健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

【虫刺されの腫れや水ぶくれの原因と治し方】水疱の対処はどうする?

最近の投稿

More
【虫刺されの腫れや水ぶくれの原因と治し方】水疱の対処はどうする?

夏は虫が多くなる時期。虫刺されが酷くなります。あっちこっち痒くて、でも掻けば血が出るし痕が残るし、とにかくイライラしますよね。

腫れてしまったり、時には水ぶくれになってしまう虫刺され。腫れることは良くあっても、たまに水ぶくれになってしまうのはなぜ?何がいけなかったの?

気になる原因と、腫れや水ぶくれの対処をご紹介します。

<スポンサードリンク>

◆虫刺されによる腫れの原因

腫れの原因、それはアレルギー性の炎症反応です!

蚊やダニのように人の血液を吸い取る吸血性、刺したり噛むようなハチ、ブヨ、アブなどの刺咬性、毛虫のような毒毛を持つタイプなど対象になる虫はさまざまです。

吸血性のある虫

人間に痛みを感じさせないため、血を吸うときに唾液腺物質を皮膚に注入します。その物質にアレルギー反応を起こし、痛くない代わりに痒みを伴う腫れが生じます。

刺咬性のある虫

毒針で刺すタイプの虫に刺された、または毒針に触れてしまった場合は痛みが伴います。毒の成分で化学的な反応が起き、腫れが生じます。

毒毛のある虫

毒毛も毒針と同じように化学的なとても強いアレルギー反応を起こします。刺された数分後にピリッとした軽い痛みがあり、気付くとポツポツと蕁麻疹のような小さい発疹が出ます。

 

◆虫刺されによる水ぶくれの原因

水ぶくれは虫の体液によるアレルギー反応で、特に乳幼児は水ぶくれになりやすいです。それは虫刺されによって起こるアレルギーに対して、免疫力が備わっていないためです。また、大人でもアレルギー反応が強く出る体質の人は、水ぶくれになる可能性が高いです。掻きむしるとできると思われがちな水ぶくれですが、体質によっては何もしていなくても水ぶくれになってしまう人がいます。

スポンサードリンク

◆腫れや水疱の処置方法

腫れの処置

刺咬性のある虫、あるいは毒毛のある虫に刺された場合は、皮膚に毒が残っている可能性があるため流水で洗い流してください。毒針や毒毛が残っているかもしれないと気になる場合は念のため、ガムテープなどを貼り付けて剥がす、を繰り返してみてください。

腫れのある虫刺されは全般、まずは炎症を抑えるステロイド剤の配合された薬を塗りましょう。ステロイド剤は濃度によってはとても強い薬です。独断で乳幼児、肌の弱い人に使用しないようにしてください。必ず小児科や皮膚科に受診して処方してもらってください。

同時に痒みがある場合はそれを抑える、抗ヒスタミン剤配合された薬も塗っておきましょう。痒み止め早く腫れに気付き塗ることができれば、痒みの再発を抑えることができます。また痒みが再発した場合も塗ってください。絶対に掻かないようにしましょう。

ハチや毛虫は種類によって猛毒を持つものもいます。刺されると重症化することもあるので、すぐ病院へ受診することをおすすめします。

水疱の処置

虫刺されでできた水疱は潰してはいけません!

「とびひ(伝染性膿痂疹)」という感染症になる可能性があるからです。

水疱の中の水は菌がある場合が多いので、潰して水を出してしまうと別の場所に移ってしまうかもしれません。もちろん他人の皮膚にも移ります。

水疱ができてしまったら絆創膏に収まるサイズなら貼って保護しましょう。潰れないように気を付けてください。大きくて絆創膏サイズでなければガーゼなどを当てておきましょう。

もし水疱が潰れてしまったら…

皮が残っているならそのままにしてください。剥がすと擦り傷のようなじりじりとした痛さが出ます。流水で細菌を洗い流しましょう。薬などは付けずに、軽く乗せるような感じでガーゼを当てて病院へ受診してください。細菌が残っていると感染症を引き起こす可能性があります。

 

◆正しい処置をして悪化を防ごう!

たかが虫刺されと馬鹿にして適当な処置をすると、いつまでも治らない、シミのような跡が残ったという結果になるかもしれません。掻きむしって虫刺されを治せずにいると、患部がぐちゅぐちゅと水っぽくなり、たかが虫刺されが大事になることもあるのです。

面倒だとは思わずに、異常を感じたら病院へ行きましょう。

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top