【市販薬の睡眠導入剤の選び方】種類・副作用・効果からオススメ睡眠薬を見つけよう!

「最近、寝つきが悪いきなあ・・・」「気になることがいっぱいで眠れない」などという経験は誰しもあるかと思います。このような睡眠に関する悩みの根本原因は、精神的ストレスであることが多いようですが、なかなかその原因ストレスを取り除くことは難しかったりします。

そのような時に頼れる1つの方法として、睡眠導入剤がありますが、「副作用が怖い」「どんなに眠れなくても睡眠薬は飲みたくない!」という人も多いかと思います。

しかし、市販の睡眠導入剤(正式には『睡眠改善剤』と言います)は、病院で医師から処方される睡眠薬よりも効果は弱いですが、用法と用量を守って正しく使えば、睡眠リズムを整えてストレスを軽減してくれる優秀なアイテムです。

今回は薬局等で市販されている睡眠導入剤について比較して、どのような睡眠の悩みにどの種類の薬が有効なのかをご紹介します。

市販されている睡眠改善剤の種類とオススメの選び方

いわゆる睡眠導入剤といっても市販されている薬の種類も様々です。そこで代表的な薬剤の種類と効果や副作用を簡単に解説し、代表的な市販薬についてもご紹介しようと思います。睡眠に関する悩みや不安をお持ちの方のお薬選びの参考になれば幸いです。ご自身のタイプに合ったオススメの市販薬を選んでくださいね。

関連記事:「睡眠導入剤の処方は何科?処方してもらうにはどうしたら良い?」

抗ヒスタミン製剤(効果作用・副作用)

風邪薬の主な副作用の1つ『眠気』を上手く利用したタイプの睡眠改善剤です。

風邪薬の服用によって生じる眠気は、薬に含まれるジフェンヒドラミン塩酸塩という成分が作用するために起きます。ジフェンヒドラミン塩酸塩は、脳の覚醒の維持などを行なっている『ヒスタミン』という物質の働きを抑制するため、眠気が生じるという訳です。

身体的な疲労の蓄積による寝付きの悪さなど、一時的な睡眠に関する障害を緩和するのに有効で、風邪薬によって眠気を感じたことがある人には比較的高い効果が期待できます。

市販薬例:『ドリエル』エスエス製薬(指定第2類医薬品)
  • 形状:錠剤
  • 副作用:皮膚のかゆみ、胃痛、吐き気、めまい、動悸、排尿困難、倦怠感など
市販薬例:『ドリーミオ』資生堂薬品(第2類医薬品)
  • 形状:錠剤
  • 副作用:皮膚のかゆみ、胃痛、吐き気、めまい、倦怠感など

ブロムワレリル尿素系(効果作用・副作用)

緊張や不安、イライラした気持ちなどを抑える『抗不安作用』を持つ成分で、風邪薬や解熱鎮痛剤の中にも含まれていることがあります。

神経が興奮している状態を鎮める効果があるので、精神的なストレスで寝つきが悪くなっている場合などには効果的なタイプの睡眠改善剤です。

ただし、依存性があるとの報告もあるため、長期の服用には注意が必要です。

市販薬例:『ウット』伊丹製薬(指定第2類医薬品)
  • 形状:錠剤
  • 副作用:頭痛、めまい、ふらつき、無気力、健忘症、幻覚、錯乱など

スポンサーリンク

漢方薬・生薬(効果作用・副作用)

漢方や生薬の成分には、催眠作用・抗不安作用があるものがあります。(『当帰』『芍薬』『甘草』など)

直接的に疾患の原因や不調を治す西洋医学と違って、体全体を整えることで不調を改善していくという東洋医学の薬なので、即効性は上に挙げた薬よりも劣りますが、「出来るだけ薬に頼りたくない」「穏やかに体質を改善して睡眠も整えたい」という人にはおすすめできる薬です。

市販薬例:『レスティ錠』(大正製薬)
  • 形状:錠剤
  • 副作用:発疹、皮膚のかゆみ、ふらつきなど

 

薬の力を上手に使って生活リズムを整えよう

何かと忙しい現代に生きる私たちは、仕事や勉強に追われて生活リズムも崩れがちです。

しかし、生活リズムの乱れから疲労やストレスが溜まったからといって、仕事の都合などを調整することはなかなか難しかったりします。

そこで、薬の力を上手く利用して少しでも睡眠を整えてあげることで、生活リズムも徐々に改善されていくはずです。

「薬にはちょっと・・・」と敬遠していまうかもしれませんが、正しく用法・容量を守れば、あなたの生活を少しだけゆとりのあるものにしてくれるでしょう。

ただし、睡眠の状態が長期間改善されなかったり、ずっと不眠が続いたりする人は、一度、心療内科などを訪ねて医師の診察を受けてみましょう。

関連記事:「眠りが浅い原因と改善方法5選!寝る前のスマホやストレスにご注意を!」

関連記事:「寝る時に悪夢や轟音で眠れない原因は入眠障害?病気の対処法はあるの?」

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です