健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

新幹線でスノボ!東京発アクセス良の駅近おすすめスキー場(新潟湯沢)

最近の投稿

More
新幹線でスノボ!東京発アクセス良の駅近おすすめスキー場(新潟湯沢)

「そうだ!スノボに行こう!」「東京から行くなら疲れ知らずの新幹線で安全にゆったり行きたいよね!」「じゃ、企画と計画よろしくね!」ということで、言い出しっぺが全てスノボツアーの段取りを任されることに。。。

ただ、調べてもつまらないので、今回はそのネタを記事にしてみました!

関東在住で東京発の新幹線でスノボに行く方は必見です!

<スポンサードリンク>

新幹線で行くスノボツアーのメリット

4709e41aac3babfac44fd2c05ed52d78_s

都内在住のスキーヤー・スノーボーダーで車を所有していない方なら誰もが考えること。

それは「高速バスor新幹線orレンタカー」の3択ですよね!

私はレンタカー推進派なのですが、それは「運転手じゃなければ」という条件付きでの話です。笑

やっぱり、行きも帰りも車内でゆったりお酒を片手に楽しむ小旅行にしたいですからね。。。

(運転手さんごめんないなので、飲めない運転手さんをお誘いする始末です。)

話を戻しまして、『新幹線で行くスノボ(甲信越地方)』のメリットを以下に挙げてみますね♪

料金じゃない!安全第一!

やっぱり一番怖いのは高速バスです。特に夜行バスの事故って多いです。

スキーツアー以外の長距離移動型の夜行バスでも事故の報道ってよく耳にしますよね?

日本の新幹線の安全性は世界一ですから、この上安全な乗り物はないです。

それに、一緒にスノボに行くメンバーもみんながゆったりできて快適な乗り物になるのは間違いないです!

車内で乾杯するのもいいし、カードゲームをやりながら行くのもいいし、睡眠時間に充ててもOKです^^

何をしてても安心できるのが新幹線で行くメリットその一ですね♪

予約が直前(前日)まで可能!

高速バスの予約は遅くても1週間前ぐらいですよね。

日程やタイミングによっては2週間は早めに予約しないと埋まってしまうほどの盛況ぶりです。

新宿や池袋のバス乗り場が毎日のようにごった返すあの大人数。

特に若い学生さんは安いバスを選びがちなので、早めに行動しないと予定が後手後手になり計画もグダグダになってしまいます。

一方、

新幹線はというと前日まで予約可能なんですよね!

駅ネットなんかだと切符売り場で当日受け取りができたりするので、便利便利♪

バスは運転手や車両の手配など調整が必要なので、予約は当然。

だけど、新幹線の場合は通常ダイヤにスキーパック券やスノボパック券で乗車するだけなので、予約がいっぱいで行けなーい!なーんてことになるケースはほとんどありません。

「今週末スノボに行こう!」という急な提案でも新幹線ならOKですよ^^

 

所要時間もバスや車と変わらない!

日帰りスノボなら東京から近い群馬や長野エリアに限られてしまいますよね。

泊りがけのバスツアーなら新潟あたりまでのパックがありますが、バスって結構疲れます。

群馬・長野エリアであっても90分ぐらいはかかるわけで、新幹線と比較しても同等です。

新幹線なら新潟あたりの日帰りも余裕余裕です♪

 

疲労感がまったく違う!

体型が小柄な女性はあまり感じることは少ないかもしれませんが、ガッチリ体型の方や横幅がちょっと。の方はバスって窮屈ですよね。

隣の人を意識したり、縮こまったり、体の疲れにプラスして気疲れしちゃうかも!

あとは座席もバスはひどいのありますね。新幹線のシートとはやはり比較になりません。

やっぱり疲れず快適なのは新幹線がピカイチです♪

トイレ・各種サービス

トイレが付いていないバスって結構あるんです。

料金が安くなればなるほどグレードが下がってトイレ無しとかザラです。

私も新宿〜仙台間の激安高速バスに乗ったことがあるのですが、お腹が下ってしまい大変な目にあったことがあります。

(もうそれ以来高速バスには載っていません。笑)

実は重要なトイレ!

興奮しているけど、実は冷え切った体が帰りの車中でお腹が下ることもあります。(ひゃ〜)

また、各種ワゴンサービスを利用できるのも良いですね♪

レンタカーやバスだとサービスエリアに寄らないといけなかったり、事前に買い込まないといけなかったり。。。

その手間をワゴンサービスが省いてくれたりします。

 

以上が5つのメリットです!

 

スポンサードリンク

 

デメリット

改めて比較してみると、新幹線を使ったスノボツアーのメリットって結構あるんですよね。

デメリットと言えばやっぱり料金が高いぐらいじゃないですか??

利便性や快適性、何よりも安全性を買うと考えたら安すぎるような気がしますが。。。

私個人としてはデメリットが無い!と言いたいですね♪オススメですよ!

 

 

アクセス良好!駅近のスキー場5選!

fa3000a996bd28794e2d51c828f04e78_s

No1.「ガーラ湯沢スキー場(新潟県湯沢町)|GALA YUZAWA

所要時間:約80分

アクセス:東京〜ガーラ湯沢駅(直通)

ガーラは新幹線とスキーセンターが直結しています。乗り換えや送迎バスどころか、改札を出たらスキー場です。笑

文句無しのNo1!もはやスキー客のためにある新幹線の駅のようなものですね。

ガーラ湯沢駅からゴンドラでGOです!

 

No2.「上越国際スキー場

所要時間:約100分

アクセス:東京〜越後湯沢〜上越国際スキー場前駅(乗り換え1回)

お次は上越国際スキー場です。

こちらは越後湯沢駅で在来線の上越線に乗り換えをしなければいけないですが、3駅なのですぐに着きます。

しかも、上越国際スキー場前駅の名の通り、駅を降りたら目の前にスキーセンターがあるので送迎バスなど待つ必要もなく、こちらもアクセス良好なのでオススメですね♪

 

ここからはバスを使用した最短スキー場です。

バスは運行時刻に限りがあるので、待ち時間なども考慮してください。

 

No3.「湯沢高原 スキー場

所要時間:約85分(無料シャトルバスで2分)

アクセス:東京〜越後湯沢駅〜無料シャトルバス

湯沢高原スキー場は新幹線の越後湯沢駅から徒歩800mの場所にあるので、歩きも可能といえば可能なのですが、ボードなどを持ち込む人は歩きたくないですよね^^;

シーズン中は無料シャトルバスが運行しているので、わずか2分だけですが利用できるものは利用しちゃいましょう!

バスを使いっていくスキー場では最短なので、移動時間も少なく滑る時間も十分確保できますよ♪

 

No4.「NASPAスキーガーデン

所要時間:約85分(無料シャトルバスで3分)

アクセス:東京〜越後湯沢駅〜無料シャトルバス

NASPAも湯沢高原スキー場同様で越後湯沢駅近のためシャトルバスで約3分で到着することができます。

越後湯沢駅近郊はスキー場がたくさんあるので、時間とアクセスの良さに加えて、あとはゲレンデやコース内容で選んでみると良いと思いますよ!

長い距離を滑りたいのか、初心者コースが多いところがいいのかなどもコース情報を見て決めたいところですね♪

 

No5.「湯沢パークリゾート |湯沢パークスキー場

所要時間:約95分(無料シャトルバスで10分)

アクセス:東京〜越後湯沢駅〜無料シャトルバス

湯沢パークスキー場も越後湯沢駅からほど近いスキー場で人気で、ファミリーも多いスキー場です。

バスの乗車時間も約10分なので、そんなに遠くもなく一息ついた頃に到着してしまいます^^

 

**所要時間について**

所要時間は乗車予定の新幹線やバス時刻によって異なるため参考程度にしてください。

当サイトでは、東京〜越後湯沢間を80分に統一した場合の時間を表記しています。

乗車する新幹線によって乗車時間は異なるので予め時間や乗り継ぎの確認はご自身で行うようにしてください。

 

 

以上!

「東京から新潟方面へ新幹線でスノボに行く」なら最も楽なスキー場BEST5のご紹介でした!

 

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top