マイナンバー制度のキモとなるかもしれないマイナポータルってどんなもの?

マイナンバー制度の運用開始の1年後、平成29年1月からの開始が予定されている「マイナポータル」その名前はなんとなく聞いたことはあっても、どういうものなのかよく分からない、という方も多いと思います。

しかし、このマイナンバー制度が本当に国民にとって便利なものになるかどうかはこのマイナポータルが握っているともいえるのです。

マイナポータルとは

 

そもそもマイナポータルとは、国が提供するマイナンバー制度での、インターネットを使った情報提供サービスのこと。
利用開始の時点でできることは、自分のマイナンバーがいつ、どことやりとりされたのかを確認できたり、また行政機関が自分のマイナンバーによってどんな情報を保有しているのかも確認できるようになっています。

そして、行政機関から個人へのお知らせも受け取ることができる、となっています。

 

 

どこが便利なサービスなの?

 

ただ、これを聞いたところで、マイナポータルのどこが便利なの?別に使わなさそう…と思うのも無理はありません。
これはマイナポータルによってできることのほんの最初の一歩にすぎません。

今後、検討されている機能として、健康保険料などの社会保険料や、自動車税、住民税などの税金の支払いがマイナポータル上で可能になり、また確定申告なども行えるように検討されています。

 

スポンサーリンク

 

ワンストップ機能

 

また、ワンストップ機能という、複数の行政や民間企業にまたがった手続きやサービスが受けられることも。例えば、引っ越しの時の住民票の異動から、社会保険、税金、さらには電気・ガス・水道・電話の移転手続き、郵便の転送届まで全てをこのマイナポータル上で一括でできる可能性があるのです。

 

 

一見便利のようにも思えるが。。。

 

こうした、今まで多くの窓口にそれぞれ申請したり手続きしなくてはいけなかったものが、こうしたことでかなり便利になります。

ただ、これだけ便利になるとやはり怖いのがなりすまし等の不正アクセスです。セキュリティ面は大丈夫なのか、心配ですよね。

 

 

セキュリティ管理方法

 

そこで、セキュリティを高めるためにマイナポータルにログインする際にはマイナンバーを入力する形ではなく、個人番号カードに格納された電子情報とパスワードを組み合わせてログインする方法を採ることが検討されています。

つまり現在考えられている方式では、マイナポータルを利用するには、個人番号カードが必要になる、ということになります。

また、パソコンを持っていなかったり、使えない方のために公的機関への端末設置が予定されています。

そして将来的には認証方法等のセキュリティがクリアされればですが、スマートフォンやタブレット端末から利用も検討されています。

 

 

さいごに

 

まだまだ、利用範囲は検討中が多く、現時点ではどこまで便利になるのか分からないこのマイナンバー制度ですが、利用するためにはとりあえず個人番号カードは申請しておくべき、ということだけはいえるでしょう。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です