骨折を早く治す食事や食べ物は?飲酒はOK?

せっかくの休日に運動をしてたら、まさかの骨折……。通勤はしにくいし、仕事に支障は出るし、早くもとの体に戻りたいですよね。骨折を早く治すには、栄養バランスを意識した食事が大切です。何を食べるべきか、何を食べたらいけないのか、きちんと正しい知識を身につけましょう。

(画像元:http://matome.naver.jp/odai/2136713156297318001

<スポンサードリンク>

「カルシウム」を摂れば、骨折は早く治るの?

骨折と聞いて真っ先に思い出すのが、「カルシウム」ではないでしょうか。

『牛乳を飲まないと骨が強くならないから、カルシウムを摂りなさい』

そんなふうに言われてきた人は多いはずですよね。でも、実際のところどうなのでしょうか。カルシウムを摂るだけで骨折は早く治るのでしょうか。

 

これは正確にいうと、半分正解で、半分不正解です。

なぜなら、骨折はカルシウムだけで治るわけではないからです。

折れてしまった骨を治すには、「コラーゲン」「ビタミンC」「カルシウム」「ビタミンD」「ビタミンK」「マグネシウム」の6つの栄養素が必要です。

栄養を摂ることでどのように骨がつくられるか、まずは骨の基本を知りましょう。

 

骨は毎日壊されると同時に新しくつくられている

 

ko3

(引用元:http://www.mohri-seikei.jp/osteoporosis.html

そもそも私たちの骨はつねに代謝をしているということをご存じでしょうか。

つまり、髪の毛や爪のように常に新しくなっているのです。

具体的には、「破骨細胞」という細胞が古くなった骨を分解し、「骨芽細胞」という細胞が骨のもととなるコラーゲンなどたんぱく質を分泌し、そこにカルシウムが付着することで骨は新しくなります。

この記事を読んでいる今この瞬間も、みなさんの骨は壊されると同時に新しく再生しているのです。こうした代謝を「骨代謝」と呼びます。そして骨折をしてしまったときには、この「骨代謝」がより活発になることで、骨がくっつくというわけです。

ちなみに、この骨代謝がうまく機能しなくなった状態を「骨粗しょう症」といいます。

参考:いつの間にか骨折はなぜ起こる?症状・治療方法・原因について

スポンサーリンク

1日8グラムのコラーゲンで、完治が2~3倍速くなる!?

「骨代謝」が活発になるといっても、そのためには機能を高めるための栄養素が必要です。そこで出てくるのが先にあげた6つの栄養です。この栄養を中心に摂ることで、骨はより早く、強く丈夫にくっつき治癒します。

 

では、実際にどんな食べ物から必要な栄養素を摂っていくべきでしょうか。

まず、骨のもとをつくる「コラーゲン」ですが、これは牛スジ、鶏手羽先、鶏胸軟骨などに多く含まれます。デュッセルドルフ大学の研究では、骨折した人に1日8gのコラーゲンを摂取させたところ、通常よりも2~3倍のスピードで回復したという実験結果があります。

また、コラーゲンの合成を助ける「ビタミンC」は、パプリカやアセロラ、レモンなどに多く含まれています。

ko2

(引用元:http://ameblo.jp/shihomix/entry-10090096692.html

「カルシウム」は乳製品やイワシ、ワカサギなどを食べるといいでしょう。

カルシウムの吸収と骨代謝を助ける「ビタミンD」は干しシイタケや青魚(イワシ、カツオetc)。カルシウムの定着をサポートする「ビタミンK」は納豆やパセリから。「マグネシウム」は納豆やアーモンド、落花生、干しエビなどを食べると効果的でしょう。

 

飲酒をすると早く治る?

また、骨折をしているときにはお酒を飲むべきか、控えるべきか迷いますよね。

これは実際のところはっきりしたことはわかりません。傷に障ったり、薬の効き目が弱まったりするから控えるべきという意見もある一方で、適量であれば問題ないという意見もあります。ただ、過度な摂取をしても大丈夫という意見は聞いたことがないので、もし早く治したければ、極力控えたほうがいいかもしれません。

骨折の痛みについてきになる方はこちらの記事をご覧ください。

 

骨折を早く治す食事や食べ物のまとめ

大半の人は、骨折した後はギブスをして待つだけと誤解しがちです。

ですが、そこからどれくらいの期間で治るかは、最終的にその人次第なのです。

大事なのは「骨代謝」に必要な栄養素を知り、それを毎日の食事でいかにバランスよく摂っていくか。朝、昼、晩の1日3食のなかで、栄養バランスを気にした食習慣をしていれば、早めに治すことも不可能ではありません。まずは続けることを意識していきましょう。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です