健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

健康生活や季節イベント情報ならコレくる!

夕方や夜になると熱が上がる理由と対処法!時間帯や病気も原因なの?

夕方や夜になると熱が上がる理由と対処法!時間帯や病気も原因なの?

夕方、仕事や家事がひと段落したあたりで徐々に「あれ、熱っぽいな・・・」と感じた経験がある人は多いかと思います。2、3日ならそこまで気になりませんが、1週間と続くと「この発熱、病気!?」と心配になることでしょう。

今回は、「夕方の発熱」について、その理由と対処法についてご紹介します。

<スポンサードリンク>

夕方の発熱、その理由とは

まず知っておいてほしいのは、人間の体温は「早朝が最も低く、夕方に最も高くなる」ということです。これは生理的な現象ですので、だるさや頭痛・腹痛などの症状を伴わないのであれば、夕方に体温が平熱より1℃程度高い場合は、病気の可能性は低いでしょう。

他に考えられる「夕方〜夜にかけての発熱」の理由としては、次のようなものが挙げられます。

  1. 精神的ストレスによる自律神経の不調
  2. 身体的な疲労の蓄積
  3. マイコプラズマ肺炎(子どもの場合)
  4. 重篤な病気
ストレスや疲労・自律神経の乱れ

まず、1.と2.についてですが、2.の場合であっても根本的には、疲労による「自律神経の不調」と言えます。『自律神経』は、私たちの体を一定の状態に保つために働いてくれる中枢神経の1つです。(これを「恒常性を保つ」と言います。)

精神的なストレスや身体的な疲労によって、自律神経が不調になると、体温調節や睡眠リズムが崩れてしまいます。「夕方の発熱」もこれが原因かもしれません。

マイコプラズマ肺炎(子供の場合)

これはママたちが一番気になるところだと思います。

『マイコプラズマ肺炎』とは、「肺炎マイコプラズマ」という細菌に感染して発症する病気で、感染してから1~3週間後に症状が出てきます。

ほとんどの場合、風邪との区別はつきませんが、長引くと肺炎になることもあります。

マイコプラズマ肺炎の熱は夕方から上がり朝方に下がるのが特徴です。日中は元気なので、学校に行かせても問題ない程度です。

ただ、咳が長く続くのがもう一つの特徴としてあり、「夕方に微熱がある」「3週間ほど咳が続く」という症状があれば、病院を訪ねましょう。

重篤な病気の可能性

上に挙げた原因に思い当たりがなく、4日以上発熱が続く場合は、重篤な病気が隠れているかもしれないので、早めに病院にかかりましょう。

スポンサードリンク

「夕方の発熱」への対処法は?

上の項目でもお話ししたように、「夕方の発熱」は、ある程度の発熱であれば生理現象なので、気にしないというのが一番です。

しかし、お子さんが「毎日夕方になると微熱がある」というと心配になるママも多いかと思います。そこで目安にしてほしいのが『4日以上の発熱』です。基本的に、子どもは成人よりもいくらか体温が高いのですが、4日以上、変な発熱が続く場合は、近くの小児科を受診するなどして下さい。

また、原因の1.と2.に挙げたように、『自律神経の不調』が原因として考えられる場合は、次のような方法を試して見るといいでしょう。

  1. 就寝時間を固定する。
  2. 目が覚めたら朝日を浴びるようにする。
  3. 湯船に浸かってから寝る。(もしくは寝る前に温かい飲み物を飲む。)

1.は仕事の都合などで難しい人もいるかもしれませんので、あまり神経質に就寝時間を気にしなくても良いと思います。「寝なきゃ!」という緊張感で更にストレスが増すこともありますので、可能な人だけで良いでしょう。

自律神経の不調は、睡眠が乱れることで起こりやすくなりますので、睡眠時間を確保することが、第一の改善方法です。

2.についでですが、人間の体内時計というのは25時間周期になっていて、1日24時間のサイクルと微妙にずれています。それをリセットするためには「朝日を浴びる」ことが有効なのです。

体内時計のリセットがきちんとされていると、自律神経も安定しますので、結果的に「夕方の発熱」という症状も治まってくると考えられます。

3.については、よく言われることですが、理由がよく分からないという人も多いかと思います。人間の体温は一度上がって、その後緩やかに下がっていくことで、自律神経が「覚醒モード」から「睡眠モード」にバトンタッチします。

自律神経の不調で「夕方の発熱」が続き、いつまで経っても体温が下がらないために、上手く睡眠が取れず、結果、自律神経がさらに不調になるという負のスパイラルになります。

このような時に、湯船に浸かって体温を少し上げることで、その後体温が下がりやすくなるので、睡眠モードに入りやすくなります。結果的に自律神経が整うので、「夕方の発熱」も治まってくるでしょう。

 

まずは睡眠を第一に

「発熱」というと、解熱剤を服用したり、氷枕をしたり、という対処法が考えられやすいと思いますが、まず第一に大切なのは『睡眠』です。

自律神経というのは、私たちの体の調整に大切な神経ですが、非常に微妙なバランスの上で成り立っています。

仕事や勉強で、どうしても睡眠が確保できないという日々が続くことも多い現代ですが、出来るだけ体を労っていきましょう。

どうしても不調が改善されない場合は、お近くのクリニックなどに相談してみて下さいね。

スポンサードリンク

COMMENT PLEASE

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

korekuru-writer-320

こんな記事もあるよ♪

More
Return Top