「おにぎり」と「おむすび」の違いや語源は歴史が教えてくれる!

ママも助かるお弁当のアレを皆さんは何と呼びますか?「おにぎり」それとも「おむすび」ですか?スーパーやコンビニにも並んでいますが、メーカーにより商品表示名にはばらつきがありますね。

筆者の個人的な意見はというと、「おむすび」は古い言葉で「おにぎり」は比較的新しい言葉と感じており、どちらも違いはなくてご飯を握ったもの。「おむすびころりん」の影響もありますが、なんとなーく子供向けには「おむすび」という言葉が使われて、「おにぎり」は大人向けというイメージもあります。

実際の違いはどうかというと、、、。

海苔の巻き方・形も関係ない!

「おむすび」と「おにぎり」の違いについて色々と調べてみると丸型や三角型のおにぎり、海苔で白飯を全て包むか部分的に包むかなどによる違いは特になくどちらも「おむすびでありおにぎり」のようです。

 

おにぎりとおむすびの明確な違いは歴史にあった!

おにぎりとおむすびの語源は奈良時代にまで遡ることになります。書物として記録に残っているのが最古の物が「古事記」と「常陸国風土記」であり、「握飯」と「産霊」という言葉がそれぞれ使われています。

「握飯」は「にぎりいい」と当時は呼ばれており、江戸時代に「にぎりめし」と呼ばれるようになり現在の「おにぎり」に至ったとされています。こちらの意味は「ご飯を握る」という動作が語源になったもの。

一方「産霊」は「ムスヒ」と呼び、「おむすび」の語源となった言葉です。農業の神として崇められていた神産巣日神(かみむすびのかみ)に由来し、おむすびは神の名前に由来する神聖な食べ物だったのです。古代の日本では米には神が宿るとされ、米を結ぶことで霊力を取り込むとされたのが語源だそうです。

こういった語源を知ると「おむすび」と「おにぎり」の見方が少し変わりそうですね。

スポンサーリンク

地域による呼び方の違い

現在は地域差もなく同じような意味でおにぎりやおむすびという言葉が使われていますが、傾向としては東日本では「おむすび」が西日本では「おにぎり」という言葉が使われるそうです。

筆者は東日本出身ですが、状況によってどちらも使いっています。もしかすると西日本の方からすると「おむすびなんて言葉は使わない!」と思われるのかもしれませんね。

あなたの地域では「おむすび派」それとも「おにぎり派」でしょうか?

 

結論:両者の違いはないに等しい

語源の違いはあれど明確におむすびとおにぎりを区別することはできないというのが現状の答え。個人の価値観や表現の仕方によって自由に使って問題なさそうですね。

「おむすびは可愛い」「おにぎりはカッコイイ」「まんまるなのがおむすび」「三角形がおにぎり」などご自身やパブリックイメージで使用しても何の間違いもありません。

今回紹介した内容はウンチクとして頭の片隅に置いておくと何かの役に立つかもしれませんね。

【明太子とタラコの違いはない?辛さ・色・語源の違いはあるの?】

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★