美味しい生梅の実の選び方と見分けるコツと方法!梅酒に最適なものは?

生梅は、旬の時期になるとスーパーや八百屋さん等でよく見かける商品ですが、新鮮で美味しい梅を正しく選ぶことはできていますか?今回は、その生梅の見分け方・選び方のコツと梅酒が大好きな方には、オススメ梅酒に最適な生梅は、なんなのかまとめてみました。是非、参考にしてみて下さいね。

☆美味しい生梅の実の選び方と見分けるコツと方法!

梅の選び方と見分けるコツと方法についていくつかあるので、ご紹介したいと思います。

  • 全体的に傷がなく、粒がしっかり揃っているものを選んで下さい。
  • 小梅は鮮度とカリカリの固さが大事になりますので、しなびれていたり、黄色く熟していないものがいいです。
  • 青梅は、出始めの鮮度の良いのを選ぶようにして下さい。又、青梅は固いもの程鮮度が良いです。
  • 黄色くなり始めた梅で傷等が出ているものは、鮮度が落ちている可能性があります。

以上の4つが生梅を選ぶ時のコツになります。是非、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

☆梅酒用に最適な梅は?

梅酒を作るなら、梅が重要になってきますよね。そこで、梅酒に最適な梅の選び方等々をご紹介していきたいと思います。

まず、梅酒で使う梅の実は、梅干に使う梅の実とは別のを使いましょう。なので、梅酒で使う一般的な梅の実は、青梅でまだ熟していない、青くて固い梅を使うのが1番オススメです。しかし、熟した梅で梅酒を作れないと言う訳ではないのです。熟した梅ならではの甘みが出たり、砂糖も控えめで作れたり、香りのある梅酒が作れるのです。

しかし、一番大事なのは、青梅か完熟かよりも新鮮で傷がついていないことです。傷んでいたり、傷やへこみがある梅の実は避けるようにして下さい。又、梅の実を出来るだけ、買ってきたその日に梅酒を作るようにして下さい。

梅酒の梅の実はどうするの?

みなさんは、梅酒に使った梅の実をどのように活用していますか?この梅の実がなかなか活用に困る方は少なくありません。そこで、どのような所・場面で・梅酒の梅の実が活躍しているのかをいくつかお話したいと思います。是非、参考にしてみて下さいね。

梅酒に使った梅の実は、グラスに梅酒と一緒に入れて飲んだり、そのまま梅として食べる事も美味しいのでオススメです。又、ジャムにしている方も多いみたいなので、嘘だと思ってこれを機会に作ってみるのも良いかもしれませんね。加熱するとアルコール分は飛ぶので、朝の食パンのお共としても使えます。

しかし、一つ注意しないといけない事があります。それは、なるべく梅の実を入れっぱなしにしない事です。何故かと言うと、梅酒が濁ってきたり、出たエキスがまた梅の実に戻ってしまったりする事があるので、なるべく梅の実は取り出した方が言いです。それでも気にならない方は、そのままでも悪くはないので、そのまま入れっぱなしにしても良いかもしれませんね。どうしても気になる方は、時期を見計らって梅の実を取り出すように致しましょう。

 

☆まとめ

これで、美味しい生梅と梅酒に使う実の選び方さえ、抑えれていれば、大丈夫です。美味しい梅の実を選ぶ事が出来るのですから。

又、梅酒もせっかくつくるなら美味しい梅の実が良いですよね。上記の内容を抑えているだけで、美味しい梅酒が出来るので、是非為してみて下さいね。初めて作る人でも簡単に作れるレシピとか乗っているものが沢山あるので参考にしてみて下さい。又、梅酒が出来るまでは、約3ヶ月~半年くらいで作れます。

梅酒好きな方は、少し作る時期をずらして作り置きをしている方も多いみたいなので、試してみる価値はあるかもしれませんね。梅酒好きな方は、是非試してみてくださいね。

今回の内容が参考になっていれば、幸いです。

最後にとても簡単に見分けられ、梅酒を作る事が出来るので試してみて下さいね。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です