甘い美味しいキウイの見分け方のコツは4つ!選ぶ時は色や形に注意すればOK?

キウイと言えば、酸っぱいイメージが強いと思いますが、今回は、そんなキウイの甘くて美味しい見分け方についてまとめてみました。その中でも、キウイの注意点だったり等々について、ご紹介していこうと思うので、是非参考にしてみて下さいね。

☆美味しいキウイの見分け方のコツは?

キウイの見分ける方法のコツは4つありますので一つずつご紹介していきたいと思います。

◎皮の色が薄いもの

他の果物は、色がしっかり付いている方が言いと言われますが、キウイはその反対なのです。キウイは日光を好みますが、日光に当たり過ぎると人間と同じように肌が赤くなってしまいます。
赤くなったものはその後、黒くなるので、キウイの皮が黒くなっていったり、皮の色が濃いものは日光に当たり過ぎの可能性があるので避けるようにしましょう。

◎うぶ毛が全体にある

新鮮なキウイ程うぶ毛がびっしりと生えています。逆に言えば、毛に隙間があるものは避けるようにすればOK!ちなみに皮に傷があるものは避けましょうね。

◎形はジャガイモ型キウイの方が美味しい

他のキウイと比べてみて形が「ジャガイモ型のキウイ」の方が甘みがあります。また、「ジャガイモ型のキウイ」は甘みとなるデンプンがびっしり詰まっている証でもあるのです。栄養分もたくさん吸収しているので、とても甘く感じるはずです^^

◎たて押し

キウイが完全に熟し、甘くなったかどうかを見極める最終手段が「たて押し」です。キウイが一番最後に柔らかくなるのがキウイの中心部分にある白い所です。つまり、キウイの芯の部分ですね。キウイの芯はデンプンが集中しているため完全に熟していると緑色の果肉より美味しくなります。

注意としては、芯の部分の固さを判断するには横ではなく、芯にそってたてに押した方が固さが分かりやすいという点です。軽く押して耳たぶのような柔らかさならキウイの一番の食べ頃です。

以上の事をしっかり抑えておけば、美味しいキウイを見分ける事が出来ると思います。

スポンサーリンク

☆選ぶ際は色や形に注意!

キウイを選ぶ際には、色と形は注意しないといけない事があります。これだけは、注意して選びましょうね。

キウイを選ぶ際に、他のキウイよりいびつな形をしたものと黒いものは避けるようにして下さい。綺麗な形をしており、色は薄い茶色の物を選ぶと良いでしょう。

 

☆キウイアレルギーの症状

キウイには、アレルギー物質があるのをご存知でしたか?

知らなかった方は、これを機に頭の片隅に知識として入れておきましょう。

ある時、急にアレルギーが発症してしまう恐れがキウイにもあるのです。キウイを食べると口の中に違和感を感じたり、唇が腫れる、口の中の痒み、口全体が痺れる等々の症状が少しでも現れた時には、キウイを食べることはオススメ致しません。すぐに食べるのを止めてくださいね。

キウイには、アレルギーはないと思っている方も少なくありませんので注意して食べるようにして下さいね。

 

☆まとめ

キウイの選び方として皮の色が薄いものがいいと言われていますが、中には濃い方が良いのではと思う方も多いと思います。

しかし、ご紹介したようにキウイは他の果物と比べて色が薄いほうが甘くて美味しい!選ぶ機会がある時には、他のキウイと比べて1番皮の色が薄いものを選ぶようにしてみましょう!ついでに形はジャガイモ型と覚えておけば十分^^

又、キウイにアレルギー反応が出る可能性があることをご存知では無かった方は紹介した上記の症状をチェックしてみてください。何か1つでも気になる症状があれば食べる事は止めて早期受診を!(キウイだけではなくどの食材でも突如アレルゲンに変わる可能性があります。)

以上となりますが、少しでもあなたの参考になったのであれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です