春分の日とは何をやる日でどんな意味がある?決め方や計算方法について

「春分の日」と聞いて思い浮かぶものは?と問われると、多くの方が、「祝日!!」と思い浮かべると思います。私もそう思っていました。しかし、3月にある祝日のひとつ、とだけ思っているとちょっと違うようなのです。「おふれがき」みたいな、まさかの方法で、私たちに周知されていたのです。「え~、大げさなんじゃないの??」という声が聞こえてきそうですが…。とにもかくにも、ご一緒に、「へぇ~!!」って思ってみませんか?(画像引用元:http://kyoto-tabiya.com/

2017年の春分の日はいつ?

2017年の「春分」⇒ 3月20日 

日天の中を行て昼夜等分の時也。( 暦便覧より ) と表現されるように、

昼と夜の長さが同じくらい。この日から夏至に向け昼が長くなっていきます。

花冷え・寒の戻り・彼岸桜など、この時期の自然や気候を表現した言葉も多数。

七十二候では、スズメが初めて巣作りをしたり、サクラの開花春の雷鳴

などが表現されるころ…。温かくなって、自然も春モードにスイッチ☆です。

 

「春分の日」にやることはある?その意味は?

まず、「春分の日」「秋分の日」は、他の祝日のように法律で毎年の日にちが指定されていません。

の年の2月に国立天文台が計算をし、官報に暦要綱 (れきようこう) を掲載する、

という方法で発表されることとなっています。

「おふれがき」みたい…と言ったのは、「官報で発表!」のことでした( *´艸`)

毎年少しずつ日にちが違うのも、全て計算してくれている方がいたのですね。

この計算方法については、後ほど触れたいと思います。

五穀豊穣祈願の日として

「春分の日」は、ようやく春を迎え、農作業を本格的に開始する時期に先立ち、

その年の五穀豊穣を願うという大切な意味を持つ日でもあります。

一年の防火防災祈願をする神事の日として「鎮火祭」を行なう地域が金沢にあります。

地元の消防関係者が集まり、護摩を焚き大祓詞 ( おおはらえ ) を奏上します。

その後、消防関係者は消防設備や手順確認など、防災に関する確認をするとのこと。

shunbun_no_hi_chinka_sai

引用元:http://www.shirayama.or.jp/

日の出入りが影響する日として

もう一つ、有名なのは昼と夜の長さが同じになる日、ということ。

夏至と冬至の日照時間と太陽角度の違いは?日の出入りが変わる理由は?にて、

春分の日の太陽についても図解されていますのでご覧くださいね。

太陽が「春分点」に到達した日が、「春分の日」とされます。

shunbun_ten

引用元:http://www.sendai-astro.jp/

彼岸会(ひがんえ)を行なう日として

彼岸会とは、ご先祖様を供養する大切な法要のひとつです。

春分の日は、太陽の動きが真東から真西へ上って沈みます。

西には極楽浄土があり、お釈迦様がいらっしゃるとの考えから、

「春分の日」に供養をすると成仏することが出来るとのいわれもあります。

oshaka_sama_1

引用元:http://www.osohshiki.jp/

邪気を払うとされる小豆をつかった「ぼたもち」をお供えし、

一緒に食べながら春のお彼岸のご供養をします。

おはぎは、秋分の日にお供えする供物でしたね♪ 季節の花で名前が異なる☆

スポンサーリンク

「春分の日」の計算方法は??

国立天文台が発表している、関数を使用した計算式に当てはめます。

◎DATE関数 (年月日を日付データ に変換する) 

◎INT関数 (小数点以下を切り捨てる関数) 

計算式がややこしい…(;´・ω・) カンスウ…。

=INT(20.8431+0.242194*(年-1980)-INT((年-1980)/4)

この計算式の意味は…⇒(1980年3月20日が基準です)

20.84313月20日の秒数などまでを示す

0.242194⇒太陽が春分点を一周するのに約1年かかり、

毎年0.242194 (約5時間49分) ずつ遅れが発生します。

(4年経つと約1日分となり、うるう年として2月29日が入ります)

( 年-1980 )求める年-基準年の1980年

( 年-1980) / 4)うるう年によるリセットを示す

という内容。バラバラにすると、ちょっと分かりやすくなってきました。

このようにして、毎年国立天文台では計算を行なっています。

kokuritu_tenmon_dai

引用元:http://hoshicon.jp/psearch/

この先5年分の、春分の日を確認してみます。

少しずつのずれが生じています。

(変更される可能性はありますので、該当年に確認をお願いします)

西暦 春分の日
2018 3/21
2019 3/21
2020 3/20
2021 3/20
2022 3/21

春の訪れを喜ぶ日、事始め、お彼岸と様々に…

春分の日の意味はたくさんありましたね。地方によっては更に行事などがありそうです。

長く寒さに閉ざされていたところに、うららかな日差しと気候が古来から人々に

元気を与えてくれていた日です。ただ、油断すると「寒の戻り」の言葉が示すように、

急に寒くなる日もある頃です。

体調管理に気をつけつつ、夏に向けて季節とともに体を作っていく時期とも言えます。

休日としてリフレッシュするのも大切なことです!心の片隅にこんな日、ということを

置きながら2017年の春分の日を過ごしてみてはいかがでしょうか??

道端の小さな花や新芽も、違った見え方がするかもしれませんよ♪

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です