ガス溜まりが原因でお腹が張る時の解消法4選!ガス抜きに効果的な対処法とは?

「このところずっとお腹が張って辛い・・・」「便秘っぽい」というように、お腹の張りに悩まされる人は多いと思います。

お腹が張った状態が長く続くと、洋服を綺麗に着られなかったりしますし、特に女性にとっては大きな問題です。

今回は、お腹の張りの原因として多い「ガス溜まり」に対して、どのような方法が「ガス抜き」として効果的なのか、その対処法をご紹介していきます。

ガス溜まりでお腹が張る時に考えられる原因とは?

お腹にガスが溜まる原因として考えられるものには、次のようなものがあります。

  1. 食事バランスが悪い。
  2. 食べ方が悪い。
  3. 空気を食べている。(呑気症)
  4. デスクワークが長い。

まず1.ですが、炭水化物(麺・米・パンなど)を摂り過ぎていると、消化の際にガスが過剰に発生してしまい、排出(=おなら)しきれなくなって、ガス溜まりとなります。

また、食物繊維の摂り過ぎにも注意が必要です。野菜や納豆、アーモンド、ごぼうなどの繊維質の根菜には食物繊維が多く含まれています。

「食物繊維って体にいいんじゃないの?」と思われるでしょうが、体に良いということは事実です。腸がよく働くようになるため、体にはプラスのものです。しかし、腸がよく働いているということは、ガスもそれだけ出ているということなので、ガスが溜まりやすくなります。

また、2.についてですが、良くない食べ方として、『早食い』が挙げられます。

これは3.とも関連するのですが、早食いをすると、食事と一緒に空気まで一緒に食べてしまうことが多くあります。噛む回数も少なくなるため、胃腸の働きが悪くなります。

結果的に、ガスが多く入ってきてしまい、腸の働きも低下するため、ガスが溜まるというわけです。

次の3.ですが、『呑気症』という病名はあまり聞いたことがないかもしれません。

その名の通り「空気を食べてしまう」症状で、食事の時以外でも大量に空気を飲み込んでしまいます。原因として考えられるのは、精神的ストレスが一番多いようです。過剰にストレスがかかると、つばを飲み込む場面が増え、その時に同時に空気も食べてしまうケースが多いからだと考えられます。これによって、お腹にガスがたくさん溜まってしまいます。

ストレスによって胃腸の働きも低下しがちですから、溜まったガスが上手く排出出来ずに、相乗的にガス溜まりが起こります。

次は4.についてです。長時間ずっと椅子に座って動かないと、胃腸の働きが低下してしまいます。食事の後すぐ、椅子に座ってそのまま夕方まで動かない、というようなオフィス勤務の人は特に、この原因が当てはまるかもしれません。

胃腸の働きの低下によって、ガスを排出することも出来なくなるので、結果的にガス溜まりがになるというわけです。

関連記事:「女性のお腹や下腹部が張る3つの原因と5つの病気の可能性について」

お腹が張って仕方がない時の原因別の解消法!

それでは、お腹に溜まってしまったガスを「ガス抜き」するには、どのような対処法が効果的なのでしょうか。上の項目で紹介した原因に対して、次のような方法が挙げられます。

スポンサーリンク

食事バランスが悪い場合の対処法

ガスが過剰に発生してしまっている原因である、炭水化物を減らした食事にしてみると良いでしょう。特に、サツマイモ・ジャガイモなどの芋類は控えるようにしましょう。
ただし、過剰に減らしすぎると便秘の原因にもなるので、注意しましょう。

食べ方が悪い場合の対処法

「早食い」の癖がある人は、ゆっくり食べるように意識してみるようにしましょう。
目安は1口につき20回噛むことです。よく噛むことで小顔効果も期待できますよ

空気を食べている場合の対処法

この場合、精神的なストレスが大きな原因だと考えられるため、リラックスできる環境を整えることが第一の対処法です。

しかし、仕事や学校が忙しいとなかなかそういうことも出来ませんよね。あまりに酷い場合は、心療内科などを訪ねて、抗不安薬などの薬を処方してもらうことで対処してみるのも良いでしょう。

デスクワークが長い場合の対処法

この場合、端的に言えば「運動不足」が原因です。

そこでお薦めするのは「25分に1回くらいの目安で」「椅子から立ち上がって軽く伸びをして」「腰を軽く数回、回す」という方法です。

人間の集中力は30分程度とも言われます。軽いリフレッシュを挟むことで、お腹のガス抜きをしつつ、仕事の効率も上がるかもしれません。

 

効果的なガス抜きでストレスフリーに♪

「お腹の張り」は誰にとってもストレスに感じるものです。今回挙げた原因に心当たりのある方は、ぜひその対処法を試して見て下さい。

あまりに酷い場合や、腹痛などを伴う場合は、早めに病院にかかりましょう。

効果的にガス抜きをして、ストレスフリーな生活をしていきましょう!

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★