健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

【冷え性を改善する5つのツボ】効果的な押し方やポイントを徹底解説!

【冷え性を改善する5つのツボ】効果的な押し方やポイントを徹底解説!

なんかいつも手足の先が冷たい。寒い時に自分の手を触ると余計に凍えてしまう。冷え性で悩んでいる人って多いですよね。ごしごし擦って温めても、温まるのは一瞬です。

冷え性の人には漢方薬がいい、とよく聞くかもしれませんが、できることならお金を掛けたくないですよね。

皆さんは冷えに効くツボをご存知ですか?ツボを刺激することで冷えを改善できることがあります。そしてツボを押すのは無料です。タダなら試すしかないでしょう!

それでは、冷え性に効くツボとその効果的な押し方をご紹介します。

<スポンサードリンク>

冷え性になるのはなぜ?

冷え性の人は季節に関係なく、特に手足の末端、上腕部や大腿部が常に冷えているような感覚があります。冷えの原因は体が冷えて血行が悪くなることです。冷たい物や偏った栄養の摂り方など食生活の乱れで起きたり、生活習慣が関係していることがほとんどです。

冷えが酷くなると、「冷たい」を通り越しジンジンとした熱さを感じることもあります。ですが、これも冷え性の延長なので、決して冷やすことはしないでくださいね。

 

冷え性は体に良くない?

冷え性になると言うことは、血流が悪くなると言うことです。血液はさまざまな栄養や細胞、水分を全身に届ける役割をしています。その機能が低下してしまうので、病気になりやすくなったり、体調を崩す原因にもなり兼ねません。

 

冷え性改善に効くツボと効果的な押し方

手足の冷えに効くツボは全部で5つあります。それぞれ効果のある押し方があります。

IMG_5881

(画像引用元:http://asitubo.harmonyshou.com/2008/03/post_3.html)

IMG_5880

(画像引用元:http://asitubo.harmonyshou.com/2008/03/post.html)

スポンサードリンク

三陰交(さんいんこう)

脛がある位置の内側、くるぶしから指4本分上の部分

押し方:少し痛いと感じるくらいの力で、左右の親指を重ねて押します。息を吐きながら10秒間押し、息を吸いながら10秒間離します。お灸を置くとより効果的ですが、温かいシャワーをかけながら、湯船に浸かっているときなどに刺激するのもいいでしょう。

太谿(たいけい)

場所:くるぶしの頂点から、アキレス腱の方になぞるとある、少し凹んでいる部分

押し方:リズムよく軽く押します。息を吐きながら3秒押し、息を吸いながら3秒離す、を数回繰り返します。

八風(はっぷう)

場所:親指から小指までの指の割れ目、付け根の部分

押し方:親指と人差指で挟むようにツボを押します。上下につまんで強めに押す、揉む、引っ張る、を繰り返します。1ヶ所に付き10回程度行うと良いでしょう。

1ヶ所ずつ行う時間がない時は、足の裏に手を回して、足の指の間に手の指をそれぞれひっかけます。この時奥まで差し込み足の指の間が刺激されるようにしてください。そのまま足首をグルグル回します。これで全ヶ所を刺激することができます。

太衝(たいしょう)

場所:足の甲、親指の骨を下になぞっていくとある人差指の骨とぶつかる部分

押し方:親指を使って揉むように押します。息を吐きながら3秒押し、息を吸いながら3秒離します。湯船に浸かりながらリラックスした状態で行ってください。

勇泉(ゆうせん)

場所:足裏、土踏まずの少し上で親指のコブの下部分

押し方:しっかりと強く押します。両手の親指を重ねて、息を吐きながら3秒押し、息を吸いながら3秒離します。足が温まっている状態、お風呂上りなどに指圧するのが良いでしょう。ゴルフボールくらいのボールを踏んで刺激するのも効果的です。

ツボはエステやマッサージと同じで、代謝を上げてから刺激する方が効果的です。お風呂に入ったり、軽くストレッチをするなど体を温めてから行うと良いでしょう。

 

ツボマッサージで冷え性を改善しよう!

ツボは冷え性以外の症状にも効果があります。しかし、体調が悪い時には控えてください。特に妊娠中の人は、刺激してはいけないツボもあるのでやめましょう。

体の芯から冷えるような感覚、どうにかならないかなと悩んでいた人も、これを機に改善できるかもしれません。お金がかかる事よりもまず、ツボのマッサージをぜひ試してみて下さい。

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top