古い天ぷら油を再利用する方法!使用回数や期限の目安も教えて!

天ぷら油を再利用しているとだんだん揚げ油も疲れてきて、泡立ってきたりしますよね?そんな油さんを再生復活する方法があったら経済的だし主婦の味方になると思いませんか?

古くなって汚れた天ぷら油にある物を加えるだけで、一瞬でキレイな油に変身させる方法というのがあるのですがご存知でしょうか?

今回は、古くなった油の疲れも回復させるチョイ技と油の使用期限や使用回数、交換するタイミングの目安についてご紹介しましょう!

一瞬で古い油を新品同様に復活させるチョイ技レシピ

古くなった油を再利用するときに使うのが、どのご家庭にでもあるオニギリのメイン「梅干し」です!

梅干しには酸化や腐敗を防ぐ効果があるのはご存知ですよね?オニギリやお弁当に梅干しが古くから使われていた理由はまさにそこ!腐りやすい夏場や暖かくなってきた季節のお弁当に入れるだけで鮮度を保つことができるのです!

そんな梅干しを使うことで天ぷら油を一瞬で再生させることができるのでよ!梅干しのパワーって凄いですよね^^

 

梅干しを使って再利用可能な油にする方法と手順

  1. 使用済みの油を日にかけて高温に
  2. 梅干しを1個投入
  3. 梅干しがきつね色になるまで揚げる
  4. サラサラ油の出来上がり!

方法はいたって簡単!再利用したい油を火にかけて高温状態になったところで梅干しを投入し、キツネ色になるまでじっくり揚げるだけです!

これだけで古くなっていた揚げ油がキレイに!

騙されたと思って一度おためしあれ!

スポンサーリンク

天ぷら油や揚げ油はいつまで使えるの?

油の使用期限

油の使用期限には厳密な期間は定められていませんが、おおよその目安として2週間〜1ヶ月が妥当のようです。保存の仕方や保存場所により多少の期間は前後しますが、あまりにも酸化した油は体にとっても有害なので長期間の使用は避けたいところです。

油の使用回数

では、使用回数はどうかというと3〜4回が目安であるとオイルメーカーのHPにも掲載されています。差し油をしながら使うことで長持ちさせることもできるようですが、おおよその目安は3〜4回とのこと。

使用回数や期限を参考に考えると、週1回の揚げ物料理で1ヶ月毎に交換するというのが分かりやすい交換のタイミングになるのではないでしょうか?

 

油交換のタイミングはあなた次第!?

今回ご紹介した梅干しを使った再利用方法は古くなった油でも復活させることができる方法ですが、明らかに異臭や味がおかしい場合は見切りをつけて捨てることも大切です。

  • 保存は密閉容器に入れて酸化を防ぐ
  • 直射日光の当たらない暗所にて保管
  • 油カスはキレイに取り除く

使用する回数や開封後からの時間によっては油はどんどん酸化してしまいます。

あまりにも古くなった油は使わずに見切りをつけて、新しい油を使うことも美味しい天ぷらや揚げ物を作るコツです。

まだ、使用回数が少なく再利用をしたい時にはチョイ技を使うことで、一度使用した油も新品同様の綺麗な油に再生復活させることもできるので以下の記事も参考にしてみてくださいね!

>>>「天ぷら油を一瞬でキレイにする方法で揚げ油が復活!リサイクルして賢く節約!」

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です