明太子とタラコの違いはない?辛さ・色・語源の違いはあるの?

朝食のおかず、パスタソースにおにぎりの具材と子供から大人まで大好きな「明太子」と「たらこ」ですが、「あれ?この2つの違いって何なの?」と疑問に思ったことはないだろうか。

パスタの場合は「たらこスパゲッティ」と言うが、市販のパスタソースには「明太子ソース」と「たらこソース」の2種類がある。コンビニに並ぶおにぎりの具材にも「辛子明太子」と「たらこ」の2種類がある。

パスタ好きの筆者の経験からすると、たらこソースより明太子ソースの方が美味しいと感じており、買うときは決まって明太子ソースを買うようにしている。食べ比べてみると分かるが、たらこよりも明太子の方が日本人ウケのよい味付けになっているのだ。

だが、なんとなく感じていてもスッキリしないため、2つの種類の違いを明確にするため実際にリサーチした結果を以下に解説してみよう。

「明太子」と「たらこ」の違いは語源が教えてくれる

「たらこ」は何の魚の卵か皆さんご存知だろうか?『「タラ子」だからタラの卵だ』という答えは正解であるが、厳密に言うなら『スケトウダラの卵』というのが正しい。スケトウダラは北洋の海で捕れる魚で、その卵を塩漬けにしたものが「たらこ」として親しまれきたのである。

では、「明太子」の語源はどこから来たかというと朝鮮半島で「明太子(ミョンテ)」と言われていたのが、日本に伝来されて各地に広がったのだ。特に九州地方は距離も近く福岡は明太子発祥の地として全国的に知られているのはそのためだ。今では知らない人がいない明太子は日本人好みの味になるように、塩漬けしたたらこをさらに唐辛子・酒・みりん・昆布だしなどの調味料で加工し「辛子明太子」が誕生されたとされている。

 

現在の明確な違いは「辛さ」があるかないか

九州地方の家庭では馴染みとなっていた辛子明太子であったが、観光客などからの支持も得て商品化が決定すると瞬く間に東上し全国に広がり始めるわけだが、その過程で「辛子明太子」の「辛子」が抜けて「明太子」と呼ばれるようになった。今では塩漬けの「たらこ」、辛子漬けの「明太子」と分けて呼ばれている。

スポンサーリンク

西日本では「たらこ」を「明太子」と呼ぶ!?

実は、西日本では明太子=たらこと呼ぶこともあるようだ。辛子明太子と明太子は違うというのが西日本の風習のようで、その理由は明太子の語源に話を戻してみると理解できる。

日本に明太子が入ってきた時はまだ塩漬けした明太子(ミョンテ)であり、それを辛子漬けにしたものが「辛子明太子」という日本独自の珍味なのだ。そのため、未だに西日本では「明太子=たらこ」とし辛子明太子と明確に区分しているのだ。

逆に東日本の人たちからすると、無意識に「明太子=辛いたらこ」「たらこ=辛くないたらこ」と区別している人が多いのではないだろうか?何を隠そう筆者もその一人である。

 

色による区別はできない

読者の中にはもしかすると「赤いのが明太子」「茶色いのがたらこ」と思われた方もいたのではないだろうか。実際に市販されているたらこは塩漬けして着色したタラコが並んでいる。最近では健康志向のせいもあり添加物なしのタラコとして着色料を一切使わないタラコも店頭に並ぶようになった。ここは意見が分かれるところであるが、美味しそうに見えるタラコはやはり赤いタラコだと筆者は感じる。

 

他にもまだまだある食べ物の違い

今回の「明太子とたらこの違い」以外にも日本にはまだまだ不思議なネーミングの食べ物がたくさん存在する。冒頭で触れた「スパゲッティ」「おにぎり」もその1つで、「パスタ」「おむすび」と聞けば両者の違いの謎が深まるのではないだろうか?

気になる人は他の記事も是非チェックして欲しい。

【サラミとカルパスの違いは?原材料は何の肉?作ることはできるの?】

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★