小暑と大暑の候の時期は?手紙の時候挨拶文などについて

もうすぐ暑い夏。梅雨が明ける頃になると、ニュースなどで「小暑」だの「大暑」だの耳にすることがあるはず。その時期がまさに【暑中見舞い】と言われる時期なのですが、毎度「暑中お見舞い申し上げます」だけの手紙やハガキではつまらないですよね。今年は季語とか使ってみたりして、少し大人な気分で、大人な文章で手紙を書きたいと思っている方。時候の挨拶を使って季節を感じさせる素敵な文を書いてみませんか?

「書きたいけど書き方がわからない!」

確かに、よく手紙の最初に書いてある難しい挨拶文みたいなの、決まりとかあるのかなって考えると難しいですよね。

そこで今回は「じゃあそもそも小暑、大暑って何だろう?」にお応えすると共に、手紙で使える挨拶文を紹介します!

小暑と大暑とは?

小暑、大暑は、太陽歴を使っていた時代に、季節がわかりやすく工夫した【二十四節気】の中のひとつです。詳しくは以下の記事をご覧ください。

[blogcard url=’http://korekuru.com/24-72/’]

小暑

どんどんと暑さが増してくるという意味があります。梅雨が終わる頃のことを言い、この時期から本格的な暑さになっていきます。また豪雨の日が続く時期でもあります。

この言葉を聞いたら「夏が来る」と思ってください。

大暑

この言葉は梅雨が明けたことを意味するのです。最も暑い時期という意味で使うこともありますが、二十四節気では「これからが夏本番!」という感じで使われています。

 

小暑と大暑の日はいつ?

小暑の日は【7月7日】の七夕頃

大暑の日は【7月23日】

 

小暑と大暑の候の時期や期間

【小暑の候】は七夕から大暑までの期間の事です。

【大暑の候】は小暑が終わり立春までの期間の事です。小暑から数えてだいたい15日目くらいに「大暑」と言い始めます。

小暑、大暑はだいたい7月を現す言葉だということがわかりましたね。この時期がまさしく「暑中お見舞い申し上げます」と書く時期なのです!ちなみにその後、立春以降の8月8日~31日は「残暑見舞い」になってしまいますので気を付けましょう。

スポンサーリンク

時候の挨拶

小暑、大暑の時期がわかったところで、時候の挨拶を紹介したいと思います。

時候の挨拶は、俳句で使われる季語を使用して季節を感じさせる文です。

7月の漢語調(~の候、~のみぎりという形で使われます)

小暑の候、梅雨明けの候、向暑の候、仲夏の候、盛夏の候、大暑の候、真夏の候、炎暑の候、極暑の候、酷暑の候、猛暑の候、灼熱の候、三伏の候など

季節を表す語

梅雨明け、暑中見舞い、海開き、山開き、七夕、天の川、蝉、ビール、盆の入り、孟蘭盆、かき氷など

これだけで「夏だなー」と思える言葉が季語になっていますよね。

 

時候の挨拶の例文

挨拶文は「誰に送るか」で使い分けるよりは、「その時に合った言葉」を選んで作るといいでしょう。全体的に堅苦しいと思う文はなく、また崩れすぎた文もありません。しかしその中でも「これは家族や親しい友達向けかな」と思うような文もあるので、そこは自分と相手の関係によって使い分けてください。

書き出しの文

  • 小暑の候、ご家族皆様お変わりなくお過ごしでしょうか
  • 小暑の候、○○様にはなお一層のご活躍とのこと拝察致しております
  • 大暑の候、暑さもひと押しですが、お元気でいらっしゃいますでしょうか
  • 大暑の候、益々のご繁栄の事とお喜び申し上げます
  • 大暑のみぎり、皆様お元気とのことお喜び申し上げます
  • 仲夏のみぎり、皆様ご機嫌はいかがでしょうか
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 酷暑で食も細くなりがちですが
  • 山開きの頼りが関かれる季節となり
  • 蝉の声が聞こえる季節となりましたが

結びの文

  • 本格的な夏を迎えました。ご家族のご健康をお祈りしております
  • 暑さ厳しき折り、皆様のご健康をお祈り致します
  • 寝苦しい日が続いておりますが、お体には気を付けてお過ごしください
  • 夏休みに帰省されるのを楽しみにしております
  • 暑い日が続いておりますので、お体ご自愛ください
  • 季節柄、お体くれぐれもご自愛のほどを
  • 元気に夏をお過ごしください

 

さっそく手紙を書いてみよう!

以上のことがわかれば、簡単に手紙を書くことができます。

相手が「もうこんな時期か…」と季節を感じられ、楽しんで読めるような文を書くことが大事ですが、手紙を書く側も相手を想い、その様子を想像しながら楽しく書きましょう。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です