【仙台七夕花火2016】日程や場所と時間は?桟敷席と混雑情報も!

仙台七夕花火祭2016の花火大会の概要(日程・時間・場所)や眺めが最高と言われる有料限定席(桟敷席)の事前購入方法について紹介しています。


今年も杜の都仙台の夏の風物詩「仙台七夕祭」の季節がやってまいりました!先行して行われる仙台七夕祭の締めくくりとして8月の第1週目の金曜日に行われる同大会は東北の中心都市で行われるため毎年多くの観光客が訪れることで有名です。

今年の花火大会概要を早速チェックしてみましょう!

仙台七夕花火祭の日程と時間

日程:2016年8月5日(金)

時間:19:00〜20:30

大会会場:仙台西公園周辺

 

花火の打ち上げ場所と打上数

打ち上げ場所:川内萩ホールの敷地

打上数:1万6000発

仙台の夜空を彩る1万6000発は圧巻です!会場近くでの迫力は物凄いことになっていますよ。打ち上げ場所は2014年大会から東北大学百周年記念館(川内萩ホール)の敷地内に変更になっています。

打ち上げ場所の地図

[iframe id=”https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d5001.881430191489!2d140.85377905855393!3d38.260022994632855!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x5f8a2836f9b29275%3A0xe45df197ff9ffb7d!2z5p2x5YyX5aSn5a2m55m-5ZGo5bm06KiY5b-15Lya6aSoICjlt53lhoXokKnjg5vjg7zjg6sp!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1466349427561″ align=”center”]

2014年まで仙台駅前の市街地の境目となる広瀬川の河川敷にある緑地公園で打ち上げられていた場所が変更になったことで打ち上げ高さが高くなり広範囲から楽しめるようになりました。近隣あるいは駅前のビルなどの高い建物内からなどからも観覧できるのが魅力的です。

 

交通状況や混雑具合はいかほど?

交通規制情報はこちらを確認してください。正しい情報が掲載されています。

当日の混雑の中心は西公園周辺となっています。打ち上げ場所の地図をご覧いただいたように会場近くでさらにイベント会場となっており、多くの来場者で溢れかえります。夕方から花火の打ち上げ時間にかけてどんどん人が押し寄せてきます。西公園周囲の道路は交通規制で車は通れませんが、その道路でさえも人で溢れかえります。屋台や出店の中心が西公園であるためどうしても人が集まってしまうのは仕方ないですね。

それでもゆっくり歩けば身動きがとれないほどではありません。ただし、女性のトイレは難敵かもしれませんので、限界になるまで我慢してから行くとトイレ渋滞で大変なことになるかもしれません。近くのコンビニもほとんど同じ状況になることが予測されますのでトイレは注意ですね!

車で行く場合は一番いい混雑回避方法は車で仙台駅前までいかないことですね。地下鉄や在来線も混雑しますが、祭が終わると一斉にドーナツ化現象が起きるためどの道も大混雑となります。近くにお住いの人で車で仙台に行く人は少ないと思いますが、観光で行く方は1つないし2駅となりぐらいに車を止めていくと良いかと思います。交通規制マップを参考にして作戦を練ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

眺め最高のスポットは桟敷席!有料観覧席の購入方法や予約の仕方は?

仙台七夕花火を最高のベスポジで見れる有料観覧席があることをご存知でしょうか?約200万人が訪れるといわれている花火大会はそうありません。西公園近くは人・人・人で溢れかえりますので人混みが嫌だ!という方は観覧席という選択肢もありかもしれませんよ。

桟敷席とは?購入方法や予約は可能?

七夕花火の有料観覧席の桟敷席は打ち上げ場所からほど近い3箇所の桟敷席が販売されています。チケット販売情報は公式サイトで発表されると思いますのでマメにチェックしておくと良いですよ^^

ちなみに2015年は当日の朝でもまだ売れ残りはあったようです。8月5日当日券の購入状況のツイートを参考に載せておきますね。

でも、事前に購入申し込みをしておく方が買える可能性は高いです。去年の販売価格は以下を参考にしてください。

観覧席の種類 販売金額
青葉山交流広場 テーブル席(4名席)

1フード4ドリンク付き

20000円
青葉山交流広場 テーブル席(2名席)

2ドリンク付き

10000円
仲の瀬グラウンド イス席(2〜3名) 12000円
仲の瀬グラウンド イス席(1名) 3000円

桟敷席の申し込み方法は公式サイトで正式に発表されるので以下をチェックしておきましょう!

>>>第47回仙台七夕花火祭(http://www.tanabata-hanabi.jp/)

仙台七夕祭り2016の見どころや祭を楽しむポイント

2016年の仙台七夕花火は第47回目を迎えます。実に歴史のある仙台の夏の風物詩です。

打ち上げ場所近くにある仙台西公園では昼間から様々なイベントや催し物が開催されており飽きさせない仕掛けが満載です。早い人なら朝から、あるいは昼から西公園に繰り出しイベントに参加したり楽しんだりすることができます。ちょっと花火まで休憩という時でも5分も歩けば仙台の街並みやアーケードまで行けるので、時間つぶしの方法も様々です。

中高生ならフォーラスあたりでちょっと買い物したり、友達とカフェやマックでおしゃべりというスタイルですかね。西公園を埋め尽くすほどの来場者はほんの一部で、大会中は西道路や大通りの一部は花火鑑賞用として交通規制がかけられます。普段は味わえない道路の上は場所の取り合いとなることもありますが、こだわらなければどこからでも花火を楽しむことができますよ^^

西公園では花火のカウントダウンイベントが行われるので、ボルテージが一気に最高潮になるので一緒にカウントダウンして楽しんじゃいましょう♪

仙台七夕花火まつりは朝から浴衣で繰り出しても楽しめますが、夕方にはヨレヨレにはだけている女性も多いので動き過ぎには注意が必要です。

スポンサーリンク

仙台七夕花火はこんな感じですよーという動画

カウントダウンからの花火

[youtube id=”8OhxVNseJ8o” align=”center”]

フィナーレ

[youtube id=”NwpZF1igB0U” align=”center”]

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です