いている
  • 「ふぇ〜、へぇ〜」=オムツが汚れている
  • 「おぉ〜」=眠くなってきている
  • 「えぅあ〜」=お腹が張っている

ただし、上に挙げた以外の泣き方の場合には、病気の可能性があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

気をつけなければいけない病気・症状など

特に気をつけなければいけない泣き方は、次の2つです。

  • 今までにないくらい激しく泣いている。
  • 泣き声がとても弱々しく、か細い。

そして、この泣き方に加えて、次のような症状があれば、すぐに病院へ連れていってあげてください。

  • 顔が青白い。
  • 体が異常に熱い。
  • 唇や口の中が乾いている。
  • 足の付け根が腫れている。
  • 授乳しても、すぐに勢いよく吐く。

ここに挙げた症状は、赤ちゃんがかかっているかもしれない病気のサインのうち、ほんの一部です。異常を感じたらすぐに病院へ!

 

心配なことは何でも専門家へ相談しよう!

何人も子どもを育てた人でもお子さんが赤ちゃんの間は心配事は尽きないものです。
ましてや、「初めての赤ちゃんで右も左も分からない」「頼れる人がいない」となると、泣き方一つとっても不安な要素になり、オロオロしてしまうことが多いと思います。

そんな時には、独りで抱え込まずに、医療機関や自治体の相談窓口・コールセンターなどを利用してみましょう。

「おおげさな・・・」と思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。お母さんの不安を解消してこそ、赤ちゃんも元気に成長できます。遠慮せずにどんどん、利用していきましょう!

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★