健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

栗拾い5つのコツ!美味しい栗の見分け方や選び方は何処を見る?

最近の投稿

More
栗拾い5つのコツ!美味しい栗の見分け方や選び方は何処を見る?

栗と言えば、ブナ科クリ属の木の一種であり、栽培品種はシバグリに比べて果実が大粒の事を栗と言います。そんな栗の栗拾いのコツや美味しい栗の見分け方や選び方等についてまとめてみました。これから、栗拾いに行く予定がある方等は是非、参考にしてみて下さいね。

<スポンサードリンク>

☆栗拾い5つのコツ!栗がよく落ちている場所はどこ?

栗拾いをするにあって、コツが5つあるので、一つずつご紹介していきたいと思います。

◎他の人が手をつけない場所

栗園の大きさを前もって把握しておき、入り口から1番遠い他の人が踏み入れていないような場所には、栗が沢山落ちている事があります。

◎茂みの中

道から少し外れた所にもあまり人が入る事がありませんので、栗が落ちている可能性が高いのです。

◎急な斜面

急な斜面に関しても危ないからと避ける方が多い為、栗が落ちている可能性が高いです。しかし、足元には十分に気をつけて、栗拾いを行なって下さいね。

◎山頂など風通しが良く、日当たりも良い場所

栗がもっとも成長しやすい環境でもあります。又、栗の旬になれば風が吹くだけで美味しい栗が降ってくる事もあるそうです。

◎イガグリを見つけたら

イガグリを栗の実から出す時には、手で剥こうとするとイガが刺さる危険があるので、必ず足で枯葉などの上だと剥きにくいので土の上で剥くようにして下さいね。

注意としては、手で絶対に剥かない事です。これだけは、守るようにしましょうね。

 

☆美味しい栗の見分け方や選び方

美味しい栗を見分けるのは、なかなか難しいと思います。又、栗は昔から大きいもの程高価な値段がつくとも言われていますよね。そこで、スーパーで売っている栗・栗拾いの栗それぞれの美味しい栗の見分け方や選び方をご紹介したいと思います。

◎栗拾いの際の見分け方

栗は、熟すと自然に木から落ちます。イガに覆われて見にくい事もありますが、ポイントとしては実の表面のツヤが良く、シワがなく、ふっくらと丸みがありずっしりと重みがあるものを選びましょうね。

◎スーパー等での栗の見分け方

スーパーで購入される場合は、上記でも説明しましたが、大きくてツヤがあり、重みのある栗+穴や傷がない栗を選ぶようにして下さい。

以上の事をしっかり抑えておきましょうね。

スポンサードリンク

☆栗の保存方法

補足として栗の保存方法がいくつかあるのでご紹介したいと思います。

◎保存方法の基本

栗は、自然の中で育っているので虫が付いている思います。この虫が付いたまま保存してしまうと栗の周りが白く粉をふっていき、栗の鬼皮と渋皮の間に生み付けられた虫の卵が、幼虫になって活動を始めた証拠になります。

なので、栗の保存には下処理を行う事が基本になってきます。下記の内容を参考にして下さい。

◎生栗の保存の方法

生栗は虫が入っている事が多いので、下処理を行わずに保存してしまうと食べられなくなります。

・準備する物

買ってきた栗・水・鍋・ビニール袋(穴を開けてください。)

・処理の仕方

まず、水を鍋に入れ火にかけます。水温が大体80度になったら栗を素早く入れ、80度以上にならないように注意しながら1分間浸漬して下さい。1分たったら取り出し水切りを行ないます。

栗の表面が乾く程度になったら貯蔵は穴を開けてビニール袋で冷蔵庫で保存します。

・保存期間

1週間から長くて1ヶ月程度保存する事が出来ます。

因みに、ビニール袋に穴を開けるのは結露を防ぐ為であり、乾燥し過ぎない状態であれば比較的長く保存する事が出来るのです。

◎茹でた栗の保存方法

全部食べきれない際には、冷凍保存する事をオススメ致します。解凍する場合には、自然解凍がオススメなので、食べたい時には、早めに冷凍庫から出して自然解凍しておきましょうね。また、冷凍保存した栗は3~5日くらいで食べて下さいね。

 

☆まとめ

栗の選び方や保存の仕方は他の食べ物と比べて少し手間がかかりますが、美味しい栗を食べる為と思いながらするとそんなに手間とは思わないと思います。

是非、今回ご紹介した内容を把握して美味しい栗を召し上がって下さいね。

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top