健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

子供のプール熱の症状や潜伏期間は?大人の症状は軽い?

子供のプール熱の症状や潜伏期間は?大人の症状は軽い?

プール熱は毎年子供たちの間で流行する夏風邪の一種で、典型的な風邪の症状が出るプール熱は、強い感染力があるので毎年注意していても、気づいたら感染している事も少なくありません。

今回は子供が感染するプール熱とはいったいどういう病気なのか? どんな症状があるのか? そして感染経路や潜伏期間についてを、わかりやすく解説していきます。

<スポンサードリンク>

子供の夏風邪のプール熱はどんな病気なのか?

f0c51324b2101dae82198543467c166e_s

プール熱というのは「アデノウイルス」というウイルスに感染する事で発症します。

正式な病名は「咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」といい、夏場、プールに入って感染する事が多いため、プール熱という呼び方をする感染症なのです。

感染経路はプールだけではなく、飛沫感染や接触感染や糞口感染などによっても感染してしまいます。

非常に感染力が強く症状もかなり重くなる子供もいるので注意が必要です。兄弟がいる場合には感染してしまう可能性が高いので、家族全員が二次感染に気をつけたい病気なのです。

では感染するとどのくらいの潜伏期間で発症し、どのような症状があるのかをお話ししましょう。

 

プール熱の潜伏期間と気になる症状は?

28d031e86945f78151fc875a9d3f5e51_s

どんなウイルスも感染してすぐに発症するわけではありません。プール熱の場合は感染してから5日~7日くらいの潜伏期間を経て発症します。

プール熱が発症すると、まず喉の痛みをうったえる子供が多く、発熱などの症状も同時に現れます。

発熱は38度~40度くらいの高熱が2日~3日ほど続くので、小さな子供が感染するとママとしてはかなり心配になってしまうものです。(「子供の夏風邪の原因となる3大病気」の記事を参照)

この頃に喉を見ると真っ赤に腫れている事が多く、さらにが出て目の裏を見ると真っ赤になっている事も多いようです。

中には下痢をする子供やまれに鼻水が出る子供もいるようです。目ヤニが出るのもプール熱の特徴的な症状ですね。

ご紹介した症状すべてが一度に出るという事もあれば、この中のいくつかがあらわれる場合もあります。

スポンサードリンク

プール熱に感染したら病院へ! そして学校はお休みです!

a14d7884baa5eeb34b9dba91d2447e1c_s

前回ご紹介したように、プール熱のほかにも子供の夏風邪はあります。詳しくは前回の記事『【夏風邪の対処法】子供の熱が下がらない!長引く咳や高熱にママはどうしたら良い?』もご覧ください。

実は子供の夏風邪の中でプール熱に感染した場合は学校や幼稚園などに行く事はできません。その理由は「プール熱は第2伝染病指定」となっているからです。

症状がなくなって2日間ほどしてから登園・登校しなくてはならないとされているので、病院でプール熱なのか他の夏風邪なのかを診断してもらう必要があります。

そのためには病院に行く必要があります! 病院に行く方がいいもう一つの理由は高熱があるからで、喉の痛みで飲み物を飲めない子もいるので、病院に行った方がいいのです。

この時プール熱だった場合は学校や園に連絡しておくといいですね。

 

大人はプール熱に感染しないと思ったら大間違い!

c2fd386788d3a75f5e322ecd70d44815_s

プール熱は子供だけではなく大人も感染します。もちろん子供の場合よりも大人の方が症状が軽く「体調悪いな」くらいにしか思わない方もいるようです。

ただ、二次感染を起こすので他の家族に感染させないために、タオルや食器類に洗濯などは別にしておくといいでしょう。

ほとんどの大人は子供の世話をしていても、免疫力が高ければ感染しない事も多いようですが、疲れていたり免疫力が下がっている場合などには感染に気をつけるべきでしょう。

子供の中には下痢をしたり嘔吐する場合があるので、片付けや洗濯をする時にはビニール手袋を付けて処理をし、手は必ず丁寧に洗うなどをするといいですよ!

 

プール熱で注意するいくつかの事

c73f415c4ed7a8a67cb1663aaf21fb36_s

プール熱に感染すると高熱が出て喉の痛みも強く出て食事や補水をするのが難しくなるので、脱水症状には十分に気を付けてあげましょう。

もしも喉の痛みや高熱が下がらない時には、病院で解熱剤を処方していただくのもいいでしょう。大人の場合も症状が軽いからと馬鹿にしてはいけません。

中には胃腸炎、急性呼吸感染症、出血性膀胱炎、流行性角結膜炎といった感染症を併発する事もあるようですので、免疫力が下がらないように栄養のあるものを取るようにしましょう。

治療方法としては自然治癒が基本なので、早くウイルスを追い出せるように安静にするのが早く治るコツかもしれません。

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top