インフルエンザ予防接種時期とワクチン効果が出るまでの期間と間隔

秋が深まり始めると、次第に乾燥していることが分かる症状が体に現れてきますね。私の場合「唇が荒れる」、「入浴中に体がかゆくなる」、この2点の症状がそのことを知らせてくれます。

 

そうなると気になってくるのがインフルエンザの予防接種です。

日々慌ただしく過ごしていると、なかなか病院に行く時間が作れません。しかし以前一度インフルエンザに罹患した際の猛烈な頭痛と関節痛はいまだに鮮明で、もう二度と経験したくない。その気持ちに押され億劫でも予防接種を受けるようにしています。

 

インフルエンザの国内流行時期

 

日本での流行時期は通常12月~3月。なかでも流行のピークを迎えるのが大体1月~2月となっています。

予防接種によるワクチンの効果が現れるのは接種してから約2週間後となっており、どんなに遅くとも12月の中旬までには済ませておくのが良いようです。

しかし地域によって流行し始める時期が早まるところもあります。気になる方は国立感染症研究所のホームページでインフルエンザ流行マップを確認することをお薦めします。

 

 

予防接種の必要回数と期間

 

また年齢によってもワクチンの接種回数は違ってきます。
・6カ月以上3歳未満の方 1回0.25mL 2回接種
・3歳以上13歳未満の方 1回0.5mL 2回接種
・13歳以上の方 1回0.5mL 1回接種

上記のように定められているので特に2回接種が必要なお子さんがいる場合、1回目と2回目にインターバル期間があることも踏まえ、出来るだけ早めに接種をすることが必要となってきます。

 

スポンサーリンク

インフルエンザウイルスが感染しないとされる基準と日数間隔

学校保健安全法では「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまでをインフルエンザによる出席停止期間とする」と定められています。以前は各家庭の判断で5日待たずに登校しているケースもありましたが、現在は学校側から厳密に出席停止期間を守るよう通達されることがほとんどです。

受験生は勿論のこと、定期テスト等にも影響しますので積極的に接種するのが望ましいでしょう。

最近では会社によっても出社停止期間を設けているところも多々あり、特にお子さんのいる場合はそこから感染するケースが多いので、家族全員で接種しておくのが安心です。

 

 

予防接種の効果

 

予防接種を接種しても罹患してしまった、効果がないのでは?という声も聞かれます。

しかし接種することで、発熱やのどの痛みといったインフルエンザの強い症状を抑える効果が一定程度認められています。

さらに肺炎や脳症といった合併症が現れると入院が必要となってしまいます。こうした重症化を予防するのがワクチンの最大の効果なのです。

 

ワクチンによって体内にインフルエンザウイルスに対する抗体が完成するまでに最低3週間の期間がかかることを考慮しましょう。11月中旬くらいにはインフルエンザの予防接種を済ませておきたいところです。

予防接種を早めに済ませ、今年の冬も健康に乗り切りましょう。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です