今後出てくるであろうマイナンバー詐欺とは?

マイナンバーの通知カードの郵送がいよいよ10月から開始され、それと同時に世の中ではもうすでにさまざまなマイナンバー詐欺が出てきています。平成28年1月から本格的にマイナンバー制度が導入されるにあたって、こういったマイナンバー詐欺はさらに増えてくることが予想されています。特に導入して間もないこれからは、国民にもまだ情報が行き渡っていなかったり、意識が低い場合も多く、詐欺師達にとってはここぞ、とばかりに狙ってくると考えて良いでしょう。

そこで、これからどんなマイナンバー詐欺が出てくると予想されるのかを紹介していきます。

 

 

横行し始めている定番の詐欺手法

 

まずは、現時点ですでにもう出てきていますが、役所や公的な機関を名乗り「マイナンバーが流失している。削除するには手数料が必要」といった現金を騙し取ろうとする詐欺。マイナンバー制度が本格的に始まり、今後さまざまな場面でマイナンバーを使えるようになると、その度に、それを理由にして騙そうとしてくることが考えられます。

 

例えば、将来的には銀行口座にもマイナンバーが紐づけされたら、銀行の名を騙ったり、コンビニで住民票などが交付できるようになると、コンビニの名をかたり騙そうとしてくることも考えられます。

 

 

マイナンバーを使った情報抜き取りサイト

 

また、現金を騙し取ろうとする以外にも、情報収集を目的としたマイナンバー詐欺もこれからは増えてくるでしょう。
すでに出てきているもので「マイナンバー占い」というサイトが有名になりました。

サイト上で自分のマイナンバーを打ち込むと、そのナンバーによって占い結果が表示されるというもの。こういった不正にマイナンバーを取得することは立派な犯罪です。もちろん、むやみにマイナンバーを教えたり入力することは絶対にやめましょう。

スポンサーリンク

 

今後はさらに詐欺の種類が拡大!?

 

しかしこのタイプのマイナンバー詐欺は、これからさらに大量に出てくる可能性があります。例えば、「マイナンバーくじ」のようなものを作り「自分のマイナンバーにこの番号が入っていたら当たり」というような形や、メンバー登録すると、お得な情報が届いたり、商品を特別価格で買えると誘い、メールアドレス等と一緒にマイナンバーの入力も求めてくる、といったものなどなど、さまざまな手口であなたのマイナンバーを知ろうとしてくるでしょう。

 

 

自分の情報は自分で守りましょう!

 

今後マイナンバーの利用範囲が広がるにつれて、マイナンバーを提示する先も増えていく見込みです。もちろんそういった先が正当な目的でマイナンバーを取得することは問題ありません。しかしそれらが、正当なのか、不当なのかを知るには、政府のサイトやマイナンバーの公式サイトでその都度自分から確認してみるのが大切です。

 

マイナンバーが始まったこれからは、「自分の情報は自分で守る」という意識が何より大事になってくるでしょう。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です