健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

パフェとサンデーの違いはデザートの生まれた国の違いだった!?

パフェとサンデーの違いはデザートの生まれた国の違いだった!?

デザート選びは楽しい悩み事。アイスも食べたいけどフルーツも、生クリームもいいな、チョコレートも…. なかなか決めかねることもありますよね。こんな悩みを解決してくれる完璧なデザートといえば、『パフェ』でしょうか?パフェもいいけどサンデーも豪華… でもこの二つどう違うのでしょうか?

<スポンサードリンク>

パフェとは

パフェは1900年代前半にフランスで生まれました。フランス語の「Parfait」発音 :パルフェ 意味 :完璧な が語源で、完璧なデザートといわけです。

当時フランスのパフェは卵黄に砂糖や生クリームを混ぜて凍らせたアイスクリーム状の冷菓にホイップクリームやフルーツ、ナッツ類をあしらいました。器はお皿だったり、グラスだったり。現在ではアイスクリームのベースにコーンフレークや生クリーム、フルールをあしらい、背の高いグラスに盛り付けられています。イチゴやベリー等のフルーツもトッピングされアイスクリームと同じほど種類も豊富です。

 

フランスでパフェというと

アイスクリームがベースで焼かないデザート

と定義されています。

スポンサードリンク

サンデーとは

サンデーは1890年代にアメリカで生まれました。英語の「 sunday」「日曜日」 の綴りをもじってSundaeと書きます。キリスト教で『主の安息日』である「日曜日」と同じ名前を付けることに反発が起こり、発音は同じでも綴りを変えてごまかしたとか。ガラス容器やコップにアイスクリームにシロップ、ポイップクリーム、サクランボのシロップ漬けなどが乗っています。

 

アメリカンパフェとは

サンデーを背の高いグラス(パフェグラス)に盛り付けたものを『アメリカンパフェ』と呼ぶそうです。

 

パフェとサンデーの違いまとめ

生まれた国が違うのでそれぞれ名前が違いますが、デザートとしてのコンセプトは同じです。

パフェとサンデー、

商品のイメージや雰囲気、器の高さなどで『パフェ』になったり『サンデー』になったり。でもこの二つに大きな区別はないようです。『完璧』な『パフェ』は豪華な雰囲気で、『日曜日』の『サンデー』は休日のリラックスしたイメージですね。フランスとアメリカのイメージにも沿っている気がします。この二つ同じものといえますが、外せないポイントはアイスクリームとホイップクリーム。そしてゴージャスな盛り付けで私たちを楽しませてくれること。

 

古くから乳製品を消費している両国ですから、こんなクリームをたっぷり使ったデザートが誕生したのもわかりますね。

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top