市販マスクの風邪予防効果は極低!おすすめは医療用のサージカルマスク!

市販マスクの風邪予防効果は極低!おすすめは医療用のサージカルマスク!

風邪やインフルエンザが大流行する季節は湿度が低く風邪菌が活性化する冬場と決まっています。風邪の予防対策で有名な方法はマスクの着用や手洗いうがいなどです。しかし、着用しているマスクの種類によってはあまり効果のない飾りのようなマスクも存在しています。今回は、風邪予防効果だけではなくインフルエンザウイルスにも効果のある医療用サージカルマスクについてご紹介します。これは市販マスクよりはるかに優れていて、本当にオススメですよ!一般の方も購入できて、しかも安い!まずはサージカルマスクについて以下の記事を御覧ください。

 

 

市販のマスクが風邪予防効果が低い理由

 

風邪の予防のために冬になるとマスクを着ける人が増えていますが、全てのマスクが風邪予防効果があるわけではありません。残念ながら市販マスクは風邪予防効果が極めて低く、マスクを着けていても風邪を予防することはできません。市販マスクの風邪予防効果が極めて低い理由は、市販マスクは透過率に問題があるため、ウイルスや細菌がマスクの繊維から侵入してくるためです。

市販マスクの中でも100円ショップなどで販売されている格安のマスクは、ごく普通のガーゼをマスクの形状にしているだけですので、ガーゼの隙間からウイルスや細菌がどんどん侵入してきます。そのため格安のマスクは風邪予防効果はほとんどありません。そのようなマスクを着けていても気休めになるだけで何の効果も得られませんので、何も着けない方が呼吸が楽になるので遥かにマシです。

 

 

インフルエンザも予防できる医療用サージカルマスクに軍配

 

確実に風邪を予防したい人は、透過率が優れているサージカルマスクをおすすめします。サージカルマスクは医療用のマスクのことで、外科手術の際に医療スタッフが使用しています。手術中の医師や看護師は、いろいろな細菌やウイルスに感染するリスクが高まりますが、サージカルマスクを着けることによって、ウイルスや細菌の侵入をシャットアウトして、ウイルスや細菌に感染するのを防いでいます。

 

スポンサーリンク

細菌やウイルスの大きさの違いに対応

 

細菌とウイルスはどちらも病気の発生源になるものですが、細菌とウイルスでは大きさが全く異なり、ウイルスは細菌に比べると、ものすごく小さいことが特徴です。インフルエンザウイルスやノロウイルスなどは極めて小さいので、市販マスクの繊維の隙間を容易にすり抜けて口腔から体内に侵入します。

 

 

ウイルス透過率に優れた繊維と材質

 

サージカルマスクは特殊不織布フィルター材を使用しており、インフルエンザウイルスやノロウイルスのような極小のウイルスであってもマスクの繊維を通過することはできません。そのため、確実にウイルスの感染を防ぐことが可能になります。ノーズピースも付いていますので、マスクで鼻を完全に覆い隠すことができ、鼻腔からのウイルスの侵入も阻止します。

 

 

サージカルマスクはどこで売ってる?

 

サージカルマスクはドラッグストアやネットショップでも販売しているので、とても手軽に購入することができます。風邪予防効果だけでなく、花粉症の予防効果もありますので、花粉症に悩んでいる人にもおすすめです。価格は1枚あたり5円から20円程度ですので、普通のマスクと比べてもそれほど高くはありません。50枚入りのものが売れ筋になっています。

 

スポンサーリンク

 

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です