乳児湿疹とは?3つの原因と治療・対処法について

赤ちゃんは新陳代謝が高く、すぐにぶつぶつが出来てしまったり発疹ができるものです。どの子もできやすいと分かっていても、いざ発疹を見ると心配になりますよね。今回は、乳児発疹の基本的な分類と原因、その対処法についてご紹介していきたいと思います。

乳児発疹とは

『乳児発疹』には次のようなものが代表的です。

  • 新生児ニキビ
  • 乳児脂漏性湿疹
  • あせも
新生児ニキビとは

生後1週間から1ヶ月の間の新生児によく見られ、思春期にできるニキビと同じような赤いぶつぶつが、頬や額に現れます。顔全体に真っ赤なぶつぶつができることもあります。

清潔に保っていれば生後1~2か月くらいには、自然治癒していくものです。

乳児脂漏性湿疹とは

生後2~3か月頃までの乳幼児に多く見られる発疹です。

皮脂腺の多い顔や頭、耳の周りなどにできやすく、赤く腫れあがったり、じくじくとしたかさぶた状のものなどさまざまな形状で症状が現れます。

汗疹(あせも)とは

あせもは、生後2ヶ月くらいまでの赤ちゃんによく見られます。

首の周りや背中など、布団や衣服で蒸れやすい部分にできやすく、痒みを伴います。場合によっては、赤ちゃん自身が爪で引っ掻いた時に傷ができて、そこから菌に感染してしまい、膿がでてくるような状態になることもあります。

スポンサーリンク

乳児発疹の原因を詳しく解説

それでは3つの乳児湿疹の原因となる3つの原因について詳しくみていきましょう。

新生児ニキビの原因

生まれたての赤ちゃんは、まだまだお母さんの影響を受けています。免疫など体を守るシステムも母親の免疫によるものが生後3ヶ月くらいは続きます。

母親の女性ホルモンによる影響も受けているため、皮脂の分泌の多い新生児は、ホルモンの影響と多量の皮脂によって毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなっています。

これが新生児ニキビの原因と考えられています。

乳児脂漏性湿疹の原因

新生児ニキビと同様に、母親由来の女性ホルモンの影響により、過剰に分泌された皮脂が皮膚の表面や毛穴に溜まってしまうことが主な原因と考えられます。

また、タオルやなどによる外部からの刺激や、汚れによって炎症を起こす場合や、赤ちゃん自身が色々なところを触った手で自分の体を触ったりひっかいたりすることで、できることもあります。

汗疹(あせも)の原因

赤ちゃんは、成人よりも体温が高く、汗をかきやすいのが一般的です。また、汗を出す腺が未発達なため、体温調節が上手にできません。そのため、首周りや背中など蒸れやすい部分を中心にあせもができやすくなります。

 

乳児発疹の治療・対処法

原因が分かったら、次はそれぞれの治し方や対処法についてチェックしましょう。

新生児ニキビの治療・対処法

毎日の入浴時に、全身をしっかりと洗い肌を清潔に保ちましょう。

顔を洗う時には、赤ちゃん用の石鹸か赤ちゃん用のボディーソープを、よく泡立ててやさしく洗うようにして下さい。すすぐ時は、強くこすらずに優しくお湯をかけてあげるか、お湯を含ませたガーゼで優しく拭いてあげて、余計な皮脂を落としましょう。

乳児脂漏性湿疹の治療・対処法

入浴時にしっかりと全身を洗って、皮膚を清潔に保ちましょう。使う石鹸は、新生児用の刺激の少ないものを使って、泡だてクッションなどで泡を作って、優しく洗ってあげて下さい。

あせもの治療・対処法

毎日の入浴で清潔にすることと、汗をかいていたらこまめに着替えをさせることが、一番の対処法です。

また、厚着はあまりさせないことも大切です。赤ちゃんは成人よりも体温が高いので、少し寒そうかなと思うかもしれませんが、汗をかいていないかなどチェックしてあげて体温調節をしてあげましょう。

まずは清潔に保つこと!爪にも気を配って乳児発疹はできてしまっても仕方のないものですが、その後の対処が大切です。どのケースでも、入浴時に優しく丁寧に洗ってあげることと、肌に触れるものはこまめに交換してあげることで、清潔を保つようにすれば、悪化を防げます。

また、赤ちゃん自身が引っ掻いたりして肌を傷つけないように、爪は丸く切りそろえてあげて下さいね。搔きむしりが酷い場合は、手をガーゼなどの柔らかい生地で覆ってあげると、安心です。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です