ヘルパンギーナと手足口病の症状の違いや潜伏期間とは?感染経路が同じ場合は併発することも!

子供の夏風邪は大きく分けると3つあります。「プール熱」「手足口病」「ヘルパンギーナ」といいます。

プール熱は違いますが、手足口病とヘルパンギーナの二つの夏風邪は症状がとてもよく似ていると言われていますが、なかなか見分けがつかないものなので、今回は手足口病とヘルパンギーナの違いやそれぞれの病気についてを、わかりやすくお話いたします。

手足口病ってどんな病気?

手足口病は5歳以下の乳幼児が感染し、発症する発疹を伴う夏風邪の一種で、保育園、幼稚園などで流行する事が多く、特徴的な症状が出る事で知られています。

感染者のおよそ90%が乳幼児である事や症状の出方も特徴的ですので、良く知ればヘルパンギーナとは同じようで違う病気なのだという事がわかります。

手足口病の感染経路と潜伏期間

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s

手足口病はエンテロウイルス属のエンテロ71、またはコクサッキーA16などに感染する事によって発症する感染症です。

感染はくしゃみや咳などによる飛沫感染や、接触感染そして糞口感染によって広がっていく病気で、5歳以下の乳幼児が感染する病気です。

感染して2日~5日くらいの潜伏期間を経て発症します。手足口病はひと夏に何度も感染する事もある病気で、その理由は原因となるウイルスの型が違うものも同時に流行する事があるからです。

だから「この間治ったばかりなのにまた感染しちゃった」などという事が起こるのです。それでは症状についてお話ししましょう。

手足口病の症状について

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s

手足口病は発熱で発症するケース、または発熱はせずにいきなり発疹が出て発症するケースがあるようです。

発熱をしても38度程度の熱が2日~3日続いて下がり、同時に発疹が手のひら、指、膝、足の裏、お尻、口の周り、口の中にできてきます。

2mm~3mmくらいの水泡が出て、それがつぶれて広がっていくという症状が出ます。この水泡ですが口の中以外は痛みもかゆみもない事が多いのも特徴でしょう。

口の中の水泡はやがて大きな口内炎に発展する事があり、口内炎や発疹ができる事でかなりの痛みを訴え、喉の腫れや赤みも出るため飲みこめない事もあります。

脱水症状や栄養不良などに十分に気を付ける必要があります。どうしても熱が下がらなかったり脱水が考えられる場合は、病院に行く事も必要でしょう。

参考記事⇨【夏風邪の対処法】子供の熱が下がらない!長引く咳や高熱にママはどうしたら良い?

ヘルパンギーナってどんな病気?

b72c7d95f866abcba7b98b27c74db778_s

ヘルパンギーナは夏場に流行する夏風邪の一種ですが、手足口病と少し違って乳幼児だけでなく子供、まれに大人も感染する事がある病気です。

なので家族の間での二次感染には気を付ける必要がある感染症、というのも特徴的な病気ではないでしょうか。

それではヘルパンギーナの感染経路や潜伏期間、そして症状についてを簡単に説明していきましょう。

ヘルパンギーナの感染経路と潜伏期間

ヘルパンギーナはエンテロウイルス属のコクサッキーウイルスA群、まれにコクサッキーウイルスB群に感染する事で発症する病気です。

乳幼児の間で感染する事が非常に多く、飛沫感染やお友達とのおもちゃの共有などによって感染すると考えられています。

感染してから発症するまでには2日~4日の潜伏期間があり、発熱ど同時に感染を知る事が多いようです。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナの症状について

d07433943c2e7432c94dc985f4d2fd60_s

ヘルパンギーナの症状は発熱ですが、38.5度を超える比較的高い熱が出る事で知られています。次に喉の痛みや腫れが出てきて喉の奥が真っ赤になっていたり、水泡が出ていたりする事もあります。

発熱と同時期に1mm~2mmくらいの小さな発疹があらわれ、水泡はやがて破裂してかさぶたになっていきますが、このときかゆみではなく痛みを感じる乳幼児が多いようです。

のどの痛みがひどくて飲み物も食べ物も喉を通らない事もしばしばなので、脱水症状には十分に気を付けてあげる必要があります。

発熱は2日~3日くらい続きますが、その後は徐々に下がっていきそれと同時に発疹の方も回復に向かっていきます。

飲み物が飲めなかったり食べ物を食べなかったりする場合には、病院に行って脱水症状を予防、改善させるようにします。

手足口病とヘルパンギーナの違いはある?

kodomo-natukaze0612

よく症状が似ているからどちらに感染しているのかがわからない! というママも多いようですね。

確かにどちらの病気かわからないと保育園や幼稚園にお伝えする事もできません。そこで簡単な二つの病気の違いについて説明いたします。

わかりやすい違いといえば高熱が出るのがヘルパンギーナ、口腔内や喉の奥の腫れや水泡がひどいのがヘルパンギーナ、乳児から大人までも感染するのがヘルパンギーナというのが主な違いでしょう。

もちろんどちらの病気に感染してしまったのかを正確に知るためには、病院で検査を受けた方がいいかもしれません。

そうすればはっきりとどちらの病気に感染しているのかがわかりますね。

手足口病とヘルパンギーナは併発する?

7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_s

さて、手足口病とヘルパンギーナという病気が似ていても違う病気であるという事がわかりました。

ですがここで心配になるのは「この二つの病気を併発しないかどうか」ですよね? 確かにヘルパンギーナと手足口病は条件が整えば併発する事もあるでしょう。

というのも、そもそもこの二つの病気は同じエンテロウイルスが原因で発症するわけです! だから似たような症状が出る事になっているわけなのですね。

でも全く同じウイルスが原因なわけではないので、同時期に同じ空間で二つの病気が流行していれば、併発する可能性がないとは言えないのです。

可能性としては、どちらかのウイルスに感染して治ってから別の病気に感染する、もしくはまれに同時に併発する事もあるかもしれません。可能性はあるのです!

実際に保育園や幼稚園では同時期に二つの病気が流行する事がありますので、手をしっかりと洗ったりうがいをしっかりとしたりして予防をしましょう。

そのためにも保育園や幼稚園、小学校と各家庭の連携をしっかりと取って、感染の予防や感染拡大を防止するなどの努力をするといいでしょう。

「赤ちゃん・子供に流行する感染症の時期一覧」の記事もチェックしよう!

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です