【お歳暮/お中元のお礼状の書き方】ハガキやメールの例文や文例集

お中元やお歳暮のお礼状は品物を受け取ったらできるだけ早く作成して、相手に贈ってもらった品物に対してのメッセージと、日ごろの感謝の気持ちそして相手の健康やご多幸を祈る気持ちを伝えます。

お礼状の正式な書き方としては、便せんに縦書きで書くのが基本的なマナーですが、最近ではもっと簡単にハガキやメールなどで済ませてしまう事もあります。

昔なら相手に対して失礼なのでは? と思われていたかもしれませんが、忙しい現代のビジネスマンにとっては、しっかりとした内容であればメールでもハガキでも問題はないとされているようです。

そこで今回は、お中元やお歳暮のお礼状の書き方の、ハガキやメールを使った例文や文例集などをまとめてみました。

お中元やお歳暮のお礼状のハガキでの書き方

oreijou-hagaki01

ハガキを使う時のお礼状の書き方でまず悩むのは、やはりどんなハガキを使ったらいいのか? という部分ではないでしょうか。

暑中お見舞いのようなキレイな絵の入ったハガキなどを使ってもいいのか? なんてちょっと悩むところですが、夏を感じさせる絵が描かれているのであれば、そのハガキを使っても問題はないでしょう。

官製はがきでも構わないかもしれませんが、せっかくのお礼状ですので季節を感じる絵の入ったものを選択するのもありです。

最近は暑中見舞い用のハガキで文字が印刷されていないものもあるので、そうしたハガキを選ぶのもいいかもしれませんね。

 

ハガキを使った場合の書き方は縦書きが基本!

2d75b64e0dff5dd345c6551f602cacba_s

ハガキでも手紙でもお礼状を書く時は「縦書き」が基本です。特に仕事が関係している場合には、縦書きで書いた方が相手も見やすいですし、見た目もスマートに見えます。

もちろん横書きの方が書きやすいと感じている現代の方の方が圧倒的に多いですので、横書きで書きたいという場合には横書きでも失礼ではないでしょう。

手書きの場合には自分が得意とする書き方をする方がキレイにできます。

ただしパソコンなどを使って書くのであれば、やはり縦書きで書いた方がいいでしょう。

 

お礼状に入れたい文章について

お中元をいただいた時のお礼状の場合は、暑さが厳しい時期ですので相手の健康を気遣う心遣いがあるといいでしょう。

そして今年いっぱいもお世話になる事と、贈っていただいた品物に対しての感謝の気持ちをしっかりと入れる事が重要です。

お歳暮の場合にはお中元とは違って、今年1年を通しての感謝の気持ちと、品物に対しての感謝の気持ち、そして本年のお付き合いへの感謝とお礼の気持ちと、来年のお付き合いに対しての気持ちも伝えるといいでしょう。

 

メールでお中元やお歳暮のお礼状を書く場合

d680cf9c5ddca2577d0ac1f4827d04f7_s

昔では考えられなかったかもしれませんが、最近ではビジネスツールとしてメールは必要不可欠なものです。

しかも相手も忙しいビジネスマンですので、お礼状を送るよりも常日頃から目を通しているメールにて、お中元やお歳暮へのお礼状を書いた方が良い場合もあるのです。

ですが、メールでお礼状を書くのは失礼に当たらないとしても、どのようにしてメールでお礼状を書けばいいのかがわかりにくいですよね。

そこでメールでのお礼状の書き方についても失礼のないように覚えておく必要があります。

 

メールでお礼状を書く時は添付? 直に書く?

これはちょっと悩みますよね。メールでお礼状を書こうと思ったけれど、直接メールに書いていいものなのか、それとも別途用意して添付した方がいいのかがわかりにくいです。

メールをパッと開けてお礼状が書いてあるのは確かに見やすいかもしれませんが、ワードなどで作成してメールに添付してもいいでしょう。

ワードでは縦書きの方が良いですが、横書きでも失礼はないでしょう。書き方についてはハガキと全く同じです。

品物への感謝の気持ち、お中元なら健康を気遣う言葉、お歳暮なら本年の感謝と品物の感謝そして来年もお付き合いいただけるようお願いをします。

 

お礼状の例文・文例集

oreijou-hagaki02

お中元(7月と8月)お歳暮のハガキの例文などを集めてみました。文例集としてお役立ていただければ幸いです。

もちろんこの他にも様々な季節の季語や結びの言葉などもありますので、例をよく見て自分なりに文例集を作ってみてもいいでしょう。

また、メールの例文をご覧になるとわかるように、拝啓と敬具は使っていません。メールの場合は無理に使う必要はないでしょう。

お中元のお礼状:ハガキ例文1(7月)

拝啓 盛夏の候 貴社におかれましてはますますお清栄のこととお慶び申し上げます。

このたびはご丁寧なお心遣いを頂きまして、ありがとうございました。御厚志に改めて御礼申し上げます。

暑さはこれからが本格化いたしますが、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

略儀ながら書中をもちまして、御礼申し上げます。 敬具

平成○○年7月

○○株式会社

代表取締役 ○○太郎

お中元のお礼状:ハガキ例文2(8月)

oreijou-hagaki03

拝啓 晩夏の候 貴社ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

このたびは結構なお中元の品をお贈りいただきまして、誠にありがとうございます。御厚志に御礼申し上げます。

残暑の季節とはいえ、まだまだ暑さが続いておりますが、皆様お健やかにお過ごしでしょうか。

夏の疲れが出やすい頃ですので、皆様くれぐれも体調などを崩しませぬよう、心よりお祈り申し上げております。

略儀ながら書中をもちまして、御礼申し上げます。 敬具

平成○○年8月

○○株式会社

代表取締役 ○○太郎

お中元のお礼状:メール例文1(7月)

○○株式会社□□部

○○○○部長様

○○株式会社の○○でございます。

盛夏の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。

このたびはお心尽くしのお中元の品をお贈りいただきまして、誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

7月に入り、梅雨明けが待たれる日々が続いておりますが、皆様のますますのご健勝と貴社の繁栄を心よりお祈り申し上げます。

誠に恐縮ではございますが、メールにて御礼申し上げます。

平成○○年7月

○○株式会社

□□部 ○○太郎

お中元のお礼状:メール例文2(8月)

oreijou-hagaki05

○○株式会社□□部

○○○○部長様

○○株式会社の○○でございます。

残暑による連日厳しい暑さが続いておりますが、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。

このたびは大変結構なお中元の品をお贈りいただきまして、誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

まだまだ残暑厳しい折ではございますが、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

誠に恐縮ではございますが、メールにて御礼申し上げます。

平成○○年8月

○○株式会社

□□部 ○○太郎

スポンサーリンク

お歳暮のお礼状:ハガキ例文

拝啓 本年も残り少なくなってまいりましたが、ますますご活躍のことと存じます。

私共も、おかげさまで変わりなく過ごしております。

このたびはお心尽くしのお歳暮の品をお贈りいただきまして、誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

年末ご多忙の折ではございますが、お風邪などひかれませぬよう皆様のさらなるご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。

まずは書中をもって御礼申し上げます。 敬具

平成○○年12月

○○株式会社

□□部 ○○太郎

お歳暮のお礼状:メール例文

oreijou-hagaki04

○○株式会社□□部

○○○○部長様

○○株式会社の○○でございます。

本年も残り少なくなってまいりましたが、ますますご活躍のことと存じます。

私共も、おかげさまで変わりなく過ごしております。

このたびはお心尽くしのお歳暮の品をお贈りいただきまして、誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

年末ご多忙の折ではございますが、お風邪などひかれませぬよう皆様のさらなるご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。

誠に恐縮ではございますが、メールにて御礼申し上げます。

平成○○年12月

○○株式会社

□□部 ○○太郎

まとめ

いかがでしたか? 簡単ではありましたが、お中元やお歳暮のお礼状をハガキで書く時、メールで書く時の文例などをご紹介いたしました。

もちろん自分なりに季節を感じる言葉や季語などを入れても構わないでしょう。ただし友人や親せきに対してのお礼状なら個性が出ていてもいいかもしれませんが、ビジネスの場合にはやはりカチッとした文章の方がいいでしょう。

また、7月の場合は梅雨の時期が開けていない場合もあると思うので、そうした自分の周囲の”今”を入れてもいいですね。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です