運動神経が良い人と悪い人の違いや原因は?子供の運動オンチを克服する方法や運動能力が決まる要因について

「私は小さい頃から運動オンチで・・・」「あの子、運動神経良いよね〜」「あの選手は運動能力が高い!」などの会話を聞いたことのある人は多いでしょう。

しかし、「『運動神経』っていったい何なの?」「『運動能力』と『運動神経』ってどう違うの?」「運動能力って何で決まるの?」など・・・疑問に思ったことはありませんか?

今回は、「運動神経・運動能力がどのようなものなのか」「運動神経が良い人と悪い人の違い」「運動能力は何で決まるのか」などについてご紹介します。

『運動神経』『運動能力』とは?

『運動神経』と『運動能力』は、名前はよく聞きますが、詳しいことを知っている人は少ないかと思います。

それぞれがどのようなものなのか、詳しく見て見ましょう。

運動神経

よく耳にする『運動神経』ですが、医学的には「体や内臓の筋肉の動きを指令するために信号を伝える神経の総称」(Wikipedia「運動神経」より)を指します。これは私たちが普段、使っている意味とは少し違っていますよね。

「意図して動かす運動」と「意図しない運動(呼吸や消化など)」のどちらもが、運動神経によって行われています。私たちが「運動神経」と言って指すのは「意図して動かす運動」がほとんどです。

運動能力

『運動能力』とは、「走る」「跳ぶ」「投げる」というような、『体力+運動やスポーツに必要な基本的なスキル』を意味します。

いわゆる『運動神経』とは、異なるものです。

 

運動神経が良い人・悪い人の違い

それでは、「運動神経が良い・悪い」とはどういうことなのでしょうか?

これについては、専門家によっても定義や考え方が違うようですが、いわゆる『運動神経が良い』というのは、「運動時に使う神経における伝達がスムーズである」ということを指すと考えてよいでしょう。

つまり、「運動神経が良い・悪い」の違いは、「神経伝達の速さ」であると言えます。

皆さんも経験があるかと思いますが、初めてする動きはぎこちないけれど、何度か同じ動きを繰り返しているうちにスムーズに動けるようになっていきますよね。

これは「神経の間をつなぐ網のようなもの」の数が増えることで、神経伝達のスピードが速くなるために、起こると言われています。

スポンサーリンク

つまり、運動神経は「反復によって鍛えることができる」と言えるでしょう。ただ、この神経が一番発達する時期は、4〜12歳だと言われていますから、この時期に外遊びをたくさんしている子どもは、中高生になった時に「運動神経が良い」と言われることが多くなるかもしれません。

 

運動能力が決定する要因とは?

上の項目でもお話ししたように、『運動能力』とは「体力+運動やスポーツに必要な基本的スキル」である「走る」「跳ぶ」「投げる」などのことです。これらのスキルはどのような要素で決まるのでしょうか。

運動能力は、「筋力」「持久力」「柔軟性」「敏捷性」などの基礎体力を素地として、発揮される能力です。

筋力トレーニング・ランニング・ストレッチなどを行うことで『基礎体力』を向上させれば、その上に成り立っている『運動能力』も自ずとレベルアップすることが出来ます。つまり、運動能力はトレーニングの積み重ねによって向上させることが出来ます

何事も、日々の地道な努力が大切だということですね。

 

毎日少しずつの努力で運動オンチ改善し克服!

「小さい頃から運動が苦手」という人でも、まずは「ご近所での散歩」や「お風呂上がりの腹筋10回」などの小さいことから、毎日続けていけば、運動能力は向上させることが出来ます。

小さい子どもの場合でも、「スポーツクラブに入っているよりも、自由に外遊びさせた方が運動能力が高い」という研究もされています。

大人・子どもの場合どちらでも、大切なのは苦手意識を取り去ることです。「毎日」「少しずつ」「継続する」をキーワードに、日々の生活に運動を取り入れてみて下さいね。

スポンサーリンク

★この記事をみんなに教えよう!★