思春期早発症とは?原因は何?男女の3症状と2タイプ治療法

141001_6794_09246_333_250

あなたの小学校に1人はいませんでしたか?

周りに比べて、年齢に対して声が低くかったり、胸が大きくて

からかわれていたクラスメート。

実はそれは”思春期早発症”という病気の可能性があります。

この記事は「思春期早発症とは?どんな病気」なのかをご紹介しています。

 

あまり聞いた事ない病気・・。たぶん知っている親御さんもそこまで

多くないのではないでしょうか?

「息子(娘)がちょっと成長早いきがするけど普通?」

そんな風に悩んでいる親御さんに参考になる内容になっていますので

ぜひ参考にしてください♪

思春期早発症ってどんな病気なの?-こんな3つの症状があれば注意!!-

pediatrics_pic03

(引用元:http://www.sanraku.or.jp/)

思春期は、お子様が大人になっていく期間で

男子は筋肉質になり、声変わりし

女子は、皮下脂肪がつき女性らしい体型になる時期のことをいいます。

 

思春期の年齢は個人差はありますがだいたい

女子だとはやくて10歳。

男子だと12歳くらいといわれています。

(思春期の詳しい年齢については思春期の年齢は何歳から何歳まで?をご覧ください)

その年齢よりも2年~3年はやく思春期が始まってしまうのが”思春期早発症”といわれています。

 

思春期早期発症とは、ほとんど無症状です。

なので、気がつかないことが結構あります。

以下のようなことがあれば思春期早発症の可能性もあります。

チェックしてみてください!!

<女子 思春期早発症の3つの主な症状>

  1.  7歳6ヶ月までに胸が膨らみ始める。
  2.  8歳までに、陰毛や腋毛が生える。
  3.  10歳6ヶ月までに生理が始まる。

 <男子 思春期早発症の3つの主な症状>

  1. 9歳までに精巣が3mm~4mmになる。
  2. 10歳までに陰毛が生える
  3. 3.11歳までに腋毛が生えたり、声変わりする。

 

以上のような症状になります。

もちろん、このような症状が出たからといって

思春期早発症とは限りません!

こういう成長は個人差がどうしてもありますので・・・。

 

ただ、もし思春期早発症であれば適切な治療を受けることで

お子様の精神的な負担を招くのを少し軽くしてあげれることができますので

もし少しでも当てはまるようであれば病院で診察を受けてみましょう!!

 

思春期早発症の原因と問題は??

pp01_img01

(引用元:https://www.takeda.co.jp/)

では、思春期早発症には原因があるのでしょうか?

ちょっと見ていきましょう!!

 

思春期早発症の原因

一番の原因といわれているものは

脳の視床下部にある下垂体が早いうちから活動し

卵巣や精巣に働くように指令を送り始めてしまうことが1番の原因といわれています。

 

このタイプは脳内の腫瘍や脳のなんらかの後遺症が影響とされる

”器質性中枢性思春期早発症”と特に脳の検査をしても異常があるわけじゃなく

体質的な問題によって起こる”特発性中枢思春期早発症”の2つのタイプに分かれます。

 

とくに”思春期早発症”の女子の多く特発性中枢思春期早発症”が見られます。

 

どんなことが問題?

早いうちに、思春期に入ってしまうため、身長が伸びず小柄のまま大人になってしまいます。

また、幼いうちに月経やひげなどで、本人の戸惑いやクラスメイトのからかいによる心理的問題も出てきます。

そして、まれですが思春期早発症を引き起こしている病変の確認が必要になる。(脳腫瘍など)

 

いずれにせよ、人より早く来ることで

つらい思いをし悩んでしまい、

挙句の果てには不登校ってこともあります><

なので、普段からお子様の体の変化はないかを見るようにしましょう!!

スポンサーリンク

2つのタイプの思春期早発症それぞれの治療方法★

pp06_img01

(引用元:https://www.takeda.co.jp)

それでは、もしわが子が”思春期早発症”になった場合

どんな治療をしていくのか見ていきましょう!!

 

器質性中枢思春期早発症の場合

もし、頭蓋骨内に腫瘍があった場合は、原因になっている腫瘍を

手術で取り除きます。

もし手術が難しい場所の場合は、抗がん剤や放射線治療を行います。

脳炎の後遺症や水頭症の場合は、薬物療法を行います。

 

特発性思春期早発症の場合

脳の検査で異常が無かった場合は

薬物療法を行います。

 

治療の基礎として使われるのは

Gn-RHアゴニストという注射になります。

この薬は、ホルモンの分泌や合成を抑制する働きがあります。

 

ホルモンだけではなく、骨の成長も抑制してくれるので

思春期適齢期で身長がとまるのを防いでくれて最終的には

正常範囲内の身長になることを期待されています。

 

また、この薬はほとんど副作用がありません!

まれに、注射の影響で初潮をむかえることがありますが

これは薬の影響ですのであまり心配しなくても大丈夫ですよ♪

しかし、骨の成長をとめるので、長期にわたる場合は定期的に

骨密度の検査はしとく必要があります!

 

思春期早発症は、早めに気づいて適切な治療を受けることが

大事になってきます!

治療も先生によって違いますのできちんと診察を受けて

適切な治療を受けて、お子様のストレスを軽減してあげましょう!!

 

★まとめ★

いかがでしたか?

今回はあまり知られていない”思春期早発症”についてご紹介しました!!

 

この病気私も知りませんでした。

この病気あったかもしれない人はいろいろな不安をかかえていたのかななんて思います。

わが子になにか異変があったら迷わず受診するようにしたいですね!!

 

この記事が皆様のお役に立てるとうれしく思います!!

スポンサーリンク

★この記事を読んだ人に人気の記事★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です