夏に作りたい火を使わない料理レシピ6選 簡単メニューは主婦の味方!

そろそろ梅雨が近づいてきましたね。憂鬱なつゆが終わればすぐに夏です。夏は楽しいことがいっぱい!…ですが、火を使うと暑くて仕方がないですよね。汗をかきながらキッチンに立つのは辛いから、火を使わずに、簡単においしい料理が作れたらなーって思うのは私だけではないはずです。今回は、簡単で火を使わない、夏にぴったりのレシピを紹介します。

<スポンサードリンク>

これなら私の家にもある!紹介するレシピで使用する器具はコレ!!

9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s

火を使わない簡単レシピはうれしいですが、新たに買わないといけないものがあったら作りにくいですよね。安心してください。今回紹介するレシピはどのご家庭にもおおよそあるものしか使いません。具体的に使用する器具は以下の通りです。

<使用する家電>

電子レンジ、炊飯器

<使用する器具・消耗品>

耐熱のお皿もしくはボール、ラップ(、さいばし、しゃもじ)

 

いかがでしょうか。どれもご家庭にあるものばかりではないでしょうか。これらを使って、料理を作っちゃいましょう♪

参考:【そうめんのつゆの作り方】薬味や味の定番から変わり種アレンジメニューをご紹介!

電子レンジで作る!おいしく簡単メニュー3選

<主食編>チャーハン

cha-han3_ebi
  • お好みの具を適当な大きさに切っておき、耐熱のお皿に入れる。
  • レンジで30秒チンし、さらにごはんを加え、上から料理酒をかけ、1分半チンする。
  • 取り出したら塩、コショウで味付けし、卵を入れ、さらに30秒チンする。
注意ポイント・ポイント

※冷凍ごはんだと仕上がりがべちゃべちゃになるので、事前に解凍しておくとよいです。

※お使いのレンジによって時間は変わります。上記の時間は私の家のレンジで600Wの時に実際に行ったものです。

 

<主菜編>鶏むね肉としめじの和え物

food_hourensou_ohitashi
  • 鶏むね肉を適当な大きさに切り、酒をまぶし、5分電子レンジにかける。
  • しめじは石づきを落としてほぐしておく。①の肉を取り出し、蒸汁が残ったお皿にしめじをいれ、1分チンをする。
  • めんつゆと①②を混ぜる。
注意事項・ポイント

※ラップをかけて、チンをする。鶏肉を加熱する際は、途中でひっくり返し、赤いところがなくなるまでチンをする。

※鶏肉をチンした後荒く裂いたほうが、味がなじみます。ですが、面倒な時はしなくてもおいしいです。

 

<副菜編>ナスとえのきだけのサラダ

salad-791643_640
  • ナスを適当な大きさに切り、1分半チンする。
  • えのきだけの石づきを落とし、3等分ほどに切り、1分チンする。
  • しょうゆ、めんつゆ、酢、ごま油と①②を混ぜる。
注意事項・ポイント

※冷ますと味がしみておいしいです。

スポンサーリンク

炊飯器で作る!おいしいメニュー3選

<主食編>チキンライス

food_okosama_lunch
  • にんじんや玉ねぎ、鶏肉などお好きな具材を切る。
  • お米をとぐ。おかまに米、具材、いつも使用している調味料と水を入れる。
  • 炊飯する。
注意事項・ポイント

※調味料はいつもチキンライスを作るのに使っているもの、分量で大丈夫です。我が家の場合、ケチャップ、ウスターソース、コンソメ、塩、コショウです。

※炊飯の時、水をやや少なめにした方がおいしいです。

 

<主菜編>手羽元とじゃがいもの煮物

6-01-012_S
  • じゃがいもの皮をむき、一口大に切る。
  • おかまにじゃがいも、手羽元、めんつゆを入る。
  • 炊飯する。
ポイント

※大根やにんじんなど、いろんな野菜をいれてもおいしい。

 

<副菜編>夏野菜のカレー蒸し

SAWA_okuratomato_TP_V
  • お好きな夏野菜を切る。
  • おかまにかぼちゃなどかたいものから入れ、水と料理酒、カレー粉を入れる。
  • 炊飯する。味見をし、塩こしょうをする。
注意事項・ポイント

※水は入れる野菜によって変わります。トマトのように水分が多いものは0~50mlくらいです。かぼちゃなど水分が少ないものは100~150mlくらい入れます。

 

味も具材も自由自在!電子レンジ・炊飯器の火を使わない簡単レシピで夏を乗り切ろう!

火を使わなく、3ステップでできる簡単レシピを6つ紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。みなさんのご家庭にある器具で、特殊な具材を使わずに、簡単にできるものを選びました。レシピ中では、「お好きな具材」という言葉が何回か出てきたと思います。つまり、具材を変えればレシピは無限大に広がります。調味料もめんつゆばかり使いましたが、酢をいれてみたり、焼き肉のたれをいれてみたり、色々と応用ができます。もしアレンジして変な味になっても大丈夫。溶き卵をいれ、加熱してみてください。味がマイルドになっておいしく食べられます。今回紹介したレシピを元に、オリジナルの料理を作り、涼しく夏を乗り切りましょう。

参考:子供の夏バテを予防する食事と6つの食べ物!夏バテ対策食材とレシピはママ必見!

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です