美味しいビワの見分け方と選び方のコツを伝授!大きさや色は重要なの?

ビワと言えば、甘くて美味しいイメージがありますよね。そんなビワの美味しい選び方や見分け方のコツ等をまとめてみたので、是非これからビワを選ぶ時の参考にして下さいね。

☆美味しいビワの見分け方と選び方

美味しいビワの選び方や見分け方のコツを一つずつご紹介していきたいと思います。

◎ビワは追熟しません

ビワはキウイやメロン・洋ナシなどのような追熟させて美味しくなる果物ではないのです。買ったらすぐに食べるようにして下さいね。ビワは、他の果物と比べて傷むのが非常に早いです。なので、ビワを持つ時には、優しく持ってくださいね。

◎選ぶポイント

綺麗なオレンジ色をしていて、産毛がしっかりと残っているものを選んで下さい。ヘタがしっかりしており、グニャグニャと柔らかくなっていないもの、表面に傷や茶色くなった部分がない物を選んで下さいね。

◎産毛が沢山ついているもの

産毛が沢山付いている方が、甘みがあり、完熟しているのです。なので、産毛が全く付いておらず、ツルツルのビワは、甘みがなかったりするので、避けた方は良いでしょう。

以上が、ビワを選ぶ際のコツとなります。

見て頂くとわかるようにビワは、他の果物と比べ、コツが非常に少ないです。また、ビワは初めにお話致しましたが、追熟しないので、保存すると言う考えは持たない方がいいです。多く貰ったり、たくさん買ったという場合はジャムなどにして保存しておく事をオススメ致します。

スポンサーリンク

☆大きさや色は重要なの?

ビワは、大きさや色は重要なのかと疑問に持たれる方は少なくありません。そこで大きさと形についてそれぞれまとめてみました。

◎大きさについて・・・

大きさは他のビワと比べて大きい方が実がビッシリと詰まっており水分が沢山含まれているので、小さいものよりも大きいものの方が良いでしょう。

形について・・・

形は、少し丸くなっているビワの方がオススメです。

なので、他のビワと比べて大きくて丸くなっている物が新鮮で甘くて美味しいビワである事がほとんどです。また、持った時にずっしり重みがあると更にいいです。

 

☆ビワに関する注意点3つ

ビワを選ぶ際にはいくつかの注意点がありますので、知らなかったという方は是非チェックしておいてください。順番にご紹介していきたいと思います。

  • ビワは果皮が柔らかく、固い物に押されてしまうと一定時間後、黒く変色する事があります。冷蔵庫で長時間保存する場合でも同じ現象が見られます。
  • ビワはバラ科の植物になるので、バラ科の食物アレルギーがある方は、食べるのを控えて下さい。
  • ビワの種には2%のアミグダリン(青酸配糖体)が含まれており、経口投与で体内に吸収されるとシアン化水素という猛毒の物質に変わってしまいます。加工の過程でアミグダリンが充分に除去されていないと危険であると言われております。

知っていた方も知らなかった方も上記の3つは、十分に気をつけてビワを食べて下さい。

 

☆まとめ

ビワは、とても扱い方等が難しいと思います。しかし、他の果物等と比べて、見分け方はとても簡単なので、誰でも見分けれると思います。つまり、ビワを選ぶ際には、ヘタがグニャグニャではなく、しかっりしており、他の物と比べて大きくて少し丸みのあるビワが新鮮で甘いのでしっかり抑えておきましょうね。

もちろんビワでの注意点もしっかりと把握しておきましょう。実際に、私も知らなかった内容があるので、これからビワを食べる際には、気をつけたいと思いました。みなさんも覚えておくと何かの役に立つかもしれませんよ。

以上、参考になれば、幸いです。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です