健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

【そうめんのつゆの作り方】薬味や味の定番から変わり種アレンジメニューをご紹介!

最近の投稿

More
【そうめんのつゆの作り方】薬味や味の定番から変わり種アレンジメニューをご紹介!

まだ梅雨入りしていない時期なのが信じられないほど暑いですね。梅雨入りし、開けたらすぐに夏!夏もおいしいものがいっぱいですね。個人的には扇風機で涼みながらカレーを「暑い!」と言いながら食べるのが好きです。暑いものも良いけど、やっぱり夏は涼しめるものが良いなーという方も多いはず。ですが、夏に食べる涼しめる料理の代表であるそうめんはワンパターンになりがち…ということはないでしょうか。そこで、そうめんの定番からアレンジメニューについて書いていきたいと思います。

<スポンサードリンク>

まずは定番!そうめんの薬味ナンバーワンは何?

e58eb77046495076fc5b3fe8c3e351fd_s

そうめんの薬味といって真っ先に思いつくのはなんでしょうか。ネギ?ショウガ?大葉もおいしいですよね。ほかにもわさびやミョウガ、のりやごまもおいしいですよね。ご家庭によってどの薬味を選ぶか違うと思いますが、私の周りではネギはマスト!という人が多いです。あなたにとってのそうめんの薬味ナンバーワンは何でしょうか。

 

ちょっと意外?こんな薬味もおいしい!

上では定番を書きましたが、いつも同じでは飽きてしまいますよね。そこで、次はちょっと意外だけど、おいしいという薬味を書いていきます。ねばねばしているもの…めかぶやモロヘイヤ、納豆、とろろ昆布などですが、これも意外に合うのです!つるつるっとそうめんと一緒にすすれるので、食欲がない時もおいしく食べれます。また、トマトやきゅうりと一緒に食べても良いし、ナスやピーマンをめんつゆやだししょうゆ(納豆のたれでもOK)で煮て一緒に食べるのもおいしいです。ゆずやレモン、梅干を入れてもよし。キムチや揚げ玉をいれてもおいしいですよね。意外と薬味はなんでも合います。

スポンサードリンク

気分によって薬味を変えたい!選ぶポイントは?

食欲がないからさっぱりと食べたいというときや、今日はがっつり食べたいなど、気分によって変えたいですよね。食欲がないときは香りが高いものや、酸味をきかせたものがおいしく食べれます。具体的に言うと、香りが高いのはのりやゆずなどで、酸味がきいたものはレモンや梅干ですね。じゃあ、がっつり食べたいときはどうしましょう。辛味をプラスするわさびやしょうが、味にこくを足す揚げ玉やごまがおすすめ。

どちらの時もおすすめなのは、めかぶやモロヘイヤ、納豆、とろろ昆布です。食欲がない時は、そうめんだけでいいや…と思いがちですが、それだけだと栄養が偏り、夏バテにつながることもあります。そのため、「ちょっと意外?こんな薬味もおいしい!」にも書きましたが、食欲がなくても食べれ、栄養価が高いのでおすすめです。がっつり食べたい時はボリュームアップの上、味にこくが出るのでおいしく食べれます。

 

いつもと同じつゆじゃイヤ!手軽なアレンジの作り方を教えて!!

いくら薬味をいろいろな種類を増やしてもつゆが同じだと結局飽きてしまいますよね。そこで!つゆをアレンジしておいしく食べちゃいましょう。作り方は簡単!例えば上にちょっと出てきたトマトときゅうり、こちらはつゆでもおいしく食べれますが、オリーブオイルに粉末のバジルを入れるとイタリアン風になります。ほかにもめんつゆをだし汁でわり、その中にカレー粉を少し入れたものもスパイシーでおいしいし、めんつゆにゴマドレッシングを混ぜてもおいしいです。

 

実に万能!そうめんは温かくても炒めてもおいしい!

そうめん=冷たいものというイメージがありますが、実や炒めても煮てもおいしいのです。例えば、そうめんと野菜、ツナ缶でいためて、塩コショウと顆粒だしであじつけし、そうめんチャンプルーにしておいしく食べるのも良いと思います。そうめんを湯がいて水で締めた後、温めたつゆの中にいれて食べるのもおいしいです。

 

自分のベストそうめんをみつけて夏をおいしく乗り切ろう!

いかがでしたか。実はそうめんは何にでも合う食材で、焼く・ゆでるなどどんな作り方でもおいしく食べれます。今回紹介したものを試したり、自分のオリジナルそうめんを探しながら、自分のベストそうめんをみつけてください。そして、夏をおいしく乗り切りましょう!

夏バテ対策に効く果物一覧!フルーツで夏を乗り切る!

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top