健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

お風呂のカビ取りには何が効く?-天井/ゴムパッキンのカビをキレイに落とす方法

お風呂のカビ取りには何が効く?-天井/ゴムパッキンのカビをキレイに落とす方法

お風呂のカビは、きれいに掃除してもすぐにまた発生してしまうものです。特に掃除のしにくい天井とゴムパッキンの中は、普段の掃除ではなかなか手の届きにくい場所です。天井に市販のカビ洗剤スプレーをかければ、洗剤が垂れてきて危ないですし、ゴムパッキンを毎日掃除するわけにもいきません。かといって、放置するわけにもいきません。そこで今回は、お風呂で特に気をつけたい場所のカビ対策について紹介します。

<スポンサードリンク>

カビが何度も生えてくるのはなぜ?退治には何が効く?

kabi02

カビは、真菌類の一種で、微生物です。カビ自体は、洗剤を吹きかけることで死滅します。なぜカビが何度も生えてくるのかというと、どんなに掃除しても手の届かない場所にほぼ必ずカビが残るからです。ユニットバスであれば、浴槽のエプロンを外したところに潜んでいたりします。また、ユニットバスでないお風呂でも、構造上掃除することが不可能な場所に生えてしまうからです。したがって、一度カビを全滅させたからといって、二度とカビが生えないということはありません。水分、20~30度の温度、石鹸かすや体を洗う際に出る皮脂などの養分さえあれば、何度でも繁殖してしまうからです。ですので、できるだけカビを生えさせないためには、繰り返しの対策が重要なのです。

カビは、各種洗剤で死滅させることができますが、台所で使っているような塩素系漂白剤や消毒用エタノールも有効です。塩素系漂白剤を使用する場合には、水で薄めてから使います。

 

カビ掃除のNG行為

kabi03

カビを落とすとき、ブラシなどでゴシゴシこすってはいけません。ブラシでこすると、お風呂場に微細な傷をつけてしまうことになり、その傷の隙間にカビが生えてしまいます。そうなると、カビは落としにくくなるうえにほぼエンドレスで生えてきてしまうのです。ですので、カビを落とす際にはこすってはいけません。

実はカビは水で流すこともできます。特にユニットバスの場合、使われている材質がつるつるしているものが多いため、水の力で流すことも可能なのです。お風呂がユニットバスでない場合は、洗剤を吹き付けたり、重曹や小麦粉などを洗剤に混ぜてペースト状にしたものを塗りつけるなどで対処するようにしましょう。

スポンサードリンク

ゴムパッキンのカビ対策

kabi04

先ほど述べたとおり、カビはブラシでこすってはいけません。しかし、すでに何度もブラシでゴムパッキンをこすってしまったという方もおられますよね。その場合、

①まず薄めた塩素系漂白剤をカビにスプレーする

②ペーパータオルをその上にかぶせ、密着させる。その上からさらに塩素系漂白剤をスプレーする。

③その上からさらにサランラップをかぶせ、1時間待つ。

④時間が経ったらラップとペーパーを取り除き、流水をかける。

⑤柔らかい布で残った水分を拭き取り、乾燥させる。

以上の作業を週1回のペースで繰り返してみましょう。それでもカビが頻繁に生えてくるのであれば、塩素系漂白剤をカビ落とし専用洗剤に置き換えて繰り返します。

 

天井のカビ対策

kabi05

天井のカビは、長い柄のついた掃除用具や、フロアモップにスポンジをつけたものを用います。

①柄のついた掃除用具のスポンジ面に、薄めた塩素系漂白剤をつける。

②天井全体に塗布する。このとき、カビのある所から塗るのではなく、カビのないところから塗布するようにし、カビのある所は最後に塗る。隅っこは、柄の角度を変える、あるいはスポンジの側面を使って塗るようにする。

③5~10分待ち、今度は固く絞った雑巾を柄の先にのせて天井を拭く。

天井全体にカビが広がっているという場合は、

①柄のついた掃除用具のスポンジ面に、塩素系漂白剤に重曹と水を加えてペースト状にしたものをつける。

②天井全体に塗布し、5~10分ほど待つ。

③シャワーの冷水をかけて落とすか、濡れた雑巾を柄の先にのせて拭い、その後、固く絞った雑巾で拭きあげる。

 

まとめ

kabi06

結局カビは何度でも生えてくるものなので、手が届きにくい範囲のお風呂掃除は、週1回程度で繰り返すようにしましょう。これによって、カビのないきれいな状態を保つことができます。

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top