仙台光のページェント2015の混雑渋滞予測-車は危険で徒歩が良い?-

仙台光のページェント2015の交通渋滞情報と道路混雑予測-車は危険?徒歩がベスト?-

今回の記事内容は「仙台光のページェント2015」の交通渋滞情報と道路混雑状況」です。

例年の傾向から混雑する場所やスポットは”ほぼ確定”しています。笑

交通アクセス別に最も混雑を回避できる方法を仙台大好きっ子猫がお送りします。

ぜひ参考にしてくださいね♪

 仙台は渋滞が頻繁に発生するスポットだった!

ほとんどの人は仙台と聞けば仙台駅周辺を思い浮かべるのではないでしょうか?

仙台市はとても広くて、山形との県境から太平洋までが仙台市なんです。

特に青葉区はとてつもなく広い!!

[画像]

ですので、今回は仙台駅近辺に限定した情報をお送りしますね。

 

仙台駅近辺が混雑する理由は隣接する市町村やメインパイプとなる道路から少し離れているという特徴があるからです。

時間帯によっては行きも帰りも渋滞にハマるということは常です。

どちらかというと駅近辺に入るまでと駅近辺から出るときがものすごく大変なんですね。

なので、車で初めてお越しになる方はイベントなどがない平日がもっともオススメとなります。

太白区がここ数年で激変し仙台まで行かなくても用をたせてしまうようになったことも非常にありがたいのですが、東北楽天ゴールデンイーグルスなどの試合や9月にあった嵐の特大イベントなどがある時にはいつもに増して道路が混みます。

1時間から2時間の余裕を持って出かけましょう。

 

車で渋滞を回避するには?

土日祝日の10:00~18:00ぐらいは常に混んでいます。

休みや連休の際にどうしても駅近くまで車で行きたいのであれば、朝早くか夕方以降に運転するのがベストでしょう。

夕方以降に仙台へ向かうと対向車線がドえらいことになっています。笑

平日は通勤ラッシュの8:00~9:00,17:00~19:00あたりが混雑のピークです。

この辺りは大都市ならどこでも同じかもしれませんね。

 

ただ、今回は光のページェントというイベントです。

全国から観光客がいらして街が人でごった返します。

 

車で来場をお考えの方は車の手段は捨てましょう。笑

選択肢は3つです。

  • 地下鉄を利用すべし
  • 宿泊宿に車を置くべし
  • 渋滞覚悟で突入すべし

スポンサーリンク

地下鉄を利用

地元住民は結構コレ使うんですよね。

仙台は100万都市で政令指定都市でもあるのですが、東北本線や仙山線、仙石線などのJRの運行時刻ってローカル線に近いのです。

都内や首都圏に住まれている方にとっても心苦しいと思いますよ。

30分から60分に1本がJRです。

それに対して、地下鉄は10分に一本ペースでやってくるので素晴らしいのです。

何もないようなところにも地下鉄の駅があるので、仙台駅をハズして地下鉄で向かうという策はかなり有効です。

確かに地下鉄も混雑しますが、都内の満員電車までいきませんのでご安心ください。

南北線に加えて東西線も今年開業予定とのことなので、そのあたりもチェックしておくと良いでしょう。

是非、地下鉄のご利用を検討してみてください。

光のページェント会場近くの勾当台公園駅があるので、仙台駅から歩くよりも近いというメリットもあります。

 

宿泊宿に前乗り

当日であれば午後着ぐらいでチェックインをして、余裕をもって電車やバスなどの公共機関をつかって仙台駅に向かうという策もありですね。

松島などの太平洋側であれば仙石線、秋保や蔵王などの温泉宿からなら仙石線などを利用して駅まで向かうのがベストです。

お酒も気にせず飲めますし、運転の疲れも倍増することがありません。

また、宿泊施設によっては送迎バスなどを走らせてくれることもあるのでチェックしてみてくださいね。

光のページェント宿泊プランなどを適用している温泉宿などもありますので、そういったところをご利用してみるのはいかがでしょうか?

前述した地下鉄の駅までチェックインした後に車を走らせるというのもOKですよ。

 

渋滞覚悟で突入

先ほど車の考えは捨てましょうと言ったのですが、考え方によってはアリなのです。

光のページェントが開催されているのが定禅寺通りなのですが、ここは片側3車線の大通りです。

その中央分離帯が遊歩道となっており、観光客が溢れかえります。

遊歩道への侵入経路は交差点などの横断歩道からしか入れないので、定禅寺通の交差点近辺は人に注意して運転してください。

大抵の人は実際に歩いて観るわけですが、車から眺める景色もまた格別なのですよね。

遊歩道だけでなく定禅寺通り全体が温かみのある男色LEDに包まれ、車内にも光が差し込んできます。

渋滞が逆に助かるほど、ゆっくり車内でみることができるのです。

運転手さんは事故に注意していただきたいですが、同乗者の方はかなり楽しめますね♪

私はもっぱら同乗者の方です。笑

 

渋滞もまた一興ということですね。

 

交通渋滞・道路混雑情報まとめ

 

交通渋滞は覚悟すべし!

車で来場するなら車内でも楽しめる!(観光者向け)

 

車渋滞を回避しても地下鉄や電車が混み合うことは覚悟すべし!

押し寿司状態になるのは稀!

利便性はJRより地下鉄が勝る!

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です