足が熱くて眠れない!夜間に熱くなる原因と対処法はコレ!

「足が熱くて寝付けない!」「夜になると必ず足がほてり出す」「布団をかぶって寝たいのに、足が熱くて・・・」など、足のほてりに悩んでいる人は少なくないと思います。

今回は、夜になると出てくる足のほてりの原因やその対処法について、ご紹介していきたいと思います。

夜になると足が熱くなる!その原因とは?

昼間は何の異常もないのに、夜、就寝前になると、必ず足がほてり出すことがあります。このような症状を『バーニングフィート(灼熱脚)症候群』と呼びます。脚、特に足首から下の部分が熱く感じられ、夜間に症状が出ることが多いと報告されています。

この変な症状の原因はいったい何なのでしょうか。考えられる原因には次のようなものが挙げられます。

  1. 体温調節のため
  2. 長時間のデスクワークなどによる血行不良
  3. 糖尿病の初期症状

原因1:体温調節のために足が火照る

もっとも可能性の高い原因は、体温調節のためと言えるでしょう。

夏の暑い時などはもちろん、冬場に暖房で室内を暖かくしている時などは、体温が一時的に高くなることがあります。すると、私たちの体の恒常性(ホメオスタシス)を維持するための機構が働き、体温を下げようとします。このような時、どのようにして体温を下げるかというと、手足など身体の末端部分の血管を広げることで熱の放出を促進させる、という方法です。

この時、手足からの熱の放出が多くなるため、一時的に手足が熱くなります。これが、ほてりの原因です。

それではなぜ夜寝る前になると足が熱くなるのでしょうか。

私たちヒトが睡眠状態に入るためには、体温を下げる必要があります。そのため、このような体温調節機構を利用して、睡眠の準備をします。つまり、寝る前に足がほてる、というのは正常な反応なのです。

原因2:長時間のデスクワークなどによる血行不良

オフィスワークの人などは、1日何時間も連続で座り続けることはざらにあります。すると、自ずから下半身への血流が悪くなってしまいます。これによって、ふくらはぎなどや足先が浮腫んだりしますが、同時に熱を持つこともあります。

毎日、夜になると足がほてってしまうという人は、血行不良が原因かもしれません。

原因3:糖尿病の初期症状

糖尿病患者の3人に2人にあるとされる『糖尿病神経障害』は自覚障害なく進行していく症状です。この障害の初期症状として、足のほてり、しびれ、または足の冷えなどがあります。

毎日の足のほてりの他に、しびれや痛みなどの自覚症状がある人は、糖尿病にかかっている可能性があります。ぜひ一度、神経内科等を受診することをオススメします。

スポンサーリンク

足のほてりへの対処法

「足がほてって寝付けない!」という人にはまず、次のような対処法を試してみて下さい。個人差はありますが症状が解消される場合もあります。

解消法1:足枕をして寝る

足の先に滞留してしまった血流を体幹部分に戻してあげるために、眠る時にはタオルやクッションなどで少しだけ足を高くしてみましょう。むくみの改善に繋がります。

解消法2:氷枕などで足を冷やす

物理的に足を冷やすことで、足のほてりを抑えてみましょう。この時、凍傷を防ぐために、氷が直接肌には足らないように、ガーゼなど肌触りの良いもので包むようにしましょう。

解消法3:締め付けの少ない、足に合う靴を履く

足に合わない靴は、やはりむくみ・血行不良の元になります。歩きやすく、締め付けが少ないものがオススメです。

解消法4:1時間に1回は椅子から立ち上がる

長時間、同じ姿勢でいると、やはり血行不良を招き、むくみなどの原因になります。1時間に1回は椅子から立ち上がるなどして、姿勢を変えるようにしましょう。

 

まずは生活リズムを整えることから、心配なら病院へ

手足のほてりは体温調節などの体の恒常性維持の機構が深く関わっています。この機構は生活リズムの乱れによっても不調をきたします。

足のほてりで辛い!という方は、まず生活リズムを整えることから始めて、長く続くようであれば近くの病院などで相談すると良いでしょう。

また、糖尿病の疑いが少しでもある方は、早めに病院を受診するようにしましょう。

関連記事:「夕方や夜になると熱が上がる理由と対処法!時間帯や病気も原因なの?」

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★