【参拝の仕方】神社/お寺のお参りの作法-やり方の違いについて-

神社などへ「お参りに行こう!」という時に、不安になることはありませんか?

頭の中で手順を思い浮かべてドキドキしたり、

いざ順番が来ると横目でチラリと他の人を見てしまったり…(^^;)

今さら聞けないなぁ…とお困りの方や、神社とお寺についてしっかりと

知っておきたい方に、ぜひおすすめいたします。

神社とお寺の違い・参拝の違いについて、

ルールも一緒にまとめていますので、

これを読めば、もう参拝も怖くありません!!

「お、できるヒト…!」と思われちゃうかもしれませんよ☆

神社とお寺の違い

大きく分けるとその違いは、信仰対象が「神社は自然」「お寺は仏像」です。

もう少し突き詰めると、神社はお釈迦さまが信仰対象であったのですが、

現代では、山や川などの自然に信仰対象が宿る(富士山など)、と考えられています。

お寺は、現代も仏像などが信仰対象になっており、公開されている仏像、

普段は静かに納められている秘仏などがいらっしゃいます。

また、共通するのが「聖域と外界の違いを明確にする」点です。

これが神社は「鳥居」、お寺は「山門」に当たります。

どちらも中心は神様や仏さまが通られる道ですので、避けます。

左右いずれかの柱に寄ることが基本です。

 

神社の参拝の仕方

引用元:http://blogs.c.yimg.jp/

1:鳥居をくぐります

手前で一礼します。(一揖・いちゆう)

鳥居の中心 (正中) は神様の道です、ここで柱の左右に寄ります。

 

2:手水で清めます

[iframe id=”https://www.youtube.com/embed/aMfIUN-2yzs”]

引用元:http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/

「左手・右手・口・左手・柄杓の柄」の順に清めます。

右手に柄杓を持ち⇒左手にそそぐ⇒左手に柄杓を持ち替えて⇒右手にそそぐ⇒

つぎは左手に水を受けて⇒口にふくんですすぐ⇒もう一度左手を清め⇒

柄杓を縦にし柄を清める⇒柄杓を戻す

絶対に、口をすすぐ際に柄杓に直接口をつけないでくださいね。

そして、次の方のために、きちんと柄杓も清めてお返ししてください。

 

3:神前へ

この時も中心 (正中) は避けます。

 

4:一礼・お賽銭を納める

軽く一礼をしてから、お賽銭を納める。(お賽銭については後ほど説明しますね)

 

5:鈴や鐘を鳴らす

ある場合、で大丈夫です。

清々しい音で邪気を追い払い、神様にお参りに来たことをお伝えする音。

 

6:「二拝二拍手一拝」をする

二拝⇒深く二回お辞儀、二拍手⇒胸の前で二回拍手、一拝⇒深く一礼する

出雲大社は「二拝四拍手一拝」だそうです。

 

7:退く際にも軽く一礼を忘れずに…

一歩下がって、軽く一礼のご挨拶を忘れずに…

 

スポンサーリンク

 

お寺の参拝の仕方

引用元:http://www.sakaemura.org/

(長野県栄村の常慶寺の山門。「ゆく年くる年」の登場する雪国のお寺です)

1:山門前で一揖

ここでも、端に寄ります。一揖 (一礼)を忘れずに…

 

2:手水舎で身を清める

神社と手順は同様です。

 

3:お線香をあげます

お線香は仏さまの食べ物にあたります。

また、他の人の立てたロウソクから火をもらうと、

相手の「業」ももらい受けてしまうことになるそう。避けましょう!

 

4:参拝をします

一揖 (一礼)をする⇒お賽銭を納める⇒鈴を鳴らす⇒

胸の前で「合掌」しながら願かけをする⇒一揖して退く

願かけの際は、手は打たないようにしましょう。

「ぱんぱん!」はNGです。

「手を打つ=柏手」は神様に対することなので、お寺では行いません。

 

用語・お参り説明

一揖:一礼の意味

お賽銭:元々は、神前にお供えする食べ物が今の形になりました。

その為、正しい納め方は「そっと納める」です。

半紙などにくるむ等も良いそうです。

投げ入れる、のはマナー違反だったのですね。

願かけのマナー:手は胸の前です。神社は「手を打つ」お寺は「手は打たない」

柏手(開手・ひらて):神様に向かって音をたてて手を打つこと

玉串

(立礼) 二拝⇒祭神に向かって…、二拍手⇒胸の前で手を打つ、一拝⇒祭神に感謝を

(坐礼)基本は正座で受けます。健康上の理由の場合はご相談しましょう。

お祓い・神職の祝詞奏の時は「平伏」して受ける。二拝二拍手一拝をする。

平伏:座った姿勢のまま、前に手をつき頭を下げる

参照元:http://jinja.aiai7.net/

参照元:http://www.omairibiyori.com/

大切なのは、ほんの少しの気遣い…

神社とお寺の違い、それぞれのルールなどが

混ざりあってしまっていたかもしれないなと、

思いませんか?しかしあまり難しく考えずに、

ご挨拶から身を清めて参拝する中で、

自分だけでなく次にお参りするかたのこともほんの少し思えれば…

よい方向へちょっぴり向き始めている気がしませんか??

246078

準備が整ったらいざ!行ってみよう!やってみよう!

>>>女子旅におすすめ!国内恋愛パワースポットまとめ一覧

>>>【保存版】全国パワースポットまとめ一覧 

 

スポンサーリンク

 

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です