耳垢が湿っている原因と改善方法!片方だけ?ワキガや多汗症だと湿るって本当?

湿った耳垢、すぐに耳が聞こえにくくなるし、匂いも気になる・・・「これって治せないの?」と悩んでいる人も多いかと思います。

今回は、そんな湿った耳垢の原因とその改善方法についてご紹介します。

自分の耳垢のタイプや種類はどれ?

実は耳垢が「湿っている・乾いている」というのは、遺伝形質の一つで、基本的には生まれつきの体質です。そのため、本的な原因の根絶は難しでしょう。

日本人のほとんどが「乾燥タイプ」で、「湿りタイプ」の人は1割程度だと言われています。ちなみに、世界的に見ると「湿りタイプ」がほとんどのようです。

湿っているタイプの中でも

  1. 水あめのようなベトベトしたタイプ
  2. パン粉のように油っぽい粒タイプ
  3. パイシートタイプ(油っぽいけど剥がすとするっと取れる)

というように、様々なタイプがあります。どれも、「油っぽい」というところがポイントです。

ただ単に、お風呂上がりや運動後に湿っているのは、「耳垢が湿っているタイプ」ではありません。

 

ワキガ・多汗症との関連は?

実は、研究により湿ったタイプの耳垢の人には、『ワキガ(腋臭症)』を発症している人が多いことが分かっています。

これには、脇の下に多い汗腺『アポクリン汗腺』が関係しています。そこから分泌する液が分解して臭いを発するため、このアポクリン汗腺が多いと分泌液も多くなり、『ワキガ』ということになります。

耳垢の湿りは、耳付近にあるアポクリン汗腺と皮脂腺から分泌される分泌液の湿りなので、ワキガの人は耳垢が湿りやすいと言われるわけです。

ただ、耳垢が湿っているタイプだからといって、必ずしもワキガだとは限りません。最終的には専門医の判断ですので、気になる方は病院を訪ねましょう。

では、『多汗症』との関係はどうなのでしょうか。

通常、多汗症に関わる汗腺は『エクリン腺』という、アポクリン汗腺とは別の部分です。エクリン腺は外耳にはないので、多汗症と耳垢の湿りは関係が薄いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

耳垢の湿り、改善方法は?

それでは、耳垢の湿り気を改善する方法はないのでしょうか?

耳垢の形質は遺伝なので、根源的に改善することは難しいですが、「マシにする」いくつかの方法があります。

  1. 食事を改善する。
  2. 耳を密閉することを避ける。

まず、1.についてです。アポクリン腺から分泌される汗の成分は皮脂やタンパク質からできています。ですから、油分やタンパク質、つまり揚げ物や肉などを食べ過ぎないようにすることで、アポクリン汗腺からの皮脂分泌を減らせることが期待できます。

また、2.についてですが、やはり耳の密閉によって、外耳道の湿度が高くなってしまいます。なるべく耳を密閉せず、乾燥させるようにしましょう。音楽を聞いたりPCで作業をする時などに、ヘッドフォンなどを普段使用する人は、イヤフォンに 切り替えてみると良いでしょう。

また、お風呂上りは耳の中が湿っている状態ですので、タオルで水分を取ったり、ドライヤーの「冷風モード」で耳の中に送風して乾燥させるのもオススメです。

 

悩んでいるなら専門家へ!

日本人には少ない「湿った耳垢」ですから、ただでさえ人と違うことに不安になると思います。

さらにワキガの可能性も・・・なんて言われると、外に出るのも怖くなりますよね。

少々の湿り気の場合ならば、ワキガの可能性は低いですが、心配しすぎると、緊張による「多汗症」になってしまうこともあります。

一人で悩まずに、まずは気軽に専門のクリニックや病院に行ってみてください。

最近では、様々な治療法が用意されているクリニックが多くあります。HP等で詳しい治療にかかる費用なども掲載されているクリニックがほとんどです。口コミ等も参考に自分に合う病院を探してみてくださいね。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★