美味しい椎茸の選び方と見分け方は?大きさや色を見ればいい?

椎茸といえば食卓に並ぶキノコ類の中でも1位2位を争う人気食材ですね。香りが良く、食感も好きな方も多いのではないでしょうか?今回はそんな椎茸の選び方・見分け方についてまとめてみました。是非、参考にしてみて下さいね。

☆美味しい椎茸の選び方・見分け方

椎茸の選び方・見分け方で大きさや色を見るだけで良いのか疑問に持つ方は少なくありません。そこで、大きさや色も含めて選び方・見分け方をご紹介していきたいと思います。

◎カサの表が明るい茶色で、ツヤがあるもの

カサがくすんだ茶色ではなく、明るい茶色のものがオススメです。鮮度が良い椎茸は笠にツヤがあるので、袋に入っている椎茸はカサをチェックしやすいので、鮮度を見極める事が出来ると思います。

◎カサの巻きが強く閉じているもの

カサが他の椎茸と比べ、巻きが強く閉じているものがオススメ致します。

◎裏のヒダが白いものは鮮度が良い

カサの色やツヤをチェックできない場合は、カサの巻き具合と裏のヒダを見てみて下さい。そのヒダが白いものは、鮮度が良く美味しいと言われております。

◎ヒダが茶色くなり、くずれているものは鮮度が落ちている

椎茸の裏のヒダが茶色くなっているものは、鮮度が落ちている証拠になります。また、色だけではなく、ヒダの部分が崩れているものは鮮度が落ちているので、そのような椎茸は裂けるようにして下さい。

◎軸は太く・短く・肉厚なもの

椎茸の軸が他のものと比べて、軸が太く・短く・肉厚なものが美味しいと言われております。同じパックに入っている椎茸でも軸の太さにはバラつきがあるので、その場合は素焼き等のシンプルな調理方法で食べる場合は軸が太く、カサにツヤがある椎茸を選ぶのをオススメ致します。

以上のコツをしっかり抑えておきましょうね。他の食材に比べて、見る所が沢山あり、初めは大変かもしれませんが、慣れてくれば大丈夫なので一度このやり方で美味しい椎茸を選んで下さい。

大きさや色を見るだけでも十分に見極める事が出切るので、初めはここからはじめても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

☆補足:保存の仕方や保存方法の種類

◎一旦取り出して保存する

期限:3日~5日以内

買ってきた椎茸を一旦パックから取り出してください。取り出したら、キッチンペーパーか新聞紙で包みそれをビニール袋に入れ、野菜室で保存するようにして下さいね。

注意としてラップで包んでしまうと蒸れてしまう可能性が高いので、水分を吸い取るもので包む事をオススメ致します。また、冷蔵庫では、軸を上にして保存するように心掛けて下さい。胞子が落ちて痛みやすくなります。

◎長期保存するならば冷凍する

保存期限:約1ヶ月

冷凍保存は、食感が落ちてしまいますが冷凍保存は可能です。しかし、冷凍保存する場合は、軸の下の部分を切り離し、そのままか適度にスライスしたものをフリーザバッグに入れて冷凍するようにして下さい。

使用する場合には、解凍せずにそのまま調理して下さい。解凍してから使用してしまうとベチャベチャになってしまいます。

◎干し椎茸を作る

期限:状態が良ければ1年以上

大量に椎茸を頂いた時には、冷凍保存するよりも干し事をオススメ致します。又、干すことによって甘味成分や香りが上がり、ビタミンDまで取れるようになるのです。

干し方としては、ザルや新聞紙に並べて日光に当てるだけでいいのです。
丸ごとでもスライスしても良いのですが、干す前に洗うのは控えて下さいね。

 

☆まとめ

選び方・見分け方は色や大きさも重要になってくるので、見極めて美味しい椎茸を選んで下さい。上記でもお話しましたが、選び方のコツが他の野菜と比べ、多いので、慣れるまでは色や大きさで判断する事をオススメ致します。

保存方法も3つもあるので、全部試すのも良いし、一つだけ試されるのも良いので一度試されてみて下さい。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です