骨折の種類で骨折が治るまでの期間が違う!すぐ治るのは手足?

骨折が治るまでの期間は一体どのくらいかかると思いますか?

整形外科を受診すると、手足の骨折はシーネ固定やギプス固定、腰や肋骨・頚椎などの骨折だとコルセットやカラー・結滞バンドのようなもので簡易的に固定するのが一般的なイメージです。

骨折を治すためには折れた骨を動かさないことがとても重要なので、このような処置が取られるわけですが固定を外したり下手に患部を動かしたり負担をかけると骨折の治癒期間は長めになったり場合によっては治らないという状態にもなり兼ねないのです。

今回はそんな骨折が治るまでの期間を骨折部位ごとに解説し、さらに骨折の種類についてもまとめてご紹介します。

骨折の種類ってどれくらいあるの?

骨折とは骨が折れることを指しますが、成人の骨は約206個もあるためそれぞれの骨の数だけ骨折の種類が存在します。子供となると骨が未発達で癒合していない骨もあるため約300個以上になります。

いかがでしょう?予想以上の数だったのではないでしょうか?

骨折の種類は骨の数だけあり、また1つの骨の骨折でも数種類以上に分類することもできます。そのため、ここでは解説しきれないので、より身近で一般的な骨折部位を中心にした一覧表を以下に紹介します。

部位別の骨折の種類一覧

部位 種類
顔・頭  頭蓋骨骨折・篩骨骨折・下顎骨骨折 など
首・背中 頚椎骨折・腰椎骨折・横突起骨折 など
胸部 鎖骨骨折・胸骨骨折・肋骨骨折 など
肩・上肢・腕 肩甲骨骨折・上腕骨骨折・尺骨骨折・橈骨骨折 など
骨盤  骨盤骨折・仙骨骨折・尾骨骨折 など
下肢・足 大腿骨骨折・脛骨骨折・腓骨骨折・外果骨折 など
手足 中手骨骨折・中足骨骨折・ジョーンズ骨折 など

 

骨折が治るまでの期間

次に骨折が治るまでの期間についてですが、「治る=完治ではない」ことを留意してください。

ここでは「治る=骨癒合(骨がくっつくこと)」としてそれぞれの骨がくっつくまでに必要なおおよその期間をご紹介します。

骨癒合までの期間
中手骨 2週
肋骨 3週
鎖骨 4週
前腕骨 5週
上腕骨体部 6週
脛骨・上腕骨頚部 7週
下腿骨 8週
大腿骨 8週
大腿骨頚部 12週

ここからわかることは骨の太さや関節との近さにより骨がくっつくまでの期間が異なるということです。骨癒合期間に影響をあたえる因子は以下の通りです。

 

骨癒合期間に影響をあたえる因子

骨の太さ

⇨(癒合期間<手足指<肋骨<上腕骨<大腿骨)

骨折部位

⇨(骨の末端など関節に近づくほど癒合期間が延びる)

血流の有無

⇨(毛細血管により血流が豊富な骨は癒合期間が早く、関節内での骨折は血流に乏しいため治りが悪い)

年齢

⇨(小児の骨は成人より20〜30%も早く癒合し、高齢者は逆に癒合しにくい)

腫れ

⇨(骨折直後の応急処置で腫れを予防することで治癒期間が早くなります)

スポンサーリンク

骨折が完治するまでの経過

ここまで骨折が癒合するまでの期間と骨癒合期間に影響をあたえる因子について解説してきましたが、勘違いしていけないのは「完治」ではなく、あくまで「骨がくっついた状態」であり、まだ本来の骨の強度が戻っていないことを理解しておきましょう。

骨はとても頑丈ですので、骨癒合してしまえば体重を加えたり外力を加えてもそう簡単に折れることはありませんが、いつ頃から荷重を掛けたり骨に負担になる行動がとれるようになるかはX線画像を定期的に撮影した後の医師の判断によります。

自己判断はせずに指示に従うようにしましょう。

 

怖い!偽関節に注意!

偽関節とは骨がくっつかなくなってしまい、そのまま骨が分断された状態になってしまうことです。骨と骨の間につながりがないため関節のようになってしまい動いてしまいます。

腕を例にすると肘と手首の間にもう一つの肘ができてしまうような状態です。本来の正常な関節ではなく偽りの関節のため偽関節と呼ばれますが、医師やリハビリ担当者が最も注意しているのが偽関節を予防し正常な骨癒合を促すことです。

乱暴に動かしたり負担をかけるのはNG!骨の再生にはタイムリミットがある!

骨折中に痛みを我慢して動いたり、患部を乱暴に扱うことで骨癒合が思うように進まず偽関節となってしまうこともあります。骨の再生は無限ではありません。骨が折れると炎症反応などにより傷ついた組織を再生しようと体が反応しますが、やがて炎症が落ち着いてくると正常に戻ったと認識して骨再生が行われなくなってしまいます。

そうなると骨は折れたままという最悪なケースに至る危険性もあることを理解しておきましょう。骨がくっつきにくい部位や複雑骨折などでは癒合を促すために外部固定だけでなく直接的に骨を金属プレートで固定する手術が行われたりします。

骨折中は骨がくっつくまでは患部を安静にすることが一番です。

 

重要!リハビリはいつからいつまで?

最後にリハビリの期間についてですが、これは決まった期間はありません。病院でリハビリの指導などを行っている際にもよく患者様から「いつまでやらなきゃいけないの?」という質問を受けることがありますが、骨折してからの過ごし方や健康状態などにより期間は異なってくるからです。

一般的には「骨がくっついたから治った!やったー!」と思われがちですが、リハビリ終了の基準としては「元の生活・元の体の状態に戻った」というのが一番分かりやすい例えです。

つまり、骨折が原因で生じた関節のかたまりや制限(拘縮)があればそちらの治療を行い、筋力が受傷前よりも低下していれば筋力トレーニングを行ったり、仕事や生活に不安があればメンタルケアや生活訓練なども行います。高齢者であれば骨が癒合しても歩ける状態にならない場合もあるため、杖や福祉用具の訓練や指導などもリハビリです。

また、リハビリは再発予防なども行うため転倒した原因などがあればその治療を行うこともあり、体の状態に合わせて進められます。骨折中に筋力などが低下しないようにするのも目的の1つで、骨折直後からリハビリは始まっています。固定が外れてからがリハビリと思っている方も多いのですが、実は一番大事なのは骨折してから固定が外れるまでの期間がその後の治癒期間に影響を与えるということなのです。これは覚えておきましょうね。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です