食中毒を防ぐ対策方法チェックリスト!感染予防3原則とは?

世間のニュースでも度々騒がれる食中毒の集団感染は特に夏場に多い印象があるかと思いますが、冬場の乾燥した季節に流行するノロウイルスも食中毒の一種です。食中毒の原因となるウイルスや細菌の種類によって引き起こされる症状や対処法は異なりますが、何よりも重要なことは食中毒に感染しない食中毒を引き起こさないための予防対策法をしっかり知識として身につけておくことです。

食中毒は家庭内でも起こる危険な感染症のため普段からご家庭で料理をする主婦の方は食中毒を招かないための食品管理方法や調理方法について一度はチェックしておくことをおすすめいたします。

今回は食中毒予防のためにやっておきたい予防対策方法をご紹介します!

食中毒の予防3原則とは

食中毒の原因の90%以上が細菌性食中毒といわれており、病原菌は目には見えないことから普段からの予防が大切といわれています。中でも細菌性食中毒を予防するためには以下の3点が重要とされ各機関や専門書籍などでも紹介されています。

  1. 清潔
  2. 迅速
  3. 加熱

3つの内容を詳しく見ていきましょう。

清潔

生野菜や生魚・生肉に加えて私たちの指には病原菌となる細菌が付着しており、調理器具などを介して他の食材を汚染することもあります。新鮮な食材を使い、調理器具・食器などは清潔に保ち、手洗いをすることが重要です。使用したまな板の放置も避けるようにしましょう。

迅速

食中毒の病原菌が付着したとしても一定量に達しなければ感染症状は出ないとされており、調理は手早く済ませ、調理した料理はできるだけ早く食べること、購入した食材はすぐに冷蔵庫や冷凍庫で保管することです。冷蔵庫などの10℃以下の環境下では菌は増えにくくなります。

加熱

食中毒の原因となる菌のほとんどは加熱することで死滅させることができ一番の殺菌方法です。食中毒を引き起こす原因は加熱不足の食品や生鮮食品に付着している菌によるものです。また、再加熱不足も原因となるため再加熱するときは芯までしっかり熱を通すことが重要です。

予防三原則のまとめ

つまり、これらの「清潔」「迅速」「加熱」の三原則はいわば「菌をつけない」「菌を増やさない」「菌を殺す」と言い換えることができます。菌を付着させないように清潔に保って菌が増殖する環境下に食材は置かないこと、調理する際はしっかりと加熱することが予防のポイントとなります。

スポンサーリンク

食中毒の対策方法とチェックポイント

それでは普段の生活ではどのようなことに注意しなければいけないのか、買い物や調理・食事の際に気をつけるべきポイントやチェック項目をご紹介しますので一緒にチェックしていきましょう!

対策法1:買い物をするときのチェックポイント

食中毒対策や予防は買い物の時から始まっています。消費期限や賞味期限などの期限表示の確認や食材を買う順番や買い物袋への入れ方など原因となる行動をしていないかチェックしましょう。商品の選び方の参考にもなるはずです。

  • ショーケースの温度計を確認し、温度管理が徹底されているお店である
  • 賞味期限・消費期限の期限表示を必ず確認している
  • 魚や肉は肉汁や血などのドリップが出る可能性があるため小袋に必ず入れている
  • 肉や魚・野菜など生食用と加工用は離してカゴに入れている(またはカゴを分けている)
  • 冷凍・冷蔵品は必ず最後に買っている
  • 冷蔵ケースに山積みの食品は買わないようにしている
  • 冷気の吹き出し口より上にある商品は買わないようにしている
  • パッケージの表面に霜や氷のついた冷凍食品は買わないようにしている
  • 買い物帰りは寄り道や立ち話をせずにすぐに帰宅している
  • 夏場など車や家の中に食品の放置はしていない
食中毒対策のための補足説明

冷凍食品や冷蔵食品は一度溶けると味が落ちたり細菌が増殖する可能性があるので買い物の最後にコーナーを周る。また、パッケージに霜や氷がついた商品は一度溶けて温度が上昇している可能性があるので注意。安全のためには買い物後は早めに帰宅し放置せずにすぐに冷蔵庫または冷凍庫へ入れましょう。

対策法2:調理場・キッチン・台所のチェックポイント

食中毒菌を増やさないためには保存方法に十分注意する必要があります。生鮮食品類は帰ったらすぐに冷蔵庫で冷やし、冷蔵庫の容量の70%程度を目安にして食品を詰め込みすぎないようにします。冷蔵庫の温度は10℃以下、冷凍庫はー15℃以下に保つようにしましょう。

  • 冷凍保存するときは一回の使用量に分けてから冷凍している
  • 肉や魚は密閉容器や密閉袋・ボウルなどに入れて保存している
  • 生で食べる野菜は新聞紙に包んだりビニール袋に入れて保存している
  • 冷蔵庫の扉を開けっ放しにしていない
  • 冷蔵庫や冷凍庫の中に入れる食品は定位置が決まっている
  • 冷蔵庫に食品を詰め込まないようにしている
  • タオル・ふきんは用途に合わせて色分けや使い分けをしている
  • スポンジやタワシは2個用意してある
  • 三角コーナーの生ゴミは毎日処理している
食中毒対策のための補足説明

冷凍食品は使う分だけ解凍し再冷凍はできるだけ避けましょう。肉や魚のドリップが他の食材に付着しないように袋や容器に入れるようにします。野菜はそのまま野菜室に入れがちですが土や雑菌が他の食材に付着するため新聞紙やビニール袋に入れるようにします。冷蔵庫の温度が上がらないように開閉時間を少なくする努力をしましょう。タオルやふきん・スポンジなどは雑菌が繁殖しやすいため、肉用や魚用、まな板用や包丁用などに分け、スポンジやタワシはしっかり乾燥したものを使うようにします。

スポンサーリンク

対策法3:調理・盛り付けをするときのチェックポイント

台所の調理器具やスポンジ・ふきんなどは常に清潔に保つようにします。手洗いはもちろん調理器具などの消毒やまないた包丁などの使い分けも重要です。細菌を殺すためには加熱が一番効果的で75℃以上の状態で最低でも1分以上加熱するようにしましょう。

  • 調理前は必ず手を洗っている
  • 冷凍食品は使う分だけ解凍している
  • 野菜類は魚や肉を切る前に切っている
  • 生で食べる野菜は流水で十分に洗っている
  • 包丁やまな板はすぐに洗剤で洗い熱湯消毒をしている
  • 加熱する際は食材の中心までしっかりと火を通している
  • 調理済みの食材を冷蔵庫で保管するときはしっかり冷めてから入れている
  • 電子レンジを使用する際はラップをかけている
  • 食器棚を定期的に掃除している
  • 手荒れや手に傷があるときは素手で調理をしていない
  • 肉・魚・泥のついた野菜などを触ったら毎回手を洗っている
  • 調理を途中で中断し火を止めたりしていない
食中毒対策のための補足説明

調理の基本はしっかりと加熱をすることです。生で食べる野菜はしっかりと流水で洗い流し、肉や魚を調理する前に切りましょう。包丁やまな板も雑菌が繁殖しやすいためこまめの洗浄と消毒をします。電子レンジを使う際は熱が均等に行き渡るようにラップをかけて行いましょう。食器がきれいでも食器棚を介して菌が付着することもあるため定期的な掃除は重要です。調理を途中で中断する場合は火の通りの確認もできなくなり味も落ちやすくなるためできるだけ避けるようにし、面倒でも冷蔵庫に入れるようにして放置による菌の増殖を防ぐようにしましょう。

対策法4:食事をするときのチェックポイント

特に注意すべきは食べ残しの取り扱いです。時間が経ちすぎた料理は思い切って捨てる、冷蔵庫に入れる前にしっかりと余分な熱を取る、再加熱するときは中心までしっかり加熱することが重要です。調理から時間が経てば経つほど食中毒の危険性は大きくなります。

  • 食事前には必ず手を洗っている
  • 調理後はすぐに食べるようにしている
  • 食べ残しは放置せずにすぐに冷蔵庫に入れている
  • 炊飯器の中にしゃもじを放置していない
食中毒対策のための補足説明

細菌の増殖を防ぐために調理後はすぐに食べるようにします。食べない場合は冷蔵庫の温度が上がらないように熱を取ってから入れましょう。炊飯器の中にしゃもじを放置すると手指を媒介して付着した菌が増殖するため絶対にやめましょう。

 

食中毒菌を殺菌するために

食中毒の予防に役立つ対策チェック項目は参考になりましたか?意外と意識していなかったポイントもあったかと思いますが、これを機に普段から上記のことを意識するようにしてみましょう!殺菌といっても消毒や滅菌、洗浄や除菌などいろいろな種類と方法がありますが、何よりも重要なことは普段からの食品の取り扱い方や調理法などを気をつけることとそのための知識です。

季節問わず発生しやすい食中毒ですので今回の内容をあなたの食生活にぜひ活かしてください。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★