健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

子供の夏バテを予防する食事と6つの食べ物!夏バテ対策食材とレシピはママ必見!

最近の投稿

More
子供の夏バテを予防する食事と6つの食べ物!夏バテ対策食材とレシピはママ必見!

”夏バテ”というと「夏の終わりの疲れなんじゃない?」って

思う人もいると思います。

しかし、夏バテは夏の初めになりやすいとも言われています。

 

特に、お子様は夢中に遊んでいて自分の体温上昇に気がつかなく

気がつけば、夏バテ気味や熱中症になってしまうことも!!

 

そこで、今回この記事では「子供の夏バテを予防する食べ物、食材」を

ご紹介していきます!

夏バテは大人でもつらい><

わが子にそんなおもいさせたくない!

予防させるにはどんな食材がいいのかと悩んでいるママにオススメしたい内容になってますので

よければ最後までご覧ください!!

<スポンサードリンク>

子供の夏バテ3つの原因!

e6fe3088b2fb471a368b9a5b50e9c205

(引用元:http://mamaiku.biz/)

最近、子供の夏バテが増えているらしいです。

夏バテといえば大人がなるものなんて思っていましたが

でも、最近では大人だろうが子供だろうが関係ないもの言われています。

 

大人の場合は、仕事の疲れが主な原因ともいわれていますが

子供の原因は大きく分けて3つあります。

ちょっと見ていきましょう♪

1.遊びに夢中で体調の変化に気付きにくい!

外で遊ぶと楽しさに夢中になりすぎて

暑さによる体調変化に気づきにくく、水分補給も忘れてしまいます。

 

その結果、脱水状態になった子供は汗をかくことができないので

体内に熱がこもってしまい、結果夏バテになってしまいます。

2.快適な室内生活が原因!?

実は、昔に比べて最近の子供の汗線が低下しているということが分かてます。

汗線は3際~4歳のときに発達するものです。

しかし、最近では、エアコンの普及による室内遊びの子供が増えた結果

汗をかくことが少なくなったので汗線の発達が悪化し、うまく体内の熱を排出ができなくなり

夏バテしやすい体になってしまったのも原因といわれています。

3.栄養が偏ってる!?

大人でもそうですが子供も暑いと、ジュースやアイスを食べてばかりになります。

それにプラスして、ご飯時は「食べたくない」なんてこともあり、ますます食欲激減になりますよね。

ジュースやアイスなどの甘いものは糖分の代謝にビタミンB1を多く使います。

このビタミンB1は、夏バテ予防に欠かせない栄養素。

甘いものばかり食べているとビタミンB1が摂取できず、夏バテしやすい体になってしまうのです。

 

以上が子供が夏バテになる3つの原因です。

いきなり、アイスを食べないわけに行かないのですこしずつ減らしていくなりしましょう!!

 

夏バテ予防に効果的な6種類の食材!

0495_L

(引用元:http://ixil.info/)

それでは、実際にどんな食材が夏バテ予防にいいのか

ご紹介していきます!!

参考にしてください!!

1.うなぎ

10122730950

(引用元:http://ameblo.jp/)

うなぎにはビタミンA・B・Eなどが豊富に含まれているので

夏の栄養補給にぴったりの食材♪

夏バテ防止の食材として定番になってます。

 

うなぎは2歳からたべれるので、夏ばて防止に食べさせてあげたいですが

小骨が多いので、きちんと骨をとってあげましょう!

また、たれも濃いのでうすめにしましょう!

豆腐

maxresdefault

(引用元:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/)

豆腐には良質なたんぱく質が含まれています

栄養価も高いので、夏バテ防止にもってこいの食材!!

 

冷奴で食べるのもいいですが、湯豆腐や豆腐ハンバーグにして召し上がっても

おいしく食べれますよ♪

冷奴にする場合は、絹豆腐を使うことをオススメします!

3.豚肉

157

(引用元:https://www.magariya.net/)

夏バテしないような体を作るには、スタミナが必要になっていきます!

いろいろなお肉がある中でも夏バテに一番いいのが”豚肉”。

豚肉には、夏バテ防止に欠かせないビタミンB1が牛肉の10倍も含まれており

また、たんぱく質が豊富に含まれています!

 

そんな豚肉を食べるなら、豚しゃぶやゴーやチャンプルではないでしょうか?

特にゴーやチャンプルには、豆腐やビタミン豊富なゴーヤが含まれており、

夏バテ防止にぜひ食べておきたいそんな1品だと思います!

4.トマト

Tomato-HD-Wallpapers4

(引用元:https://iemo.jp/)

ビタミン類やミネラルが豊富に含まれているトマト♪

夏野菜のリーダといってもいいくらい栄養が豊富なので

夏バテ防止に食べてもらいたい1品♪

 

トマトそのまま苦手ならジュースにしてもOKですし

そのまま食べれるならサラダやパスタに入れて食べてもいいですよ!!

5.大豆食品

c6740a8f6f16bc573301276210836472

(引用元:http://fs-basaro.jp/)

枝豆や豆乳または納豆などの大豆製品には

糖の代謝を助けてくれさらに夏バテ防止のでもある

ビタミンB郡が豊富に含まれています!

 

中でも枝豆にはビタミンCが豊富に含まれているので

ぜひお子様にとってもらいたい食材の1つ♪

 

枝豆ご飯にしてもOKですし、あまり枝豆好きじゃないそんな

お子様には豆乳とバナナでバナナミルクにしてみてはどうでしょうか?

栄養満点ですよ!!

6.梅干

20140815101255

(引用元:http://sanrinsya8571.hatenablog.com/)

夏バテ防止にはにはクエン酸も大事♪

なかでも梅干にはクエン酸が豊富に含まれています♪

塩分も含まれているので、夏バテ防止に食べてもらいたい

一品♪

 

梅干そのものはすっぱく食べたくないお子様もいると思いますので

刻んでご飯に混ぜたり、豚肉で撒いてもおいしいですよ♪

ぜひ食べてみてくださいね♪

 

以上が、夏バテ予防に効果的な食材6つをご紹介しました!!

お子様がすきそうなものはありましたか?

ぜひ毎日のメニューに取り入れてみてくださいね ♪

スポンサードリンク

夏バテ予防の食材を使った2種類のレシピ♪

20120807_147630

(引用元:http://anshin-yasai.jugem.jp/)

では、実際に夏バテ予防の食材を使ったレシピを

ご紹介します!!

ぜひ、作ってみてください!!

<梅大葉の豚肉巻き>

170c336213471f9c6e795c8d21e3dc5d

(引用元:http://cookpad.com/)

★材料(4人分)★

・豚肉スライス・・・280g

・大葉・・・12枚

・スライスチーズ・・・4枚

・梅干し・・・4粒

・片栗粉・・・適量

★作り方★

①チーズを4等分に切り、梅干しは種を抜いてたたいておきます。

②大葉を洗って茎を切って、水気をふき取り、豚肉の片面に

片栗粉をまぶしておきます。

③大葉の上にチーズを乗せて、①でたたいた梅肉を塗ったら

くるくる巻きます。

④ ②で巻いたものを豚肉に乗せてクルクル巻きます。

(片栗粉がついているものは外側に!)

⑤ 巻き終わりを下にしてフライパンで焼いて

火がとったら完成♪

 

これなら、梅が苦手なお子様でも食べれる一品なのではないでしょうか?

大葉と豆腐でもおいしくできると思いますのでアレンジもお楽しみください^^♪

 

えだまめとじゃこのおにぎり>

28ea025c0fb03a0d488d577489089023

(引用元:http://cookpad.com/)

★材料(2個分)★

・ご飯・・・お茶碗1杯分

・枝豆・・・大さじ2

・じゃこ・・・大さじ1

・塩・・・少々

★作り方★

① ちりめんじゃこをアルミホイルに乗せて、トースターで1分焼く。

② 焼いたちりめんじゃこと枝豆をご飯にませて、混ざったら

三角おにぎりを作って完成♪

(塩は少なめにしましょう!!)

 

枝豆とわかめでもおいしそうですね♪

おにぎりなら食欲無いときでも食べてもらえるので

ぜひ作ってみてください!!

 

夏バテ防止食材をうまく取り入れた食事で夏バテを防止しよう!!

Escala_20150913_5203632_1

(引用元:http://www.excite.co.jp/)

いくら夏バテにいいからといって

毎日その食材ばかり使うのも子供が飽きてしまいますよね><

ましてうなぎなんて高くて買えないなんていうご家庭もあるのではないでしょうか?

 

なので、毎日本当は取り入れたいと思いますが

無理せずお子様のペースでがんばるのが一番だと思います!

無理強いはお子様が食事の時間を嫌いにさせてしまうこともあるので

注意しましょう!!

 

小さいお子様はあまりまだかんだりが上手ではないので

できるだけ細かくしてあげましょう!!

いろいろな食材を工夫してメニューに入れるのもひとつの手だと思うので

ぜひやってみてください!!

 

★まとめ★

いかがでしたか?今回は「子供の夏バテを予防する食事、食べ物」をご紹介しました!

7月になると早いところでは夏バテになるほど暑くなるところもありますので

早めに予防して親子で夏バテを撃退して行きましょう!!!

 

この記事が皆様のお役に立つとうれしく思います!!

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top