ついに現れ出したマイナンバー詐欺、その手口とは?

いよいよ始まったマイナンバー制度。通知カードの配達の時点でゴタゴタしていますが、そんな中、案の定という感じでマイナンバー詐欺もすでに発生しています。今回はその手口の一部を紹介していきます。

 

注意!よくあるマイナンバー詐欺の手口

 

まずなんといっても最も悪質なのが、現金をだまし取ろうとするマイナンバー詐欺です。主に高齢者を狙い、電話または訪問してきて、役所の職員や公的な機関を名乗り、「あなたのマイナンバーが流失しているようだ。取り消すには手数料が必要」と騙ったり、「寄付を募っているのですが、今ならマイナンバーを貸してくれれば簡単に寄付ができます」と電話がかかってきて、その後、寄付をした先の公的な機関を名乗る者から「マイナンバーを他人に教えるのは犯罪だ」と言われ、現金数百万円を渡してしまった、という事件が実際に起こっています。

 

このように複数の人間が登場人物として出てきて、芝居のようにストーリーを作り、狙った人を複数人で巻き込んで騙す方法は内容が非常に手が込んでおり、あまりよく知らない高齢者などはパニックや思考停止になって思わず支払ってしまうことも考えられます。

 

 

その他の詐欺パターンにも警戒を!

 

また、直接現金を騙し取ろうとする以外にも、マイナンバー調査のアンケートなどを装って、家族構成や資産状況などの個人情報を聞き出そうとする手口も出てきています。

 

恐らくこれで手に入れた情報を使って、振り込め詐欺などの別の手口で利用としていくことが考えられます。

 

他にも、マイナンバー制度が始まるということをきっかけにして、「国に口座残高が分かってしまい、このままだとたくさんの税金を取られるから、今のうちに純金にして隠しておいたほうが良い」などといって、商品を買わせようとする手口も報告されています。

スポンサーリンク

 

詐欺被害に遭わないための対策や予防方法

 

こういった詐欺の被害に遭わないためにも、まずは「マイナンバーについて役所や機関が電話で知らせたり、逆に聞いたりすることは一切無い」ということをしっかりと認識しておくことが大切です。

そして自分だけでなく、親や親類にも気にかけるのも大事なことです。なかでも「自分のマイナンバーを教えること自体は犯罪ではない」ということに気を付けていないと、うっかりマイナンバーを教えてしまったら、その後に「マイナンバーを他人に教えたのは犯罪です」と不安をあおって騙そうとしてくることがあるので、決してパニックにならずに、万が一マイナンバーを教えてしまっても対処できるように話し合っておくべきでしょう。

 

 

しばらくの間は要注意!

 

そして、このような怪しい電話や訪問があった場合は、他でも同じような被害者が出ないように、必ず国のマイナンバーコールセンターか最寄りの警察へ相談してください。

マイナンバー制度は、詐欺師たちにとっては絶好のチャンスです。しばらくは気を抜かずに家族や職場、地域で注意を呼びかけあっていきましょう。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です