運転免許証の写真写りが悪い人必見!持ち込み写真のサイズや注意点は?

運転免許証の写真写りが悪く、身分証明等で提出するのが、恥ずかしい・あまり運転免許証出したくないと悩んでいる方(特に女性)多いですよね。実際に私の周りの写真写りについて悩んでいる方は少なくありません。

そこで今回、運転免許証の写真写りや持ち込み写真等の内容を私なりにまとめてみました。

今後、是非参考にしてみて下さいね。

☆運転免許証の写真写りについて

写真写りの悪い原因と上手く撮れるコツをご紹介していきたいと思います。

◎写真写りが悪い原因は?

1、笑ってはいけない

免許証の写真は、本人かどうかを確認するツールである為、正確な表情をとらえなければいけないのです。その為、帽子を被っていたり、髪の毛で顔の一部が隠されてしまっている場合は、不許可になる可能性が高くなるのです。

又、歯を出して笑ってはいけないのです。

なので、どうしても真面目な顔・緊張した顔になってしまうので、写真写りが悪くなってしまいます。

2、カメラのレンズのせい?

免許証と言うのは、一日に何百人・何千人という人の写真を撮影していく為、いちいちピントを合わせていたらキリがなく、時間がかかってしまいます。その為、カメラには広角レンズが用いられています。広角レンズはどうしても顔が引き伸ばされたように写ってしまうので、のっぺりとした印象を与えているのです。

3、プロが撮ると違う!?

プロが撮ると写真写りは全然違うと言われますが、それはプロの腕前は当たり前なのです。又、カメラの性能も関係しているのは、間違いありません。

その為、免許の更新に使うカメラは、どうしてもブサイクに写ってしまうのです。

◎写真写りが良く見えるポイントは?

ポイント1 美肌に見せる

白いハンカチを膝の上に乗せる

この「膝の上に白いハンカチ」は、巷でよく聞かれ、写真写りがよくなるテクニックなのです。実際に、やってみたという方は、「凄い!」「これだけで全然違う!」等の声も実は上がってきているのです。

ポイント2 目を大きく見せる

シャッターが切られる前に、瞳を心なしかしっかり聞くように意識してみて下さいね。

注意:大きく見せようとし過ぎないようにしてくださね。意識してしまうととても不自然になってしまいます。あくまでも「目をしっかり開く」程度の意識でいいのです。

ポイント3 二重あごのたるみを隠す

背筋を伸ばし、頬を軽く引き、しかし引きすぎると二重顎になってしまうので要注意です。

ポイント4 髪の毛や襟首などが乱れていない

写真を撮る前に事前にチェックしておきましょうね。又、襟元のヨレや糸くず、ネックレスのズレ等も、写真に写ると目立つ原因になってしまいます。

ポイント5 笑顔の見せ方

無表情過ぎるのも唇端に影が映ってしまい、あまり良くありません。だからと言って笑いすぎは、ほうれい線が目立ってしまうので注意して下さいね。

コツとしては、「唇を左右に少し伸ばし、ピッと見せる」程度で行うと、写真にはほどよい表情になりますよ。

スポンサーリンク

この5つを参考にしてみて下さいね。

実際に行った方の声をきくと、成功例ばかり出てくるので、試してみる価値はあると思いますよ。

 

☆持ち込み写真について

持ち込み写真では、サイズや注意点があるので、ご紹介していきたいと思います。

◎持ち込み写真のサイズ等は?

  • カラー・無帽・正面・上三分身・単一色
  • サイズは、縦3センチメートル×横2.4センチメートルの縁なし
  • 申請前6ヶ月以内に撮影したもの

注意;背景色は、薄い「灰色・茶色・青色」のいずれかになります。模様のついたものは禁止です。

◎不適切な例(注意点)

  • 不鮮明・変色・傷・汚れなどのあるもの
  • カラーコンタクトで眼の色が違っているもの
  • サングラス・マスクを使用していたり、変装していたり個人識別が出来ないもの
  • 合成写真・写真を修整しているえもの
  • 写真のコピーは不可

等々あります。

自分で持ち込む祭には、このような事には気をつけて持参して下さいね。

 

☆まとめ

写真写りが悪いのには、きちんとした理由があったのですね。

しかし、これからは、今回紹介したコツ等を参考にしてみて下さいね。

成功率は、実際にあるので試してみる価値はありますよ。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です