骨折か打撲か捻挫の見分け方|症状の違いとチェックすべきポイントとは?

骨が折れた時の一般的な症状は受傷直後からの激痛と患部を動かすことができないといったことで異常を感じるものですが、実は骨折の症状といっても千差万別であり骨折をしているのに平気で動かせたり、歩けたりする場合もあります。

後になって違和感を感じて病院でレントゲン撮影を行った結果「折れていた」ということも少なくありません。

骨折と同時に起こる怪我の種類は打撲や捻挫などが考えられ、骨折をしている場合は同時に幾つかの怪我が重複して起こっている場合がほとんどです。

では、実際に骨が折れているのか折れていないのかを見分けるためにはどのようなポイントをチェックしていけばよいのでしょうか?今回は急な外傷や事故などによって骨折が疑われる時にチェックしたいポイントや考え方についてご紹介しようと思います。

骨折と同時に起こりやすい怪我

  • 骨折+打撲
  • 骨折+捻挫
  • 骨折+組織断裂

骨折が起こるほどの強い衝撃や外力が加わった場合は単純に骨だけの損傷で済む場合は非常に稀であり、骨の周囲にある靭帯・軟骨・筋肉・神経・血管なども同時に損傷していることの方がほとんどです。

そのため骨折前段階の打撲や捻挫・組織断裂だけなのか、骨折も起きているのかの鑑別をややこしくさせてしまうわけです。骨が折れてしまう場合は最もひどい怪我であると理解しましょう。

 

打撲・捻挫・骨折の症状の違いとは?

受傷直後にはどの場合でも急性期症状といわれる炎症症状が起きます。(詳しい炎症症状と対処法については「子供が打撲や捻挫・骨折をした時の対処法「PRICES処置」とは?」の記事をチェックしていください。)

主な症状は「痛み」「腫れ」「熱」「赤み」ですが、この症状はどの怪我の場合にも起こりうる可能性があるため、これだけではどの症状なのかを鑑別するには役立ちません。

 

どうすれば違いを見分けることができるの?

まずは上記の症状の程度の違いを確認しましょう。これは経験も必要なため難しいかもしれませんが、「痛みの程度」と「腫れの程度」の2点は要チェックです。とても耐えがたい激痛に加えて急速に患部が腫れ上がってくるなどの症状があれば骨折している可能性も非常に高くなります。

また、上記のチェックに加えて、触診によるチェックもしてみましょう。骨折が疑われる部位を直接手で押してみて(圧痛検査)飛び上がるような痛みがあればこれもまた骨が折れている可能性が高くなります。

注意点としては、骨だけを押すことは構造的に不可能なため、周囲の損傷している組織が押された場合でも痛みが出るということです。あくまで可能性を探る程度にしか使えない方法ですが、このチェックをした時の症状の程度によって怪我の大小を予測するに役立つと覚えておきましょう。

 

翌日以降のチェックポイント

例えば、足の骨折などは受傷当日はなんとか歩けていたものの、一晩明けた翌朝から急に痛みのため歩けなくなるという場合もあります。また、前日よりも腫れがひどくたんこぶができたような症状が現れることもあります。

2〜3日経過しても痛みが収まるどころか逆に悪化している場合や、腫れがどんどんひどくなる場合は骨折している可能性もあるため早期に病院を受診するようにしましょう。

日常生活が問題なく送れていたとしても、実は骨が折れていたなんてこともあるので一度レントゲン検査を行った方が精神的にも安心できるはずです。

スポンサーリンク

症状を見分けるポイントのまとめ

受傷直後
  • 痛みの程度はどのくらいか?
  • 腫れの程度はどのくらいか?
  • 押した時の痛みはどれくらいか?
  • できない動作はあるか?(下肢の場合は歩けるかどうか)
翌日以降
  • 腫れが憎悪していないか?
  • 痛みが憎悪していないか?
  • 前日できていた動作に支障はないか?
ポイント

日を追うごとに症状が悪化している場合は直ちに病院を受診するようにしましょう。どうしても病院に行けないなどの事情がある場合は2〜3日経過を見てからでも良いですが、なるべく1週間以内には念のための受診をお勧めいたします。

 

「痛み止め」は発見を見落としたり後遺症の元となる

ここで1つ注意点をお伝えします。怪我などによる痛みが辛いために、痛み止めを服用してやり過ごそうとする方も少なからずいらっしゃるのですが、これはお勧めできる方法とは言えません。痛みをごまかしているだけに過ぎず、重篤な疾患を見落としたり、治療が送れて後々の後遺症の原因ともなり得るためです。

骨折の場合は命に関わる場合は稀ですが、骨の癒合過程でずれてくっついてしまったり、折れた骨がくっつかない(偽関節)という状態にもなりえますのでご注意ください。

 

1回の受診を面倒がらずに早期受診を!

結局のところは骨折かどうかを自己判断をして迷っているよりも、面倒がらずに1度レントゲン撮影をしてもらい「骨折しているのかしていないのか」の診断を受けるようにしましょう。骨折はしていないのであればそれ以上の心配や不安を抱える必要もありませんし、受診もそれっきりであとは経過観察で済む場合もあります。

また、骨折をしている場合でも適切な治療を早期に受けることで、治療期間が長期化したり後遺症のリスクもだいぶ軽減することができます。

異常を感じた場合はまずは受診を!

関連記事:「【手首骨折の症状と手術】リハビリの治療期間や後遺症の可能性は?」

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★