健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

グリーフカードとは何か?例文の書式や書き方の内容について

今回の内容は「グリーフカードとは何か?例文の書式や書き方の内容について」です。グリーフカードやグリーフケアという言葉を初めて聞いた方や言葉は知っているけど具体的な内容がわからないという方は是非最後までご覧いただければと思います。

<スポンサードリンク>

グリーフとは

 

グリーフという言葉をご存知でしょうか。

グリーフとは、大切な家族を病気などで亡くした人の『悲嘆』という意味を持つ言葉なのです。

 

欧米などではそのような遺族となった家族を、大切な家族を亡くした病院でいつまでも迎え入れ、遺族の『悲嘆』という悲しみを受け止める、グリーフケアという考え方が定着しています。

 

 

グリーフケア

 

たとえば、長いガンの闘病生活をホスピスなどで送り、その末に亡くなってしまった愛する人を持つ家族がいたとします。その愛する人を失った悲しみを抱え、すぐには立ち直れないような心のダメージを受けた家族を、その同じホスピスなどの医師や看護師など関わりを持ったスタッフが心のケアに携わるのです。遺族は定期的にホスピスなどを訪れ、迎え入れた側のスタッフは、遺族の現在の心の状況などを聞きながら、アドバイスをするなど、精神的ダメージから立ち直るお手伝いをするということなのです。

そのように、欧米などでは死産などで赤ちゃんを失った親からお年寄りまで、年令に関係なく心にグリーフが宿ってしまった人々のケアを積極的に行っているのです。

スポンサードリンク

 

日本におけるグリーフケア

 

日本でのグリーフケアに関わるグリーフカードは、主に幼い子供などを亡くした両親などの心のケアを目的として、一部の医療機関などで配られるようになったカードだといえます。グリーフカードの表紙絵は、幼い子供などを亡くした両親の心の琴線を慰めるような、天使の絵や羽の絵柄など、安らぎを感じさせるものとして描かれています。

 

 

グリーフカードの書き方や文例

 

特にこれでなければと定められている書式や例文があるわけではありませんが、悲嘆のプロセスに因る心の動きに添いながら、孤独感を持たずに、心の再起動を促せるような内容の書き方になっています。幼い子供などを亡くされた方が初めに感じる、喪失感などの心の打撃を思い遣る内容が例文としてはふさわしく、また罪の意識や怒りなどの迷走する意識などを持ってしまう遺族の心を暖かく包み込むような書き方も必要です。

 

自分が喪失感などの『悲嘆』を感じた時に、何を心に思い浮かべるかを考えることによって、グリーフカードの例文や書式とその内容が決まってくるといっても大袈裟なことではありません。

 

 

さいごに

 

愛するものを失って、これからどのような心の動きが起こってくるのか、今までにもグリーフを感じた人たちがどのような気持ちを持ってしまうのかなどを、カードに記すことで、自分だけではないという心の支えとしてお手伝いをするのが、グリーフカードの役目といえるのです。

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top