湿気対策で梅雨の部屋を快適に!自宅で簡単に湿度を下げる方法7選!

…梅雨。連日雨が降り続いて、お部屋の中には乾かない洗濯物がたっぷり。

そうすると、

「あら?窓が結露してる…。」

「床がなんだかベタベタ…。」

「体もベタベタ気持ち悪い…。」

「あーー!!もうイヤーー!!」

ジメジメしたお部屋、嫌ですよねー。あなたもお困りじゃありませんか?

私は毎年悩んでます。5月の中旬あたりから「そろそろ梅雨か…」と軽いうつ状態

ジメジメしたお部屋の環境を快適なものにするためには、部屋全体にたまった湿気を上手に外へと逃がし、湿度を下げることが重要となります。

 

そこで今回は、なるべくお金をかけず、自宅にあるもので簡単に出来る湿気対策を、厳選してお届けいたします。

その前に、まずは湿度の上がってしまう原因諸悪の根源を知ることが大切。

◇ジメジメ!自宅が不快に!湿度が上がる原因とは

ジメジメの原因、なんだと思います?

一番簡単に思いつくのは、雨降り後の湿気。

それから、お風呂に入った後の浴室や洗面所、台所などの水回り、なんかがパっと頭に浮かぶんじゃないでしょうか。

筆者が調べてみたところ、他にも室内の観葉植物・人間の呼吸、なんてのが出てきました。予想外ですね…。

私たちは普段の生活の中で、呼吸をする以外にも、毎日のようにシャワーを浴びたり、料理をしたり、干したふかふかのお布団で寝て汗をたくさんかいたり…と活動をしています。

これらの活動の量を 生活量 と言うんですが、その生活量が多いほど湿気の量もそれに比例して増えるんだそうです。

毎日のように雨がザーザー降ってる梅雨の時期なんて、湿気の量が半端じゃありません!!

上記のような事柄が重なって、「あー!!ジメジメして最悪!!」という事態につながるのです。

様々な原因が分かったところで、遅ればせながら湿度を下げる方法をご紹介しますね!

◇簡単!湿気対策!湿度を下げる7つの方法

みなさん馴染みのものを、梅雨を吹き飛ばすスーパーマンにしましょう!

「あら、これならすぐにできそう♪」そんな方法ばかりです。

難しいことは1つもありません。それでは、どうぞ!

 

其の1:新聞紙を使う

共働きだったり、外が雨だったりで、外干し出来ないから室内干し!なんて時も、新聞紙があれば何とかなります!

新聞紙には除湿効果があるので、ちょっとクシャクシャっとして洗濯物の下に置いておくだけで、グーンと湿気を吸い取ってくれるんです!

洗濯物の下に置くだけでなく、クローゼットに敷いたり、雨でぬれた靴の中に丸めて入れておいたりしても除湿効果を発揮してくれます。

新聞紙、「何かに使えるかも…」と、捨てずに取って置いてあるご家庭は結構多いのではないでしょうか。

ぜひ梅雨の時期に活用して欲しいですね♪

 

其の2:木炭を使う

炭にも除湿効果が!

バーベキューする時に使ったり、冷蔵庫やシンク下を消臭する為に入れておくイメージでしたが、他にも使い道があったんですね!

その使い方は、お部屋に置いておくだけ。これだけです。

でもやっぱり炭なので、手で持ったり床に直置きすると汚れます。

試そうと考えた方は、その点にご注意ください。

見た目もそのままだと「え…、炭がなんで部屋に?」と、遊びに来たお友達にいぶかしがられると思いますので、何かオシャレな空き箱に入れて置いておけば、ちょっと可愛いインテリア風に…

……なるか?(笑)

 

其の3:重曹を使う

お掃除グッズの定番重曹にも、除湿効果があるそうです。意外でしょう?

空いている容器に重曹を入れて、キッチンペーパーなどでフタをし、中身が  こぼれてしまわないよう、テープでぐるーっと止めるor輪ゴムで止める。

キッチンペーパーに、ようじなどでぷつぷつっと空気穴を開ける。で、完成!

小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、誤って口に入れてしまわないように、必ず対策して下さいね。

しばらく置いておくと、湿気を吸った重曹がボソボソっと固まってきます。

湿気を吸い取っているサインですね!

そして、その固まってしまった重曹は、ぬるま湯に溶かすと、キッチンなど水回りのお掃除用として使えます。

成分も、とってもエコロジー。

全体的な除湿効果は低そうですが、重曹があればいくらでも作れるし、各部屋に設置可能ですし、最後まで使えてしかもエコなので、個人的には1番オススメです。

湿度を下げる為に、一役買ってくれることでしょう。

 

 其の4:珪藻土(けいそうど)を使う

珪藻土って聞いた事ありますか?

藻類の一種で、珪藻の殻の化石からなる堆積岩です。

筆者も今回初めてその名を知りました。この珪藻土、すごいです。

まず消臭効果、そして吸湿効果、さらに自浄効果まであるんだそう!

まさに万能選手ですよね!

珪藻土の調湿効果で、湿気の多い時期や、はたまた冬のような乾燥する時期でも、常にお部屋を快適にしてくれます。

ただコレ、主に工業用で、住宅の壁材として使われているのだそうです。

DIYが得意な方は、珪藻土の壁材がお取り寄せできるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。思い切って珪藻土入りの壁材にリフォームしちゃうなんてのも1つの手ですよ。

ちなみに、珪藻土を使った置き型タイプの可愛い小物やバスマット、シートなど、関連製品が色々ありますので、気になる方は検索してみて下さい♪

スポンサーリンク

其の5:扇風機を使う

扇風機は、使い方によってはすごい力を発揮してくれます。

まずは換気したい部屋の窓を数センチ開けその前に扇風機を置く。

対角線上の窓も少し開けるそして扇風機を稼働する…以上!

すると外の風が扇風機に引っ張られて、対角線上の窓まで流れ、その部屋に風の通り道が出来上がるんです!

雨が降っている時でも有効ですよ。

まったく閉めきってしまうよりは、少し窓を開け、扇風機で風を動かしてあげると快適に過ごす為に良いんですね。

ただし、雨上がりは地面が気温で温められ、蒸発した水分で湿気てしまうので、部屋の湿度まで上がってしまいます。

ですので、雨上がりにこの方法はNGです。ご注意ください。

ちなみに扇風機は、1か月使用しても数百円で済むそうですよ!経済的!

洗濯を干す時に、扇風機と①の新聞紙戦法を併せて使うと早く乾きます

 

其の6:除湿器を使う

除湿器は持ち運びが簡単、エアコンより電気代が安いというメリットがグー♪

価格は1万円以下の物もあれば、5万円近い物まであり、性能もピンキリ。

除湿器は毎年4月に新製品が発売されますが、梅雨に入り、需要が高まるのと同時に価格も上がりますので、梅雨シーズンに向けて早めの購入を検討されるのがベストだと思われます。

もうお持ちの方は梅雨に向けてメンテナンスを。

これから買われる方は、ご家庭に合った性能の除湿器を探してみて下さいね。

 

其の7:エアコンを使う

最終的に行きつくのはエアコンです。エアコンのドライ機能(除湿)に勝るものってあるんでしょうか?

電気代は他の除湿家電よりお高めな気がしますが、昔ほどは高くないですから、

「電気代がちょっとばかし高くたって気にならないもん!」という方には断然オススメです。

梅雨時期は毎日ジメジメ・ジトジトしていて、毎日でもエアコンに頼りたいくらいなんですよね~本当なら…。

ただ、やっぱり、電気代とにらめっこになっちゃうんですよね(涙)

皆さんのご家庭に合わせて使い分けてください。 

 

◇今年の梅雨は快適に過ごそう!

いかがでしたでしょうか!

湿気対策、今からでも出来そうなこと、見つかりましたか?

  • 扇風機を使った換気方法を実践
  • 除湿グッズを使う・手作りする
  • 電気代の低い除湿家電を使う
  • 困ったら最後の手段エアコンを使う

まとめてみると、なんだかすぐに実行できそうな事ばかりですよね!

ちなみに筆者宅では、水とりぞうさんを切らしていたので、重曹の除湿グッズを手作りして、寝室や洗面所に置いてます!

設置してまだ数日ですが、洗面所の窓の結露が気にならなくなりましたよ。たまたまかも知れませんが、驚きです!

みなさんも、自分で出来そうなことから始めてみて下さい。

梅雨が明ければ夏は目前!ほんの短い間の湿気対策です。

ストレスなく上手に乗り切りましょう!

そして大切なご家族と、さわやかな梅雨を過ごせると良いですね♪

 

それでは!

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です