健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

2017年の立春はいつ?意味/縁起の食べ物/立春大吉とは?

最近の投稿

More
2017年の立春はいつ?意味/縁起の食べ物/立春大吉とは?

立春。体感温度は厳しい寒さの頃であっても、ここから徐々に春が始まる、という縁起をも運んでくれそうな二十四節気の言葉です。今回はこの立春に焦点を絞り、意味、縁起の食べ物をはじめ、「立春大吉」というぜひ知っていただきたい四文字についても、掘り起こしていきたいと思います。私自身、今回初めて知った言葉があり、正直大変驚きました!そんなことってあるの??という逸話をご紹介してまいりますね。(画像引用元:http://hongakuji.net/

<スポンサードリンク>

ズバリ! 2017年の「立春」はいつ?

2017年の「立春」⇒ 2月4日

「立春」の意味は?

二十四節気の始まりであり、春の始まりであるのが立春です。
春の気たつを以って也。( 暦便覧より ) 立夏前日までを、春、とします。
太陽視黄経(角度)も315度と、真夏の90度に比べるとずいぶん低く、全国平均では体感気温もまだまだ厳しい寒さを感じるころですが、九州など暖かい地方からは、ちらほらと梅の開花情報が聞こえ始めるころでもあります。うぐいすも「春告げ鳥」ともいわれますね。
梅・鳥

引用元:http://hongakuji.net/

暦の上で一年の始まりと言いましたが、立春は「元旦」、前日の節分は「大晦日」にあたる大きな節目の日です。大晦日の節分のうちに前年の祓いを豆まきで行ない、元旦を静かにむかえるのですから。
今日から立夏の前日、夏に向けて徐々に太陽の角度も変化し、真夏である夏至の太陽角度の90度へ近づいて行きます。夏至と冬至の日照時間と太陽角度の違いは?日の出入りが変わる理由は?もご覧ください。立春は寒さの底にあたるため、次はまた上り坂へ突入することになり「徐々に春に向かう日」という表現になります。

「立春の縁起の食べ物」とは、何かあるの?

「節分の豆まきの後に歳の数だけ豆を食べる」のようなきまりや縁起事はないようです。

しかし、立春になると和菓子屋さんの店頭で春を告げるお菓子があります♪

「さくらもち」

☆関東風は道明寺がのしてあり、関西風は道明寺がつぶつぶ。

8DF796DD (1)

引用元:http://hongakuji.net/

「うぐいすもち&さくらもち ( 関西風 ) 」

A008

引用元:http://hongakuji.net/

スポンサードリンク

「立春大吉」ってなに?

この言葉にはある逸話が残っています。

むかーしむかし、人里に降りてきた鬼が、玄関先に「立春大吉」と書いたお札に目を遣りながら家の中へ入っていきました。家に入った鬼が、ふと入ってきた玄関を振り返ると、「立春大吉」の文字がしっかりと読めたのです。すると、まだ家に入っていなかったのだと勘違いしてしまい、鬼はそのまま玄関をくぐり外へ出ていってしまいました。

どういう事かというと…「立春大吉」の四文字は、表裏どちらから見ても同じように読むことのできる不思議な文字なのです。試しに少し薄目の紙に書いてかざしてみて下さい。なるほど、鬼が騙されるのも納得です( *´艸`)そしてこのことから、厄除けの意味を持つ言葉をなりましたが、現代では年賀で「謹賀新年」と同じ意味合いをもつ言葉として用いられていることもあります。

aka_oni

引用元:http://hongakuji.net/

「立春大吉」のお札

「立春大吉」( 左 ) / 「鎮防火燭 ( ちんぼうかしょく )」( 右 ) のお札。鎮防火燭は、火の用心の意味をもつお札。

risshun_daikichi_ofuda

引用元:https://locari.jp/

◎立春大吉⇒立春の日のうちに、玄関の右側か、神棚に貼るとよい

◎ 鎮防火燭⇒玄関ならば左側、台所なら目線の高さに貼る。火伏せ、災難除けにも。

立春大吉については、諸説あります。

また自分で書くことも可能。短冊に切った半紙に毛筆で書き、3回自分の息をふっと吹きかけて貼る、という手順のようです。

「立春」から、何かを始めてみるのもいいかもれませんね♪

一年の始めの節目、と聞くと何か目標を立ててみようかなという気持ちになるのは不思議ですね。日々を大切に過ごして「何かいいこと、新しいこと」を見つけることが出来たら、一年が新しく巡りだしそうです(^^♪

fuyu_geshiki

引用元:https://locari.jp/

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top