梨狩りで美味しい梨を見分ける方法と選び方を伝授!スーパーでの買い物もOK!

梨狩りやスーパーでの買い物の際にはできるだけ美味しい梨を手に取りたいものですよね。梨は保存方法によっても味が変わってくるので、保存方法についても是非知っておいていただきたいので、今回は美味しい梨の選び方や見分ける方法と保存方法についてご紹介していきたいと思います。

この2つを抑えていれば梨選びは完ぺきですので参考にしてみて下さいね。

☆美味しい梨を見分ける方法

梨には「赤梨」と「青梨」の二種類あります。一般的に果物は光が当たったほうが糖度が高くなるので、夏の太陽を沢山浴びている梨ほど甘くて美味しいのですが、それでも梨というものは当たりはずれが多い果物とも言われています。

◎赤梨

赤梨は、甘いほど美味しいので、果皮がより黄色く赤色である物が美味しいのです。梨狩りでは、梨の葉の位置等も確認し、太陽の光が当たっているものを選びましょう。

◎青梨

甘みと酸味のバランスが大切になってきます。なので、日光に当てすぎてもダメなので、果皮がより明るい黄みがかかった緑が甘み酸味のバランスが1番良いと言われているのです。

◎リング

梨の底のリング、外側が赤いが内側の若干青い部分をリングと呼びます。そのリングがはっきりと綺麗に見える梨の方が甘くて美味しいのです。

◎手に持ってみてずっしり重みがあるもの

梨は水分が多い果物なので、ずっしりと重みがあり、皮がはっている梨の方がジューシーで美味しいのです。梨を手に持って比較的軽い物は、中身がスカスカであまり美味しくない事が多いのです。

◎表面の点々の間隔が広いもの

ふっくらとした丸みと、果皮に張りがあり、軸がしっかりしているもので、果皮に張りがあるものがいいです。果皮のザラザラは熟すに連れて減っていくので、ツルツルのものは食べ頃です。

スポンサーリンク

☆美味しい梨の選び方

次に、見分け方を抑えれたら美味しい梨の選び方についてご紹介していきたいと思います。見分け方と選び方両方抑えれていれば、美味しい梨を食べれる事間違いなしです!

◎尻と肩

梨の目利きで大切なのは、尻と肩なのです。肩が張っているような感じで、尻がふっくらと豊かなものを手に取ると良いかもしれませんね。因みに梨は、尻の方が甘みがあって美味しいのですよ。

◎より大きいものを

大きいと味が薄いなどイメージを持つ方は多いですが、実は梨というものは一般的に大きい方が味はとてもいいのです。

◎軸のしっかりしたものを

軸が細くしっかりしたものを選びましょう。

軸とは・・・
ヘタの部分の事を言います。

◎ザラザラしているものよりツルツル

ザラザラしているものは、梨が十分に熟していないのです。梨は熟すにつれ、表面のザラザラがなくなってきて、食べ頃になるとツルツルな手触りになるのです。

◎柔らかいものより硬いもの

柔らかい梨は塾を通り過ぎて古い場合が多いです。あの、独特の食感と甘みを堪能したいのならば柔らかいものより硬いものを選ぶといいでしょう。

 

☆まとめ

今回ご紹介した選び方や見分け方を抑えて入れば、梨狩りやスーパーで美味しい梨を取ること間違いなしです。少し見分け方が難しいのもありますが、表面がツルツルしていて硬くてずっしり重みのある梨、表面の点々の感覚が広い物を選べば、甘くて美味しい梨を食べる事が出来ます。是非、参考にして下さいね。

梨を保存する場合は、乾燥を防ぐ事が大事なので、新聞紙に一つずつ包んで、ビニールかジップ付き袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存して下さい。ヘタの部分を下にしておくと更に長持ちしますよ。

常温保存の場合は、3日~4日が目安で、冷蔵保存の場合は、1週間程度になっています。梨は他の果物と比べ日持ちしにくい果物なので、梨を美味しい状態で食べるには、早めに食べる事をオススメ致します。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★