サクランボ狩りで美味しい甘い実を見分けるコツや選び方!スーパーや八百屋でもOK!

サクランボ人気の果物でもありますよね。そこで、サクランボの甘い実を選ぶコツ等をご紹介していきたいと思います。サクランボ狩り以外にもスーパーや八百屋さんでも使える選び方なので、是非参考にして美味しい実を選びましょう!

☆美味しい甘いサクランボの実を見分けるコツ

まずは、美味しいサクランボを見分けるコツをしっかり抑えておきましょう。

◎実の状態

美味しいサクランボの特徴として以下のようなものがあげられます。

  • 粒が大きい
  • 皮に張りとツヤ(光沢)がある
  • 皮に傷がない
  • 全体が色付き色が鮮やか

上記のようなサクランボに甘みと果汁が沢山詰まっているのです。因みに、やや黒ずんでいたりしているものは、品質が低下している可能性があり、完熟しきったサクランボは、張りがなく実が少し割れて痛み始めています。

◎サクランボの軸

軸というのは、茎の部分です。

  • 軸が枯れておらず青々している

また、サクランボの木の付け根の方にたまに茎がものすごく短い寸詰まりに見えるサクランボがなっている事があるのです。このサクランボを見つけたらサクランボ農家さんも思わず食べてしまうくらい良いサクランボなのです。なかなか見つける機会は少ないかもしれませんが、さくらんぼ狩りに行くときには是非探してみてください^^

 

☆美味しいサクランボの選び方

次に、サクランボの見分け方を抑えたら、サクランボの選び方についてしっかり抑えておきましょう。

サクランボは美味しい状態に熟しているかをまず色でみます。その中でしっかりと紅く色付き、鮮やかでツヤがあるものを選んで下さい。青みが残っているサクランボは控えた方がいいでしょう。

そして、果肉がしっかり詰まっているものを選びましょう。果肉がしっかりついていないサクランボは鮮度が落ちている可能性があるのです。

茎は、緑の鮮やかなものを選びます。鮮度が落ちてくると茎の部分が茶色くなってくるので、しっかり茎まで見てくださいね。

サクランボは粒が大きい程値段が高くなっているので、同じ値段でもサクランボの粒が大きいのを選んで下さいね。

その他にも傷がついていないもの、軸がしおれていない、果肉が硬くしまっている等々を見極めて選びましょうね。因みに傷が付いていないものは、1番重要なポイントになります。

なので、サクランボに傷がついているもの、付いていない物をしっかり見極めて下さい。

スポンサーリンク

☆サクランボの保存方法

サクランボが美味しく食べられるのは収穫してから2日~3日が美味しいと言われています。また、長時間冷蔵庫に保存しておくと甘みが落ちてしますので、早めに食べる事をオススメ致します。サクランボを食べる際は、冷水にさっと通して冷やすと甘さが引き立ち甘くて美味しいサクランボを食べる事が出来ます。

実は、サクランボは冷凍保存すると長持ちする事を知っていましたか?冷凍保存する場合は以下を参考にして下さい。

  • サクランボを水洗いする
  • 水気をきってからフリーザーパック等に入れる
  • 冷凍庫に保存

これだけで、長持ちするのです。しかし、解凍してしまうと食感がなくなるのでシャーベット状等にして食べると甘くて美味しいサクランボを食べる事が出来ます。冷凍保存した場合、1~2ヶ月程度は長持ちします。

そのまま食べたい方は、早めに食べてくださいね。

 

☆まとめ

今回ご紹介したポイントをしっかり抑えれていれば、甘くて美味しいサクランボが食べられます。サクランボは保存期間がもっとも短いので、甘くて美味しいサクランボを食べたいのであれば、早めに召し上がる事をオススメ致します。

サクランボ狩り以外にもスーパーでサクランボを選ぶ時や八百屋さんでサクランボを選ぶときにもこのコツさえしっかり抑えれていれば、甘くて美味しいサクランボを食べる事が出来るのです。

これで、甘くて美味しいサクランボを選ぶ事間違いなしです!

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です