お中元とお歳暮の時期はいつからいつまで?正しいマナーと地域特性について

お中元やお歳暮の時期が、いつからいつまでなのか年々ぼんやりしてわかりにくくなってきていませんか?お世話になっていることへの感謝の気持ちをお伝えしたいはずなのに、反対に失礼にあたったり恥ずかしい思いをしてしまわないように…。

今年のお中元からは自信をもって、「あの方はこの地域だから、この時期に…」と選べるように、参考にして下さいね♪(画像引用元:http://blog.goo.ne.jp/

お中元の始まりと現代の位置づけ

中国の道教による節日(せちにち)の「三元」からくる年中行事であったものが日本に伝来し、仏教の盂蘭盆会 (うらぼんえ)と一緒になって、仏を供養する儀式が始まりと言われています。

三元とは…

上元(じょうげん)陰暦の正月15日、中元(ちゅうげん)陰暦の7月15日⇒ここが「お中元」になっていきます。

下元(かげん)陰暦の10月15日、を指します。

*********************************

近代の多くのお贈り先としては、日頃お世話になっている目上の方・取引先の方へ品物を届ける・ご挨拶をすることが、最近では親しい間柄の友人・知人に送る人も増え変化しつつあります。

 

お歳暮の始まりと現代の位置づけ

「歳暮」というのは、字のままに年の暮れを指す言葉、です。

ご先祖や神を祀る時の供物を用意する、または持ち寄ることが起こりでした。江戸に入り、商人達が得意先に贈り物を始めたり、分家から本家への挨拶に、同じく挨拶の品を持参して訪問することが増え、次第に一年お世話になった方にご挨拶と品物をお届けする「歳暮回り」が定着しました。

**********************************

現代ではお中元と同様、目上の方だけでなく身近な関係の相手へもお歳暮を用意するケースが増えているようです。
また「先生」はお稽古事の先生ならばお贈りしても大丈夫ですが、学校の先生などは控えます。お中元も同様です。

 

お中元の時期・期間・マナーなど

「お中元の時期・期間」の詳細についてはこちらで触れています。お中元の時期がいつからいつまでかを見ていきます。

地域ごとのお中元の時期

☆北海道:7月中旬~8/15くらいまで
☆北陸・関東・東海:7/1~7/15くらいまで
関西・中国・四国:7/15~8/15まで
☆九州:8/1~8/15くらいまで
※最近はCMや催事場の開催時期などにより、全国的に上記時期よりも、
更に少しずつ早まっている傾向があるようです。
※また、地域の中でも農作業などの都合によって、
それぞれに時期が左右されていることがあるようです。

お中元のマナー

基本は持参して手渡しすることです。
最近は、宅配便の宅配でお届けするケースも多いですが、
その場合は、品物に気持ちを込めた挨拶状を同封するとよりていねいに。
同梱できなければ、お届け物がいつ頃届く予定といった旨を
お手紙にて先方にお伝えすることをおすすめします。
時節柄、受け取りが遅くなると傷んでしまうものもあるためです。
☆戴いた時は、まずお礼状をしたためます。
必ずお返しをする必要はありません。しかし何かをお贈りしたい時には、
お中元の時期をずらした「残暑御見舞い」にしましょう。

喪中の場合はどうしたら…

お祝い事ではないので気にする必要はありません。
但し相手にご不幸があり、四十九日が済んでいない時は時期をずらした、
「残暑御見舞い」としてお贈りするのがよいとされています。

のしについて

配送の時に、のしについて聞かれて迷ったことはありませんか?
内のし⇒品物にのしをかけてから包装紙をかける(配送は内のし)
外のし⇒品物に包装紙をかけてからのしをかける(持参は外のし)
本来の、正式なのしのかけ方は「外のし」です。
のしの右上にあるものは何だろう?と思ったことはありませんか?
縁起物のひとつである「あわび」なのだそうです。

スポンサーリンク

お歳暮あれこれ

お歳暮の時期がいつからいつまでかを見ていきます。

地域ごとのお歳暮の時期

大きく分けると、東日本は12月初め、西日本は12月中旬
☆北海道・東北:12/10~12/20頃まで
☆関東:12/1~12/20頃まで(※12月上旬の神奈川もあり)
☆北陸・東海・関西・近畿:12/10~12/20頃まで
☆中国・四国・九州:12/10~12/20頃まで
域もお中元同様に、少しずつ時期が早まっている傾向があります。

お歳暮のマナー

☆正式な形は、「風呂敷に包んで持参する」です。
その際の正しい所作は、
目の前で風呂敷をほどき、のしが相手から見て正面になるようにお渡しし、
風呂敷はさっとたたみ持ち帰ること、です
また、持参・配送問わずに全国共通で、
12/25頃までには送り先に届くようにしたいものです。
理想は12/20頃と言われます。
「年末年始の多忙な時期に相手を煩わせないように」
「年末年始は留守になるお宅も多くなる時期」などの理由があります。
数の子などおせち料理に使っていただきたい品物をお贈りする時は
出来るだけ遅い時期が好ましくなっていきますね。
(但し、この場合は先方へは一筆したためることをおすすめします)
☆戴いた時には、お礼状をしたためます。お中元同様お返しする必要はありません。
どうしてもお返しをしたい場合は、お歳暮の時期をずらして、
「寒中御見舞い」としてお贈りします。

喪中の場合はどうしたら…

一年のお礼の意味なので支障はありません。
但し、お歳暮の時期を過ぎてしまったら、松の内が明けてからにして下さい。

のしについて

☆12/31までに届く時「お歳暮」「御歳暮」
☆元旦~松の内(1/1~1/7頃まで)に届く時「御年賀」
☆松の内~立春まで(1/8~2月中旬ごろまで)に届く時
「寒中御見舞い」「寒中御伺」(目上の方へ向けた場合)
《注意》
関西の松の内は1/15までなので、気をつけてください。
☆喪中の際は「賀」という慶びの文字が使用できないので松の内を避けます

 

おわりに…

お中元・お歳暮ともに「お世話になっている方への感謝の思い」を、
忘れないようにするだけで、お送りしたい方の地域についても、
頭に残る気がするから不思議です。
長く続く事柄には、必ず深い理由があるのですね。
スマートに物事が進められる現代だからこそ、
「大事にしたい、気持ちのこもった手間」と言えるのかもしれません。
風呂敷も見直されています。併せて手にして馴染んだら素敵です♪

 

スポンサーリンク

 

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です